ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1989年1月7日付(自作曲も好調!リック・アストリー) ]
2009-01-02(Fri) 10:48:15
01/01「エヴリー・ローズ」ポイズン
02/02「マイ・プリロガティヴ」ボビー・ブラウン
03/06「トゥー・ハーツ」フィル・コリンズ
04/04「ギヴィング・ユー・ザ・ベスト」アニタ・ベイカー
05/08「恋の手ほどき In Your Room」バングルズ
06/10「ドント・ラッシュ・ミー」テイラー・デイン
07/05「スター・トゥ・フォール」ボーイ・ミーツ・ガール
08/03「ルック・アウェイ」シカゴ
09/12「アルマゲドン」デフ・レパード
10/13「スムース・クリミナル」マイケル・ジャクソン

11/14「ホールディング・ユー」ボーイズ・クラブ
12/19「3人のゴーストのテーマ~恋をあなたに」アン・レノックス&アル・グリーン
13/16「シルエット」ケニーG
14/07「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」ガンズ・アンド・ローゼズ
15/22「ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミー」キャリン・ホワイト
16/27「ホェン・アイム・ウィズ・ユー」シェリフ
17/26「ボーン・トゥ・ビー・マイ・ベイビー」ボン・ジョヴィ
18/24「オール・ディス・タイム」ティファニー
19/25「ホェン・ザ・チルドレン・クライ」ホワイト・ライオン
20/09「Walk On Water」エディ・マネー

21/11「フリーベイビー」ウィル・トゥ・パワー
22/28「リトル・ライヤー」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
23/29「ホールディング・オン」スティーヴ・ウィンウッド
24/17「ハウ・キャン・アイ・フォール」ブリーズ
25/30「ワイルド・ワールド」マキシ・プリースト
26/31「赤い誘惑」サマンサ・フォックス
27/15「アイ・ドント・ウォント・ユア・ラヴ」デュラン・デュラン
28/35「ストレイト・アップ」ポーラ・アブドゥル
29/18「ザ・プロミス」ホエン・イン・ローム
30/34「ラヴァー・イン・ミー」シーナ・イーストン

31/37「ワイルド・シング」トーン・ロック
32/20「フィニッシュ・ホワット・ヤ・スターテッド」ヴァン・ヘイレン
33/33「ゴースト・タウン」チープ・トリック
34/41「ウォーキング・アウェイ」インフォメーション・ソサエティ
35/32「サンクス・フォー・マイ・チャイルド」シェリル・ペプシ・ライリー
36/23「アーリー・イン・ザ・モーニング」ロバート・パーマー
37/21「愛のスパイ」WAS (NOT WAS)
38/40「キッス」アート・オブ・ノイズ・フィーチャリング・トム・ジョーンズ
39/42「バック・オン・ホリディ」ロビー・ネヴィル
40/44「ダンス・ウィズ・ミー」リック・アストリー



【ニューエントリーこめんと】

☆「ウォーキング・アウェイ」インフォメーション・ソサエティ
(Walking Away / Information Society)

>前ヒットよりもさらに重苦しく感じさせるダンス系テクノ・エレポップ。ティアーズ・フォー・フィアーズ風に聞こえるボーカルがアレだが、最高位9位と前作に続いてのトップ10入りは立派も立派ナリ。

アルバム「インフォメーション・ソサエティ」(Information Society)に収録。

Information Society
↑全体的にどうにも重苦しくて、息がつまりそうで、あまり聴いてません。(ゴメン!)

http://www.hmv.co.jp/product/detail/10087

☆「バック・オン・ホリディ」ロビー・ネヴィル
(Back On Holiday / Robbie Nevil)

>陽気なお祭り風ロックなれど、メロディラインがやや重めなのが足を引っ張ったのか最高位は34位と低調。なおこの後、91年にもう1曲トップ40ヒットを放っている。

アルバム「プレイス・ライク・ジス」(A Place Like This)に収録。

http://mysound.jp/music/detail/tTRER/

☆「ダンス・ウィズ・ミー」リック・アストリー
(She Wants To Dance With Me / Rick Astley)

>セルフ・プロデュースも兼ねた自作曲だが、音楽性は前回からの成功の勢いのままで一気に突っ走ろうという感じか。No.1ヒットを連発したストック/エイトケン/ウォーターマン・プロデュースに負けないポップ・ナンバーで、ワタシとしましては最高位6位止まりだったとはいえコチラの作品の方がいい感じかな。

アルバム「ホールド・ミー・イン・ユア・アームズ」(Hold Me In Tour Arms)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2750807
音楽チャート1989年1月チャートTB : 0CM : 2
『But Seriously, Folks...』 Joe WalshHOME2008年末のご挨拶☆

COMMENT

  +
 あけましておめでとうございます。

 旧年中もありがとうございました。

 今年も楽しみにさせていただきたいと思います。

 どうぞよろしくお願いします。
b y iwashita | 2009.01.02(16:59) | URL | [EDIT] |
  +
>iwashitaさん

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします☆
b y ぶるじん | 2009.01.02(22:02) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/381-0aafe978



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。