ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年10月29日付(女性ハード・ロック・バンド、ヴィクセン登場) ]
2008-10-25(Sat) 10:47:56
01/01「恋はごきげん」フィル・コリンズ
02/06「ココモ」ビーチ・ボーイズ
03/05「ワイルド・ワイルド・ウェスト」エスケイプ・クラブ
04/02「レッド・レッド・ワイン」UB40
05/03「ピュア・エナジー」インフォメーション・ソサエティ
06/07「ホワット・ザ・ナイト・キャン・ドゥ」スティーヴ・ウインウッド
07/10「ロコモーション」カイリー・ミノーグ
08/11「ネヴァー・ティア・アス・アパート」インエクセス
09/12「ワン・モーメント・イン・タイム」ホイットニー・ヒューストン
10/15「バッド・メディシン」ボン・ジョヴィ

11/08「ドント・ビー・クルエル」ボビー・ブラウン
12/16「チェインズ・オブ・ラヴ」イレイジャー
13/04「ラヴ・バイツ」デフ・レパード
14/18「ディザイアー」U2
15/13「フォーエヴァー・ヤング」ロッド・スチュワート
16/20「アナザー・ラヴァー」ジャイアント・ステップス
17/22「ハウ・キャン・アイ・フォール」ブリーズ
18/14「トゥルー・ラヴ」グレン・フライ
19/09「冷たくしないで」チープ・トリック
20/23「ドント・ノゥ・ホワット・ユー・ガット」シンデレラ

21/26「フリーベイビー」ウィル・トゥ・パワー
22/28「Kissing A Fool」ジョージ・マイケル
23/29「ルック・アウェイ」シカゴ
24/17「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」ボビー・マクファーリン
25/31「ワード・イン・スパニッシュ」エルトン・ジョン
26/27「タイム・アンド・タイド」バーシア
27/38「アイ・ドント・ウォント・ユア・ラヴ」デュラン・デュラン
28/36「ギヴィング・ユー・ザ・ベスト」アニタ・ベイカー
29/33「スター・トゥ・フォール」ボーイ・ミーツ・ガール
30/30「ダンス・リトル・シスター」テレンス・トレント・ダービー

31/19「オールウェイズ・ラヴ・ユー」テイラー・デイン
32/39「Walk On Water」エディ・マネー
33/40「ザ・プロミス」ホエン・イン・ローム
34/25「プリーズ・ドント・ガール」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
35/21「いけないアナタ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
36/37「イット・テイクス・トゥー」ロブ・ベース&D.J.E-Zロック
37/24「ワン・グッド・ウーマン」ピーター・セテラ
38/42「ダウンタウン・ライフ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
39/45「ブロークン・ハート」ヴィクセン
40/44「スモール・ワールド」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース



【ニューエントリーこめんと】

☆「ダウンタウン・ライフ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
(Downtown Life / Daryl Hall John Oates)

>アルバム冒頭の掴みとなるポップな作品とはいえ、シングルとしてはやや弱いのか最高位31位と低迷。アーティストとしての人気も陰りを見せ始め、チャート上でのアクションがその没落ぶりに一層拍車をかける。(涙)

アルバム「Ooh Yeah!」(Ooh Yeah!)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/84694

☆「ブロークン・ハート」ヴィクセン
(Edge Of A Broken Heart / Vixen)

>1980年ミネソタ州セントポールで結成された女性ハード・ロック・バンド。
リチャード・マークスが、プロデュース&提供した軽快なハード・ロック・ナンバーが最高位26位をマーク。まずまずの成績を残した1stヒットに、女狐さんたちとデカ頭さんもそれなりに満足であろうかな。(失敬)

アルバム「ヴィクセン」(Vixen)に収録。

Vixen.jpg
↑短命に思える女性バンドだが、休止&再活動を繰り返しながら現在も健在。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/706336

☆「スモール・ワールド」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
(Small World / Huey Lewis & The News)

>彼らのファンであるワタシは、正直何も語りたくはない最高位25位のフュージョン・ロックなのだが、91年に発表されたアルバム「ハード・アット・プレイ」(Hard At Play)では彼らの持ち味であるアメリカン・ロックに回帰してくれ、売り上げこそ全盛期にはまるで及ばなかったものの“待ってました♪”とばかりにリプレイしまくったものである。

アルバム「スモール・ワールド」(Small World)に収録。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1369176
音楽チャート1988年10月チャートTB : 0CM : 0
1988年11月5日付(架空の兄弟によるプロジェクト、WAS (NOT WAS))HOME1988年10月22日付(好調に見えるが不安要素も?デュラン・デュラン)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/371-22395685



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。