ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年11月26日付(ソロとしても開花、キャリン・ホワイト) ]
2008-11-22(Sat) 20:50:39
01/01「バッド・メディシン」ボン・ジョヴィ
02/06「フリーベイビー」ウィル・トゥ・パワー
03/04「ディザイアー」U2
04/08「ハウ・キャン・アイ・フォール」ブリーズ
05/07「Kissing A Fool」ジョージ・マイケル
06/09「ルック・アウェイ」シカゴ
07/11「アイ・ドント・ウォント・ユア・ラヴ」デュラン・デュラン
08/02「ワイルド・ワイルド・ウェスト」エスケイプ・クラブ
09/13「ギヴィング・ユー・ザ・ベスト」アニタ・ベイカー
10/03「ロコモーション」カイリー・ミノーグ

11/05「ココモ」ビーチ・ボーイズ
12/15「スター・トゥ・フォール」ボーイ・ミーツ・ガール
13/12「ドント・ノゥ・ホワット・ユー・ガット」シンデレラ
14/18「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」ガンズ・アンド・ローゼズ
15/17「Walk On Water」エディ・マネー
16/23「エヴリー・ローズ」ポイズン
17/19「ザ・プロミス」ホエン・イン・ローム
18/22「マイ・プリロガティヴ」ボビー・ブラウン
19/14「アナザー・ラヴァー」ジャイアント・ステップス
20/10「ワン・モーメント・イン・タイム」ホイットニー・ヒューストン

21/24「ドミノ・ダンシング」ペット・ショップ・ボーイズ
22/25「フィニッシュ・ホワット・ヤ・スターテッド」ヴァン・ヘイレン
23/16「恋はごきげん」フィル・コリンズ
24/29「愛のスパイ」WAS (NOT WAS)
25/27「スモール・ワールド」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
26/31「恋の手ほどき In Your Room」バングルズ
27/26「ブロークン・ハート」ヴィクセン
28/32「ティル・アイ・ラヴド・ユー」バーブラ・ストライサンド&ドン・ジョンソン
29/34「アーリー・イン・ザ・モーニング」ロバート・パーマー
30/35「アナザー・ガールはゴメンさ」アイヴァン・ネヴィル

31/38「ホールディング・ユー」ボーイズ・クラブ
32/21「ネヴァー・ティア・アス・アパート」インエクセス
33/42「ドント・ラッシュ・ミー」テイラー・デイン
34/39「シルエット」ケニーG
35/47「トゥー・ハーツ」フィル・コリンズ
36/43「イエー・イエー・イエー」ジャドソン・スペンス
37/45「ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミー」キャリン・ホワイト
38/49「スムース・クリミナル」マイケル・ジャクソン
39/40「シンプトンズ・オブ・トゥルー・ラヴ」トレイシー・スペンサー
40/28「ピュア・エナジー」インフォメーション・ソサエティ



【ニューエントリーこめんと】

☆「ドント・ラッシュ・ミー」テイラー・デイン
(Don't Rush Me / Taylor Dayne)

>その骨太でダンサブルなロック・ナンバーが、アルバムから4曲目のヒットとはいえ最高位2位まで上昇。1stアルバムを1年以上トップ100内に留まらせる大きな役割を果たす事となる。

アルバム「テル・イット・トゥ・マイ・ハート」(Tell It To My Heart)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/605436

☆「トゥー・ハーツ」フィル・コリンズ
(Two Hearts / Phil Collins)

>バラードの後にアップ・テンポな作品をシングルに持ってくるのが彼の特徴のような当時だが、この楽曲も前作に引き続いて全米の頂点を極めている(2週)。チャート・アクションの良くなかったサントラだったが、この2曲は飽きの来ない良質なNo.1ヒットで御座いましょう。

サントラ「バスター」(Buster)に収録。

Buster.jpg
↑最高位こそ54位とアレだったのだが、根性でハーフミリオンを記録している。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/564033

☆「イエー・イエー・イエー」ジャドソン・スペンス
(Yeah, Yeah, Yeah / Judson Spence)

>1965年ミシシッピー州出身のシンガー・ソングライター。
タイトルが示す通り、めっちゃ陽気なブルー・アイド・ソウル。最高位32位はちと低すぎる評価かも。
余談だが、数年前に安価で入手していた彼のCDを今回ようやく封印を解いてみたのだがコレがなかなかの完成度で、唯一のトップ40ヒットがこの作品だったのが逆に足を引っ張る結果になったような気がしてなりません。

アルバム「ジャドソン・スペンス」(Judson Spence)に収録。

http://www.imeem.com/people/NIYXlU/music/QxtuyKq6/
judson_spence_yeah_yeah_yeah/

☆「ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミー」キャリン・ホワイト
(The Way You Love Me / Karyn White)

>1965年カリフォルニア州出身の女性シンガー・ソングライター。
86年にジャズ・ミュージシャンのジェフ・ローバーとのコンビでヒットした、「ファクツ・オブ・ラヴ」(Facts Of Love)以来のトップ40ヒット。今回は完全なソロ名義で、L.A.リード&ベイビーフェイスをプロデュースに迎えたダンサブルなR&Bナンバーが最高位7位をマーク。以降、ヒット曲を量産するに至る。

アルバム「キャリン・ホワイト」(Karyn White)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/11236

☆「スムース・クリミナル」マイケル・ジャクソン
(Smooth Criminal / Michael Jackson)

>今回もアルバムから7曲目となるトップ40ヒットを誕生させた彼だが、その楽曲クォリティの面においても低下する気配はなく、最高位7位も当然の結果か。そして本アルバムも、やっぱ前作同様ベスト盤へと変化(進化?)を遂げたようだ。ついでに、マイコー自身も(以下自粛)。

アルバム「BAD」(Bad)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/19962
音楽チャート1988年11月チャートTB : 0CM : 0
1988年12月3日付(異色のコンビ?アン・レノックス&アル・グリーン)HOME1988年11月18日付(お主もワムよのぅ?ボーイズ・クラブ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/375-9046f9e2



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。