ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年8月13日付(ボーカルこそ最高の楽器?ボビー・マクファーリン) ]
2008-08-09(Sat) 19:51:44
01/01「ロール・ウィズ・イット」スティーヴ・ウィンウッド
02/02「ハンズ・トゥ・ヘヴン」ブリーズ
03/04「メイク・ミー・ルーズ・コントロール」エリック・カルメン
04/05「サイン・ユア・ネーム」テレンス・トレント・ダービー
05/06「1-2-3」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
06/07「アイ・ドント・ワナ・ゴー・オン」エルトン・ジョン
07/08「リヴ・ウィズアウト・ユー」シカゴ
08/10「モンキー」ジョージ・マイケル
09/03「ホールド・オン・トゥ・ザ・ナイト」リチャード・マークス
10/12「ジャスト・ガット・ペイド」ジョニー・ケンプ

11/15「愛がすべてを」ホイットニー・ヒューストン
12/14「ファスト・カー」トレイシー・チャップマン
13/18「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」ガンズ・アンド・ローゼス
14/20「この愛にすべてを」ロバート・パーマー
15/11「ドゥ・ユー・ラヴ・ミー」コントゥアーズ
16/16「ザ・ツイスト」ファット・ボーイズ
17/24「パーフェクト・ワールド」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
18/09「シュガー・オン・ミー」デフ・レパード
19/21「ラグ・ドール」エアロスミス
20/13「ティーンエイジャーの主張」D.J.ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンス

21/25「ホェン・イッツ・ラヴ」ヴァン・ヘイレン
22/26「恋でなければ」ニュー・エディション
23/27「オールウェイズ・ラヴ・ユー」テイラー・デイン
24/17「カラー・オブ・ラヴ」ビリー・オーシャン
25/31「アナザー・パート・オブ・ミー」マイケル・ジャクソン
26/23「永遠の愛の炎」チープ・トリック
27/29「オール・ファイアード・アップ」パット・ベネター
28/33「ノーバディズ・フール」ケニー・ロギンス
29/34「ストロング・ストロング・マン」リック・アストリー
30/19「ラッシュ・アワー」ジェーン・ウィードリン

31/35「ヒア・ウィズ・ミー」REOスピードワゴン
32/37「ワン・グッド・ウーマン」ピーター・セテラ
33/22「ニュー・センセーション」インエクセス
34/30「アイ・ノゥ・ユア・アウト・ゼア・サムホェア」ムーディ・ブルース
35/36「セイン・ソーリー」デニス・ロペス
36/38「ミスド・オポチュニティ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
37/42「プリーズ・ドント・ガール」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
38/43「反逆のヒーロー」ジョニー・ヘイツ・ジャズ
39/45「いけないアナタ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
40/57「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」ボビー・マクファーリン



【ニューエントリーこめんと】

☆「プリーズ・ドント・ガール」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
(Please Don't Girl / New Kids On The Block)

>1984年マサチューセッツ州ボストンで結成された若手5人組ポップ・バンド。
美しいポップ・バラードで最高位10位と初のトップ40ヒットを記録した彼らだが、なんとなく一発屋臭がほどなく漂っていた感もあったのだが、この後怒涛の如くヒット曲を量産。一躍全米を代表するアイドル・バンドへと大成長するとは、この時点では想像すらつきませんでしたよ。(失礼)

アルバム「NEW KIDS,ストリート・タフ宣言」(Hangin' Tough)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/1364441

☆「反逆のヒーロー」ジョニー・ヘイツ・ジャズ
(I Don't Want To Be A Hero / Johnny Hates Jazz)

>前作が惜しくも全米No.1を取り損なったので、この作品にてリベンジといきたかったのだが、残念ながら一発屋の汚名から逃れるためのトップ40ヒットと成り下がってしまい、残念無念。最高位31位。

アルバム「反ヒーロー宣言」(Turn Back The Clock)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/81747

☆「いけないアナタ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
(I Hate Myself For Loving You / Joan Jett & The Blackhearts)

>彼女らにとっては、約6年ぶりのトップ10ヒットとなったノリの良いロック・ナンバー。最高位8位。PVでも演奏終了後、この作品に手ごたえを感じたのかニッコリと微笑むジョーン姉さんが魅力的である。

アルバム「アップ・ユア・アレイ」(Up Your Alley)に収録。

Up Your Alley
↑イカしたおねいさん☆

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/1312865

☆「ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー」ボビー・マクファーリン
(Don't Worry Be Happy (From "Cocktail") / Bobby McFerrin)

>1950年ニューヨーク出身のジャズ・ボーカリスト。
彼の持ち味であるアカペラが遺憾なく発揮された作品で、2週に渡り全米の頂点に輝いている。トップ40ヒットはこれ1曲にて終了してしまったものの、彼を一発屋と呼ぶにはちとアレであろうかな。

アルバム「シンプル・プレジャー」(Simple Pleasures)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/8001
音楽チャート1988年8月チャートTB : 0CM : 0
1979年10月27日付(驚き桃の木、クルセイダーズ!)HOME1988年8月6日付(古巣に負けてたまるか!ピーター・セテラ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/345-23fa0937



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。