ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1979年10月20日付(群を抜くその存在感!カーミット・ザ・フロッグ) ]
2008-05-05(Mon) 22:04:46
01/02「ライズ」ハーブ・アルパート
02/01「今夜はドント・ストップ」マイケル・ジャクソン
03/07「ポップ・ミューヂック」M
04/04「セイル・オン」コモドアーズ
05/06「涙の別れ道」ディオンヌ・ワーウィック
06/08「ディム・オール・ザ・ライツ」ドナ・サマー
07/03「サッド・アイズ」ロバート・ジョン
08/05「マイ・シャローナ」ナック
09/15「ハートエイク・トゥナイト」イーグルス
10/38「スティル」コモドアーズ

11/11「貴方に首ったけ」ボニー・ポインター
12/14「愛のメッセージ」ケニー・ロジャース
13/09「ロンサム・ルーザー」リトル・リバー・バンド
14/18「ダーティ・ホワイト・ボーイ」フォリナー
15/40「タスク」フリートウッド・マック
16/28「プリーズ・ドント・ゴー」K.C.&ザ・サンシャイン・バンド
17/17「スプーキー」アトランタ・リズム・セクション
18/20「ラヴィン・タッチン・スクウィージン」ジャーニー
19/22「グッド・ガールズ・ドント」ナック
20/26「ホールド・オン」イアン・ゴム

21/21「ゲット・イット・ライト」ジェリー・ラファティ
22/24「カム・トゥ・ミー」フランス・ジョリ
23/23「ホェア・ウェア・ユー・ホェン・アイ・ワズ・フォーリング・イン・ラヴ」ロボ
24/27「アイ・ノゥ・ア・ハートエイク」ジェニファー・ウォーンズ
25/32「この夜の果てに」マイケル・ジョンソン
26/42「ベイブ」スティクス
27/33「ガッタ・サーヴ・サムバディ」ボブ・ディラン
28/31「ミッドナイト・ウインド」ジョン・スチュワート
29/12「恋するふたり」ニック・ロウ
30/10「アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン」アース・ウインド&ファイア

31/25「ディペンディン・オン・ユー」ドゥービー・ブラザーズ
32/45「幸せのかけら」クリス・トンプソン
33/37「恋の予感」ブレンダ・ラッセル
34/41「愛の残り火」アン・マレー
35/57「人生は航海」バリー・マニロウ
36/36「恋のドクター」アシュフォード&シンプソン
37/43「ユア・オンリー・ロンリー」J.D.サウザー
38/47「フィンズ」ジミー・バフェット
39/13「ドント・ブリング・ミー・ダウン」エレクトリック・ライト・オーケストラ
40/48「レインボウ・コネクション」カーミット・ザ・フロッグ



【ニューエントリーこめんと】

☆「ベイブ」スティクス
(Babe / Styx)

>デニス・デ・ヤング作による必殺のラヴ・バラードに、全米が2週に渡り泣いた!エレキ・ピアノの音色とデニスのボーカルが、切なくもマッチした名曲。ミリオン・セラーを記録している。(パチパチ)

アルバム「コーナーストーン」(Cornerstone)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F313%2F195313%5F1%5F05%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「幸せのかけら」クリス・トンプソン
(If You Remember Me / Chris Thompson)

>1947年イギリス出身のシンガー兼ギタリスト。
マンフレッド・マンズ・アース・バンドの一員として活躍後、ナイトを立ち上げ2ヶ月前に「ホット・サマー・ナイト」(Hot Summer Nights)をチャートに送り込んだ彼だが、今度はソロ名義にて映画「チャンプ」の主題歌をトップ40内へと送り込んでまいりました。地味なバラード・ナンバーなれど、その味わい深さは一体何なンでしょう?最高位17位。邦題もなかなかいい感じだ☆

サントラ"The Champ"より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F169%2F943169%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv70813

☆「愛の残り火」アン・マレー
(Broken Hearted Me / Anne Murray)

>彼女お得意の温もりのあるポップ・バラード。安定していて安心して聴けるのはいいのだが、そろそろこの系統にも飽きが来てしまったのも確かなのだが・・・。最高位12位。

アルバム「愛の残り火」(I'll Always Love You)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F638%2F173638%5F1%5F13%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「人生は航海」バリー・マニロウ
(Ships / Barry Manilow)

>彼お得意の壮大なるポップ・バラード。やはりコチラも良曲とはいえ、同系統の作品が続くとどうしても“耳慣れ”という贅沢な病魔に侵されてしまい、満ち足りない気分になってしまうのは困ったモノである・・・。最高位9位。

アルバム「ワン・ヴォイス」(One Voice)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F022%2F920022%5F1%5F04%2Easx%3Fobj%3Dv60928

☆「ユア・オンリー・ロンリー」J.D.サウザー
(You're Only Lonely / J.D. Souther)

>1945年ミシガン州デトロイト出身のシンガー・ソングライター。本名ジョン・デヴィッド・サウザー。
日本ではA.O.R.のスタンダード・ナンバーとしてその浸透度は深い作品で、当時はイヤというほどしこたま耳にしたミディアム・スローな作品だが、やはり今耳にしても聞き惚れてしまう魅力がある逸品。最高位7位。意外とコレ1曲のトップ40ヒットしか生み出せなかったものの、“一発屋”という汚名にカテゴリされていないのは、イーグルスを始めとした多数のメジャー・アーティストに楽曲を提供している貫禄というものを感じたからかも?

アルバム「ユア・オンリー・ロンリー」(You're Only Lonely)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/detail/195815

☆「フィンズ」ジミー・バフェット
(Fins / Jimmy Buffett)

>陽気に海をテーマに歌うカントリー・シンガーによる、陽気なラスト・トップ40ヒット。最高位35位。
ところで最近、彼のベスト盤を超格安にてネット通販で入手したのだが、CD入手から数日後に価格が5倍以上に高騰していたのにたまげる。その後追加の請求がなかったという事は、いいタイミングで入手出来たというワケだが、あの極端な変動価格は一体・・・?(ちなみに今再確認したら、また格安に。時価ってヤツは、よくわかりません!)

アルバム"Volcano"より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F784%2F477784%5F1%5F17%2Easx%3Fobj%3Dv30429

☆「レインボウ・コネクション」カーミット・ザ・フロッグ
(Rainbow Connection / Kermit The Frog)

>アメリカの子供向け教育番組「セサミストリート」等に登場するマペット、カーミットが切実に歌い上げるカントリー風ポップ・バラード。歌っているのはカーミットの中の人である、1936年ミシシッピ州出身の操り人形師のジム・ヘンソン。終盤のエコーが被せられたあたりは、もう感動モノの逸品。最高位25位。なお、ジム・ヘンソンは90年5月に感染症のため、53歳で逝去している。

【Long Distance Dedication】
当時は非常に気に入ってしまった1曲なれど日本未発売なため、見たくもない日本版「セサミ~」にチャンネルを合わせ、カーミットが歌うのを期待して待っていたものである。ところがなぜかカーミット自身はまるで登場せず、クッキーモンスターがえらい勢いでクッキーを喰らう様を何度拝まされた事か・・・★その後、宵の口のTVにて、たぶんグラミー賞の発表だったかな?そこになんとカーミットが出演し、「レインボウ・~」を歌っているのを風呂上りに遭遇!曲の途中からだったとはいえ、じっくりと堪能したのもいい思い出だ♪また近年、カーペンターズがカバーしていたのを耳にし、驚いたものである。

アルバム"The Muppet Show Music Mayhem & More"に収録。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F002%2F461002%5F1%5F15%2Easx%3Fobj%3Dv40802

ttp://www.youtube.com/watch?v=thEiXbovv98(映像)

★圏外95位★

☆「シンス・ユー・ビーン・ゴーン」シェリー&マリー・カーリー
(Since You've Been Gone / Cherie & Marie Currie)

>1959年カリフォルニア州出身の女性ロック・バンド、ランナウェイズの元リード・ボーカリストだったシェリー・カーリーが、双子の妹であるマリーを引き連れデュオを結成。
ランナウェイズのリーダー格だったジョーン・ジェットよりも一足早く、ラス・バラード作のロック・ナンバーにてアメリカン・チャートに顔をのぞかせる事に成功。しかし、ランナウェイズ時代のような露出度が不足していたからかどうかは知らないが、最高位95位を3週踏ん張っただけでチャートを永遠に去ってしまいました・・・。
日本では、この後にチャート・インして来るレインボーのバージョンの方が有名な作品かも。

アルバム"Messin' With The Boys"より。
音楽チャート1979年10月チャートTB : 0CM : 2
1988年5月14日付(殿下とマイコー、揃い踏み♪)HOME1988年5月7日付(素直に祝福できないNo.1、デビー・ギブソン)

COMMENT

  +
 グッド・ソングがぞろぞろとエントリーした充実の週ですね。

 「幸せのかけら」、「愛の残り火」、「ユア・オンリー・ロンリー」、「レインボウ・コネクション」(これだけはリアル・タイムで耳にした曲ではないのですが)といったところは私にとってはオール・タイム・フェイヴァリットといっていい楽曲達です。

 作家としても才能を発揮し、日本でも著書が出たことがあるジミー・バフェット先生は2003年にアラン・ジャクソンとのデュエットによる「イッツ・ファイヴ・オ・クロック・サムホェア」という楽しい飲んだくれの歌で17位を記録しています。
 この勢いをかって翌2004年のアルバム「ライセンス・トゥ・チル」では初の全米1位を獲得しちゃっています。
 初めて彼がアルバム・チャートに顔を出してから31年目という遅咲きでの栄冠でした。

 余談ながらおそらく来週付でマドンナの新譜を蹴落として初登場1位を獲得するといわれているニール・ダイアモンドはもっと遅咲きで(ここまでくると狂い咲き?)、43年目で初のアルバム・チャート制覇となるようです。
 

 
b y iwashita | 2008.05.08(19:24) | URL | [EDIT] |
  +
>iwashitaさん

70年代のトップ40は、ほんとお耳にも体にも優しい作品が多いですよね。(ある意味ディスコも含んで☆)

ジミーバフェットが2004年というご時世にブレイクするとは、予想の範疇を遥かに超えた事実ですね!
まさにニール・ダイアモンドも含めて、“継続は力なり”であります♪
b y ぶるじん | 2008.05.09(20:20) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/330-5b9f509a



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。