ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年12月10日付(味わい深し!シェリル・ペプシ・ライリー) ]
2008-12-06(Sat) 10:27:35
01/02「ルック・アウェイ」シカゴ
02/01「フリーベイビー」ウィル・トゥ・パワー
03/03「ハウ・キャン・アイ・フォール」ブリーズ
04/04「アイ・ドント・ウォント・ユア・ラヴ」デュラン・デュラン
05/06「ギヴィング・ユー・ザ・ベスト」アニタ・ベイカー
06/10「エヴリー・ローズ」ポイズン
07/07「スター・トゥ・フォール」ボーイ・ミーツ・ガール
08/13「マイ・プリロガティヴ」ボビー・ブラウン
09/11「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」ガンズ・アンド・ローゼズ
10/12「Walk On Water」エディ・マネー

11/14「ザ・プロミス」ホエン・イン・ローム
12/05「ディザイアー」U2
13/17「フィニッシュ・ホワット・ヤ・スターテッド」ヴァン・ヘイレン
14/20「恋の手ほどき In Your Room」バングルズ
15/08「バッド・メディシン」ボン・ジョヴィ
16/09「Kissing A Fool」ジョージ・マイケル
17/24「トゥー・ハーツ」フィル・コリンズ
18/22「愛のスパイ」WAS (NOT WAS)
19/15「ワイルド・ワイルド・ウェスト」エスケイプ・クラブ
20/23「アーリー・イン・ザ・モーニング」ロバート・パーマー

21/26「ドント・ラッシュ・ミー」テイラー・デイン
22/27「ホールディング・ユー」ボーイズ・クラブ
23/16「ココモ」ビーチ・ボーイズ
24/28「シルエット」ケニーG
25/32「スムース・クリミナル」マイケル・ジャクソン
26/29「アナザー・ガールはゴメンさ」アイヴァン・ネヴィル
27/18「ドミノ・ダンシング」ペット・ショップ・ボーイズ
28/37「アルマゲドン」デフ・レパード
29/34「3人のゴーストのテーマ~恋をあなたに」アン・レノックス&アル・グリーン
30/19「ロコモーション」カイリー・ミノーグ

31/36「ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミー」キャリン・ホワイト
32/33「イエー・イエー・イエー」ジャドソン・スペンス
33/21「ドント・ノゥ・ホワット・ユー・ガット」シンデレラ
34/40「オール・ディス・タイム」ティファニー
35/25「ティル・アイ・ラヴド・ユー」バーブラ・ストライサンド&ドン・ジョンソン
36/30「恋はごきげん」フィル・コリンズ
37/42「ワイルド・ワールド」マキシ・プリースト
38/41「リトル・ライヤー」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
39/43「サンクス・フォー・マイ・チャイルド」シェリル・ペプシ・ライリー
40/48「ホールディング・オン」スティーヴ・ウィンウッド



【ニューエントリーこめんと】

☆「ワイルド・ワールド」マキシ・プリースト
(Wild World / Maxi Priest)

>1960年ロンドン出身のレゲエ系シンガー・ソングライター。本名マックス・アルフレッド・エリオット。(本名の方がカッコ良くないか?)
オリジナルは1971年にヒットしたキャット・スティーヴンスによるバラード・ロックだが、今回はレゲエ風味に味付けされたカバーで最高位25位まで上昇。日本でも有名な作品だが、特に93年のMr.ビッグによるカバーが一番メジャーかな。
なおマキシ・プリーストだが、90年に全米No.1ヒットを放つに至り、現在はUB40のリード・ボーカリストとして活躍しているようだ。

アルバム「MAXI」(Maxi Priest)に収録。

Maxi Priest
↑ワタシとしましては、91年のロバータ・フラックとのデュエット・ナンバーが一番好き!…っていったら怒られるか?

http://www.hmv.co.jp/product/detail/67936

☆「リトル・ライヤー」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
(Little Liar / Joan Jett & The Blackhearts)

>コーラス・ラインが美しいバラード風のロック・ナンバー。この頃あたりから、彼女らのサウンドもかなり洗練されてきて聴き易くなってきた感じ。最高位も19位と好調ナリ。

アルバム「アップ・ユア・アレイ」(Up Your Alley)に収録。

http://www.amazon.com/Your-Alley-Joan-Jett-Blackhearts/dp/B0000026IJ/ref=sr_1_9?ie=UTF8&s=music&qid=1227961475&sr=1-9

☆「サンクス・フォー・マイ・チャイルド」シェリル・ペプシ・ライリー
(Thanks For My Child / Cheryl "Pepsii" Riley)

>1968年ニューヨーク州ブルックリン出身の女性シンガー。
当時は歌手と障害児病棟の看護士の二束わらじだったようで、子供の笑い声や泣き声まで組み込まれた愛情があふれまくるようなバラード・ソング。当時はまだまだ幼かった息子とシンクロさせてくれ、職場の休息時にエアチェックしたTop40をウォークマンにてこの作品をしみじみとかみ締めながら聴いたものである。最高位32位とはいえ、ある意味思い出深い1曲である。

アルバム「ミー・マイセルフ・アンド・アイ」(Me, Myself And I)に収録。

http://www.imeem.com/j-birdy200/music/JjCP1bsi/cheryl_pepsi_riley_thanks_for_my_child/

☆「ホールディング・オン」スティーヴ・ウィンウッド
(Holding On / Steve Winwood)

>大ヒットを記録した「ロール・ウィズ・イット」(Roll With It)の流れを汲むような軽快なポップ・ナンバー。最高位11位。

アルバム「ロール・ウィズ・イット」(Roll With It)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/168517
音楽チャート1988年12月チャートTB : 0CM : 2
1988年12月17日付(再ヒットで全米No.1!シェリフ)HOME1988年12月3日付(異色のコンビ?アン・レノックス&アル・グリーン)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。