ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年5月14日付(殿下とマイコー、揃い踏み♪) ]
2008-05-10(Sat) 20:41:33
01/02「エニシング・フォー・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
02/08「シャッタード・ドリームス」ジョニー・ヘイツ・ジャズ
03/01「ウィッシング・ウェル」テレンス・トレント・ダービー
04/14「ワン・モア・トライ」ジョージ・マイケル
05/05「ピンク・キャデラック」ナタリー・コール
06/06「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」ペット・ショップ・ボーイズ
07/03「エンジェル」エアロスミス
08/10「ノーティ・ガールズ」サマンサ・フォクス
09/09「エレクトリック・ブルー」アイスハウス
10/11「ウィズアウト・ユー」フォリナー

11/04「ブロークン・ハーツ」ホイットニー・ヒューストン
12/13「ウェイト」ホワイト・ライオン
13/16「トゥー・オケイションズ」ディール
14/18「ピアノ・イン・ザ・ダーク」ブレンダ・ラッセル・フィーチャリング・ジョー・エスポジト
15/07「プルーヴ・ユア・ラヴ」テイラー・デイン
16/21「エヴリシング・ユア・ハート・デザイアーズ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
17/25「トゥゲザー・フォーエヴァー」リック・アストリー
18/24「ドリーミング」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
19/15「明日へのハイウェイ」ビリー・オーシャン
20/26「マイ・ガール」スアーヴ

21/30「サークル・イン・ザ・サンド」ベリンダ・カーライル
22/22「パメラ」トト
23/28「ストレンジ・バット・トゥルー」タイムズTWO
24/12「デヴィル・インサイド」インエクセス
25/33「メイク・イット・リアル」ジェッツ
26/17「ガールフレンド」ペブルス
27/32「オール・スリープ・アローン」シェール
28/29「ワン・グッド・リーズン」ポール・キャラック
29/36「フーリッシュ・ビート」デビー・ギブソン
30/35「アイ・スティル・ビリーヴ」ブレンダ・K・スター

31/37「アイム・スティル・サーチング」グラス・タイガー
32/43「ヴァレー・ロード」ブルース・ホーンズビー&ザ・レインジ
33/49「アルファベット・ストリート」プリンス
34/27「セイ・イット・アゲイン」ジャーメイン・スチュワート
35/47「キス・ミー・デッドリー」リタ・フォード
36/23「ウイッシュ・アイ・ハド・ア・ガール」ヘンリー・リー・サマー
37/39「ナイタイム」プリティ・ポイズン
38/42「ナイト・アンド・ディ」アル・B.・シュア
39/45「ダバット」E.U.
40/53「ダーティ・ダイアナ」マイケル・ジャクソン



【ニューエントリーこめんと】

☆「ヴァレー・ロード」ブルース・ホーンズビー&ザ・レインジ
(The Valley Road / Bruce Hornsby & The Range)

>大成功を収めた前作のウェット調なサウンドから、カラッと晴れ渡ったような爽やかサウンドへと変化。楽曲の完成度の高さに加え、手慣れたピアノの調べにクラリネット(?)の甘い音色が素晴らしい。最高位5位が低すぎると感じてしまうこの作品の出来ばえに、新アルバムへの期待もいやが上に盛り上がってしまうのだが・・・。

アルバム「シーンズ・フロム・ザ・サウスサイド」(Scenes From The Southside)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F771%2F110771%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv31104

☆「アルファベット・ストリート」プリンス
(Alphabet St. / Prince)

>徐々にアレな世界方面へと突入しつつある殿下。楽曲もアレな方面なら、アルバム・ジャケットにおいてはもうお先にイッちゃっておりますよ☆ファンの後押しも最高位8位までが限界点だったようで、もうこの先、彼の突入する未知なる世界へはダレも付いてはいけないのか!?と思いきや、翌年某アメリカン・コミック・ヒーローのテーマソングを担当するにあたり、なんとかコチラの世界(?)へと帰還するのである。

アルバム「LOVESEXY」(Lovesexy)より。


↑ウガー!

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F581%2F751581%5F1%5F11%2Easx%3Fobj%3Dv60821

☆「キス・ミー・デッドリー」リタ・フォード
(Kiss Me Deadly / Lita Ford)

>1958年ロンドン出身の女性ロック・ミュージシャン。
彼女の力強いボーカルに、バックの演奏が大人しすぎるような気がしてならないロック・ナンバーだが、元ランナウェイズの同僚だったジョーン・ジェットに遅ればせながらも、ここに初トップ40ヒットを送り込ませる事に成功!最高位12位という記録も及第点であろう。なお、翌年には御大オジー・オズボーンとのデュエットにて、トップ10ヒットを放つ事になるとは誰も予想出来まいて・・・。

アルバム「LITA」(Lita)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F955%2F102955%5F1%5F04%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「ナイト・アンド・ディ」アル・B.・シュア
(Nite And Day / Al B. Sure!)

>1968年マサチューセッツ州ボストン出身のシンガー・ソングラオター。
ソロ名義では、このメロウなミディアム・スローなR&Bナンバー1曲のヒットで終了してはいるものの、その作品の存在感は非常に“大”であろう。最高位7位。

アルバム「イン・エフェクト・モード」(In Effect Mode)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F797%2F484797%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv30529

☆「ダバット」E.U.
(Da'Butt / E.U.)

>1970年ワシントンD.C.で結成されたGO-GOバンド。E.U.とは、"Experience United"の略であり、ヨーロッパなんちゃらではない。
日本人には馴染みにくいであろう、ファンク・ダンス・ナンバー。“ニュー・ジャック・スウィング”になるのか?最高位35位。しかし、このような熱く語るほどでもない作品でも、FMからエアチェックしたAT40を当時の職場で夜も更けた残業休息タイムに聞いていたというツライ思い出が脳裏に浮かぶのがなんとも・・・。(苦笑)

サントラ"School Daze"より。

ttp://www.amazon.com/gp/music/wma-pop-up/B00000IN0Y001001/ref=mu_sam_wma_001_001

☆「ダーティ・ダイアナ」マイケル・ジャクソン
(Dirty Diana / Michael Jackson)

>アルバムから5作連続のNo.1ヒットを達成という、快挙を成し遂げた記念すべき作品(1週)。その大記録をリアルタイムで体験しながらも「ふ~ん」てな感想だったのは、仕事疲れよりもマイコー慣れからだったのかも知れませんよ。(?)当時は、力をこめてダイアナ・○スの悪口を言っているのかと緊張が走ったのだが、実はそうではなかったと。・・・まぁ、普通に考えれば違うよなぁ・・・。(詳しくは、コチラの多々野親父氏の記事をばご参照に→http://pingpongkingkong.blog108.fc2.com/?q=dirty+diana)

アルバム「BAD」(Bad)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F769%2F504769%5F1%5F11%2Easx%3Fobj%3Dv31202
音楽チャート1988年5月チャートTB : 0CM : 0
【ニュース】伝説のラジオ番組「全米トップ40」が一夜限りの復活!HOME1979年10月20日付(群を抜くその存在感!カーミット・ザ・フロッグ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/331-97031e88



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。