ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 『BREAKOUT』 Dead End Kids ]
2008-08-28(Thu) 21:19:26
BreakoutBreakout
(2007/11/20)
Dead End Kids

商品詳細を見る


01.Glad All Over
02.All My Love Always
03.Going Out The Back Door
04.Roxanne
05.Have I The Right

06.Tough Kids
07.Last Night In ChiNatown
08.C'mon Let's Go
09.I'm Your Music Man
10.Breakout

11.Lady(Put The Light On Me)
12.Heart Get Ready For Love
13.Radancer



1976年イギリス・スコットランドで結成。

1977年にハニーコムズ(知りません)の64年の大ヒット・ナンバー(05)をカバーし、本国と日本でそれなりにヒットしたアイドル・バンド。

当時は“全米トップ40”ではなく、“オール・ジャパン・ポップ20”を主に聞いていたワタシにとっては懐かしい作品である。

かのベイ・シティ・ローラーズが大ブレイクしていた時代に、後追いバンドとして派生したバスター、フリントロック、ハローといった連中の一角に位置するポップ・バンドだが、(05)(邦題「初恋にレッツ・ゴー!」)はシングル買ったよなぁ・・・。(遠い目)

第二弾シングルである(02)(邦題「思い出の口づけ」)がイマイチの結果しか残せず(A.J.P.20ではトップ20入りはした)、その後は行方知らずとなってしまった一発屋バンドなのだが、ワタシの十代の思い出がそれなりに詰まった彼らが77年に唯一残したアルバムのCD化に、思わず飛びついてしまった次第なのであーる。
洋楽CDレビューAmazonと旅する(洋楽編)TB : 0CM : 0
1988年9月3日付(4年越しのリベンジ成る!?UB40)HOME『Monster Ballads Volume 2』

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/352-9651f515



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。