ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年6月11日付(復活!!って、ちと遅過ぎたかボズ・スキャッグス) ]
2008-06-07(Sat) 08:54:58
01/01「ワン・モア・トライ」ジョージ・マイケル
02/05「トゥゲザー・フォーエヴァー」リック・アストリー
03/04「エヴリシング・ユア・ハート・デザイアーズ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
04/02「シャッタード・ドリームス」ジョニー・ヘイツ・ジャズ
05/03「ノーティ・ガールズ」サマンサ・フォクス
06/07「フーリッシュ・ビート」デビー・ギブソン
07/09「メイク・イット・リアル」ジェッツ
08/12「ダーティ・ダイアナ」マイケル・ジャクソン
09/11「サークル・イン・ザ・サンド」ベリンダ・カーライル
10/14「ヴァレー・ロード」ブルース・ホーンズビー&ザ・レインジ

11/06「ピアノ・イン・ザ・ダーク」ブレンダ・ラッセル・フィーチャリング・ジョー・エスポジト
12/15「アルファベット・ストリート」プリンス
13/19「永遠の愛の炎」チープ・トリック
14/16「オール・スリープ・アローン」シェール
15/18「アイ・スティル・ビリーヴ」ブレンダ・K・スター
16/20「キス・ミー・デッドリー」リタ・フォード
17/23「ナッシン・バット・ア・グッド・タイム」ポイズン
18/22「ナイト・アンド・ディ」アル・B.・シュア
19/10「エニシング・フォー・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
20/26「メルセデス・ボーイ」ペブルス

21/27「シュガー・オン・ミー」デフ・レパード
22/08「ウィズアウト・ユー」フォリナー
23/30「ニュー・センセーション」インエクセス
24/29「ベッズ・アー・バーニング」ミッドナイト・オイル
25/13「ウェイト」ホワイト・ライオン
26/21「トゥー・オケイションズ」ディール
27/31「アンダー・ザ・ミルキー・ウェイ」チャーチ
28/17「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」ペット・ショップ・ボーイズ
29/38「ロスト・イン・ユー」ロッド・スチュワート
30/25「ドリーミング」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク

31/41「ホールド・オン・トゥ・ザ・ナイト」リチャード・マークス
32/40「トール・クール・ワン」ロバート・プラント
33/44「ラッシュ・アワー」ジェーン・ウィードリン
34/43「ハンズ・トゥ・ヘヴン」ブリーズ
35/24「ストレンジ・バット・トゥルー」タイムズTWO
36/28「エレクトリック・ブルー」アイスハウス
37/42「スーパーソニック」J.J.ファド
38/36「ホェン・ウィ・キッス」バルドー
39/45「ハート・オブ・マイン」ボズ・スキャッグス
40/48「パラダイス」シャーデー



【ニューエントリーこめんと】

☆「ホールド・オン・トゥ・ザ・ナイト」リチャード・マークス
(Hold On To The Night / Richard Marx)

>トップ40デビューから、これで4曲連続のトップ3ヒットを達成。しかも今回のミディアム・スローなバラードで、ついに全米No.1の栄光まで手中に収める(1週)。デカ頭、本格的快進撃開始のノロシでもあるのだ!(失礼)

アルバム「リチャード・マークス」(Richard Marx)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/523111

☆「ラッシュ・アワー」ジェーン・ウィードリン
(Rush Hour / Jane Wiedlin)

>1958年ウィスコンシン州出身。85年に解散した女性ロック・バンド、ゴー・ゴーズのリズム・ギター担当だった彼女による初のソロ・ヒット。同僚だったベリンダ・カーライルが大成功を収めている中、彼女も負けじとトップ40参戦に成功。ややロック色をおさえ気味なポップ・ナンバーが、最高位9位という好成績を収める。正直ここまでヒットするほどの作品には思えないのだが、この後が続かなかった彼女の無念さを考慮し、無駄口を叩くのはやめておこう。(まぁ、エラそうに)

アルバム「FUR」(Fur)より。

ttp://www.amazon.com/Very-Best-Jane-Wiedlin/dp/B00000DR7U/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=music&qid=1212316627&sr=1-2

☆「ハンズ・トゥ・ヘヴン」ブリーズ
(Hands To Heaven / Breathe)

>ロンドンで結成された前身バンド"Catch 22"が、1985年に現バンドへと変貌を遂げたようだ。
涼しげなソフト・ロックが、体中にしみこんでいくような心地良い作品。当時はボーカルの個性の違いはあれど、もうひとつのエア・サプライ的バンドとの遭遇に胸をときめかせたものである。最高位2位に、Hot100内滞在29週という記録にも、思わず頷いてしまうその完成度かな。

アルバム「オール・ザット・ジャズ」(All That Jazz)より。

ttp://www.youtube.com/watch?v=x1gwDA2NJeQ(画像)

☆「スーパーソニック」J.J.ファド
(Supersonic / J.J.Fad)

>1988年ロサンゼルスで結成されたヒップ・ホップ・グループ。
まぁ、あと5年遅く発表していれば、トップ10ヒットだったかもしれないという感じのラップ・ナンバー。なおJ.J.Fadとは、"Just Jammin' Fresh and Def"の略らしい。

アルバム"Supersonic"より。

ttp://www.amazon.com/gp/music/wma-pop-up/B000002JM7001001/ref=mu_sam_wma_001_001

☆「ハート・オブ・マイン」ボズ・スキャッグス
(Heart Of Mine / Boz Scaggs)

>実に7年半ぶりのトップ40カムバック・ヒット。その間ヒット曲に恵まれなかったのではなく、音楽活動を休止していたのだからなんとも・・・。楽曲&ボーカルとも文句ナシの出来ばえなのだが、やはり時代の流れというモノに取り残されたような感は強く、長期に渡るセミリタイアが非常に悔やまれるアーティストである。最高位35位。なお、日本ではボビー・コールドウェルによるバージョンも有名。

アルバム「アザー・ローズ」(Other Roads)より。
Other Roads

↑実業家として成功し、自慢のバイク(?)と共に音楽界に復帰したのはいいのだけどねぇ・・・

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/1446120

☆「パラダイス」シャーデー
(Paradise / Sade)

>新鮮度は薄れつつあるものの、定番となるつつあるシャーデー節が堪能出来るR&Bナンバー。最高位16位。
余談だが、まさかワタシの大好きなZARDの坂井泉水嬢が、このシャーデーのコンサートを観て歌手になる決心を固めたとは露知らず・・・。1年以上も前に入手した“さで”のベスト盤は、未だに手付かず状態のワタシは一体・・・★

アルバム「ストロンガー・ザン・プライド」(Stronger Than Pride)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/705432
音楽チャート1988年6月チャートTB : 0CM : 0
1988年6月18日付(ピークは今頂点に!スティーヴ・ウィンウッド)HOME1988年6月4日付(なんかイマイチな大物2人、ロッド・スチュワートにロバート・プラント)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/336-e57e6dd5



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。