ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年8月6日付(古巣に負けてたまるか!ピーター・セテラ) ]
2008-08-02(Sat) 10:59:13
01/01「ロール・ウィズ・イット」スティーヴ・ウィンウッド
02/03「ハンズ・トゥ・ヘヴン」ブリーズ
03/02「ホールド・オン・トゥ・ザ・ナイト」リチャード・マークス
04/05「メイク・ミー・ルーズ・コントロール」エリック・カルメン
05/06「サイン・ユア・ネーム」テレンス・トレント・ダービー
06/08「1-2-3」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
07/10「アイ・ドント・ワナ・ゴー・オン」エルトン・ジョン
08/13「リヴ・ウィズアウト・ユー」シカゴ
09/04「シュガー・オン・ミー」デフ・レパード
10/16「モンキー」ジョージ・マイケル

11/14「ドゥ・ユー・ラヴ・ミー」コントゥアーズ
12/15「ジャスト・ガット・ペイド」ジョニー・ケンプ
13/12「ティーンエイジャーの主張」D.J.ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンス
14/20「ファスト・カー」トレイシー・チャップマン
15/21「愛がすべてを」ホイットニー・ヒューストン
16/18「ザ・ツイスト」ファット・ボーイズ
17/17「カラー・オブ・ラヴ」ビリー・オーシャン
18/25「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」ガンズ・アンド・ローゼス
19/09「ラッシュ・アワー」ジェーン・ウィードリン
20/26「この愛にすべてを」ロバート・パーマー

21/22「ラグ・ドール」エアロスミス
22/07「ニュー・センセーション」インエクセス
23/11「永遠の愛の炎」チープ・トリック
24/28「パーフェクト・ワールド」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
25/29「ホェン・イッツ・ラヴ」ヴァン・ヘイレン
26/34「恋でなければ」ニュー・エディション
27/32「オールウェイズ・ラヴ・ユー」テイラー・デイン
28/19「メルセデス・ボーイ」ペブルス
29/35「オール・ファイアード・アップ」パット・ベネター
30/33「アイ・ノゥ・ユア・アウト・ゼア・サムホェア」ムーディ・ブルース

31/43「アナザー・パート・オブ・ミー」マイケル・ジャクソン
32/23「ラヴ・チェンジス」クライミー・フィッシャー
33/37「ノーバディズ・フール」ケニー・ロギンス
34/44「ストロング・ストロング・マン」リック・アストリー
35/39「ヒア・ウィズ・ミー」REOスピードワゴン
36/42「セイン・ソーリー」デニス・ロペス
37/47「ワン・グッド・ウーマン」ピーター・セテラ
38/45「ミスド・オポチュニティ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
39/27「ナイト・アンド・ディ」アル・B.・シュア
40/31「フーリッシュ・ビート」デビー・ギブソン



【ニューエントリーこめんと】

☆「アナザー・パート・オブ・ミー」マイケル・ジャクソン
(Another Part Of Me / Michael Jackson)

>いつもの如く、軽快なマイコー節が堪能できるダンス・ポップ・ナンバー。しかし、快調にトップ10ヒットを連荘で発表してきた彼だが、惜しくも最高位11位止まりとなってしまった。

アルバム「BAD」(Bad)に収録。

ttp://www.amazon.com/gp/product/B00136NEAS/ref=dm_mu_dp_trk28

☆「ストロング・ストロング・マン」リック・アストリー
(It Would Take A Strong Strong Man / Rick Astley)

>ボーカルに被せた微妙なエフェクトが、やや耳障りな彼の3曲目となるトップ40ヒット。前2作のような全米No.1ヒットとまでは成長しなかったものの、トロピカルな雰囲気がワタシの心をそれなりにキャッチし、当時はアルバム購入を考えたものだが、いかんせん2曲の大ヒット曲が逆に足を引っ張るという形になってしまい、結局購入には至らず。そして現在、オリアル&ベスト盤も激安状態なれど、やっぱスルー状態である。でも、最高位10位をマークしたこの作品は今でも好きですよ。

アルバム「ホェンエヴァー・ユー・ニード・サムバディ」(Whenever You Need Somebody)に収録。

Whenever You Need Somebody
↑あまり文句言ってると、3人の敏腕プロデューサーから“ジェットス○リームアタック”を食らいそうなので注意が必要だ。(?)

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/496920

☆「セイン・ソーリー」デニス・ロペス
(Sayin' Sorry (Don't Make It Right) / Denise Lopez)

>スウェーデン出身の女性シンガーと同姓同名なので思いっきり混乱してしまったのだが、こちらの彼女はアメリカ出身のようだ。
今回初めて知ったアーティスト&作品だが、その内容は当時巷にあふれまくったダンス・ポップ・ナンバー。最高位31位と、こちらも冴えず。

アルバム「セイン・ソーリー」(Truth In Disguise)に収録。

ttp://www.myspace.com/deniselopezappreciation

☆「ワン・グッド・ウーマン」ピーター・セテラ
(One Good Woman / Peter Cetera)

>古巣のシカゴが新ボーカリストを迎えてますます好調とあっては、ソロへと転向した彼も負けてはいられません。リズムの強弱をうまく取り入れたポップなボーカル・ナンバーが、最高位4位とこちらも好調だ。

アルバム「ワン・モア・ストーリー」(One More story)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/81051

☆「ミスド・オポチュニティ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
(Missed Opportunity / Daryl Hall John Oates)

>それなりの雰囲気を持ったソウルフルなナンバーなれど、楽曲としての弱さは否めないか。最高位29位。以降、没落への一途をたどってしまうのが寂しい。

アルバム「Ooh Year!」(Ooh Year!)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/84694
音楽チャート1988年8月チャートTB : 0CM : 2
1988年8月13日付(ボーカルこそ最高の楽器?ボビー・マクファーリン)HOME1988年7月30日付(80年代を代表するアーティストたちの、ラスト・トップ40ヒット特集?)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。