ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年7月30日付(80年代を代表するアーティストたちの、ラスト・トップ40ヒット特集?) ]
2008-07-26(Sat) 20:58:48
01/04「ロール・ウィズ・イット」スティーヴ・ウィンウッド
02/01「ホールド・オン・トゥ・ザ・ナイト」リチャード・マークス
03/06「ハンズ・トゥ・ヘヴン」ブリーズ
04/02「シュガー・オン・ミー」デフ・レパード
05/07「メイク・ミー・ルーズ・コントロール」エリック・カルメン
06/09「サイン・ユア・ネーム」テレンス・トレント・ダービー
07/03「ニュー・センセーション」インエクセス
08/11「1-2-3」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
09/10「ラッシュ・アワー」ジェーン・ウィードリン
10/14「アイ・ドント・ワナ・ゴー・オン」エルトン・ジョン

11/05「永遠の愛の炎」チープ・トリック
12/12「ティーンエイジャーの主張」D.J.ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンス
13/18「リヴ・ウィズアウト・ユー」シカゴ
14/17「ドゥ・ユー・ラヴ・ミー」コントゥアーズ
15/15「ジャスト・ガット・ペイド」ジョニー・ケンプ
16/21「モンキー」ジョージ・マイケル
17/20「カラー・オブ・ラヴ」ビリー・オーシャン
18/22「ザ・ツイスト」ファット・ボーイズ
19/08「メルセデス・ボーイ」ペブルス
20/27「ファスト・カー」トレイシー・チャップマン

21/26「愛がすべてを」ホイットニー・ヒューストン
22/28「ラグ・ドール」エアロスミス
23/24「ラヴ・チェンジス」クライミー・フィッシャー
24/16「パラダイス」シャーデー
25/34「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」ガンズ・アンド・ローゼス
26/32「この愛にすべてを」ロバート・パーマー
27/13「ナイト・アンド・ディ」アル・B.・シュア
28/36「パーフェクト・ワールド」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
29/35「ホェン・イッツ・ラヴ」ヴァン・ヘイレン
30/19「ロスト・イン・ユー」ロッド・スチュワート

31/23「フーリッシュ・ビート」デビー・ギブソン
32/39「オールウェイズ・ラヴ・ユー」テイラー・デイン
33/38「アイ・ノゥ・ユア・アウト・ゼア・サムホェア」ムーディ・ブルース
34/45「恋でなければ」ニュー・エディション
35/42「オール・ファイアード・アップ」パット・ベネター
36/25「ナッシン・バット・ア・グッド・タイム」ポイズン
37/43「ノーバディズ・フール」ケニー・ロギンス
38/40「イン・ユア・ソウル」コリー・ハート
39/44「ヒア・ウィズ・ミー」REOスピードワゴン
40/29「メイク・イット・リアル」ジェッツ



【ニューエントリーこめんと】

☆「恋でなければ」ニュー・エディション
(If It Isn't Love / New Edition)

>中学1年の英語の教科書に載っていそうな原題だが、メンバーのボビー・ブラウンが脱退し、ジョニー・ギルが新たに加入したアルバムからのヒット。最高位7位という好成績を収めているのだがワタシの記憶にはまるでなく、試聴した限りではグッと大人っぽくなったダンス系R&Bナンバー。この後、ボビーのソロ成功に触発されたのか、他のメンバーもソロや新グループを立ち上げ、それぞれが成功への切符を入手。再びチャートにこのグループ名で復帰するのは、96年になってからである。

アルバム「ハート・ブレイク」(Heart Break)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/1448023

☆「オール・ファイアード・アップ」パット・ベネター
(All Fired Up / Pat Benatar)

>2年半ぶりとなるトップ40ヒットが、ラスト・トップ40ヒットになってしまった。この作品も記憶になく、これまた試聴に頼ってしまったのだが、彼女らしいハードなロック・ナンバーが最高位19位をマーク。

アルバム「ワイド・アウェイク・イン・ドリームランド」(Wide Awake In Dreamland)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/2635765

☆「ノーバディズ・フール」ケニー・ロギンス
(Nobody's Fool (Theme From "Caddyshack Ⅱ") / Kenny Loggins)

>完全に“サントラおじさん”業(?)が、板に付いてしまった彼のラスト・トップ40ヒット。もちろん最後もサントラ絡みである。最高位8位という成績を残した軽快なロック・ナンバーだが、何故かワタシの記憶には残りづらいトップ10ヒット。

サントラ「キャディーシャック2」(Caddyshack Ⅱ)に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/169600

☆「ヒア・ウィズ・ミー」REOスピードワゴン
(Here With Me / REO Speedwagon)

>80年代を全力で駆け抜けたような、彼らのラスト・トップ40ヒット。(この週はこんなんばっかで、なんか悲しい★)最後もお得意のロック・バラードで締めくくっているのだが、オリジナル・アルバムで彼らのヒット曲を聴きたいワタシには、ベスト盤に収録されたこの作品はマイ・コレクションには含まれないだろうなぁ・・・。最高位20位。

アルバム「ザ・ヒッツ」(The Hits)に収録。

The Hits
↑中古ではメチャ安状態なので、ちとそそられるか・・・?

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/652021
音楽チャート1988年7月チャートTB : 0CM : 0
1988年8月6日付(古巣に負けてたまるか!ピーター・セテラ)HOME1988年7月23日付(暗雲垂れ込める!?ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/343-1028600d



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。