ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年4月16日付(全米チャートに初足跡!ブライアン・フェリー) ]
2008-04-12(Sat) 08:11:01
01/01「明日へのハイウェイ」ビリー・オーシャン
02/04「デヴィル・インサイド」インエクセス
03/05「ブロークン・ハーツ」ホイットニー・ヒューストン
04/02「マン・イン・ザ・ミラー」マイケル・ジャクソン
05/10「ウィッシング・ウェル」テレンス・トレント・ダービー
06/08「ガールフレンド」ペブルス
07/06「ロック・イット・トゥ・ユー」ジェッツ
08/12「エンジェル」エアロスミス
09/11「アイ・ソゥ・ヒム・スタンディング・ゼア」ティファニー
10/13「サム・カインド・オブ・ラヴァー」ジョディ・ワトリー

11/03「アウト・オブ・ザ・ブルー」デビーギブソン
12/16「ピンク・キャデラック」ナタリー・コール
13/17「プルーヴ・ユア・ラヴ」テイラー・デイン
14/15「チェック・イット・アウト」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
15/20「エニシング・フォー・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
16/07「エンドレス・サマー・ナイト」リチャード・マークス
17/19「ワン・ステップ・アップ」ブルース・スプリングスティーン
18/09「アイ・ウォント・ハー」キース・スウェット
19/22「エレクトリック・ブルー」アイスハウス
20/23「愛に気づいて」スカーレット&ブラック

21/29「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」ペット・ショップ・ボーイズ
22/14「ドック・オブ・ザ・ベイ」マイケル・ボルトン
23/28「ノーティ・ガールズ」サマンサ・フォクス
24/27「フィッシュネット」モーリス・デイ
25/18「ギヴ・ユー・アップ」リック・アストリー
26/33「シャッタード・ドリームス」ジョニー・ヘイツ・ジャズ
27/35「トゥー・オケイションズ」ディール
28/32「ウイッシュ・アイ・ハド・ア・ガール」ヘンリー・リー・サマー
29/37「ウェイト」ホワイト・ライオン
30/36「ウィズアウト・ユー」フォリナー

31/34「パメラ」トト
32/38「ピアノ・イン・ザ・ダーク」ブレンダ・ラッセル・フィーチャリング・ジョー・エスポジト
33/31「ゴーイング・バック・トゥ・カリフォルニア」L.L.クールJ
34/26「Father Figure」ジョージ・マイケル
35/42「キッス・アンド・テル」ブライアン・フェリー
36/43「ドリーミング」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
37/44「セイ・イット・アゲイン」ジャーメイン・スチュワート
38/21「ヒステリア」デフ・レパード
39/24「アイ・ゲット・ウィーク」ベリンダ・カーライル
40/─「ワン・モア・トライ」ジョージ・マイケル



【ニューエントリーこめんと】

☆「キッス・アンド・テル」ブライアン・フェリー
(Kiss And Tell (From "Bright Lights , Big City") / Bryan Ferry)

>1945年イギリス出身のシンガー・ソングライター。っていうか、ロック・グループ“ロキシー・ミュージック”の顔って言った方が早いか?(アルバム「カントリー・ライフ」のジャケに、お世話になった方も多(以下自粛))
バンドとしてもソロとしても、本国ではヒット・メーカーだった彼の唯一となるトップ40ヒット。独特のブリティッシュ系ポップ・サウンドはソロ名義でも健在で、ここまでグループとしてもアメリカン・チャートとは無縁だったのが不思議なくらいである。最高位31位とはいえ、アメリカの音楽史にも足跡を残せたワケだ。

サントラ「再会の街~ブライト・ライツ、ビッグ・シティ」(Bright Lights , Big City)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Feuwm2%2F477%2F3101477%5F1%5F16%2Easx%3Fobj%3Dv20531

☆「ドリーミング」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
(Dreaming / Orchestral Manoeuvres In The Dark)

>最高位16位と、すっかりポップなエレクトリック・サウンドが板に付いてしまった彼らだが、これが最後のトップ40ヒットとなってしまった。しかし、それら各ヒット曲のポテンシャルの高さは折り紙付きであろう。

アルバム「ザ・ドリーミング~ベスト・オブ・O.M.D.」(The Best Of O.M.D.)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Feuwm2%2F541%2F3104541%5F1%5F15%2Easx%3Fobj%3Dv30625

☆「セイ・イット・アゲイン」ジャーメイン・スチュワート
(Say It Again / Jermaine Stewart)

>てっきり86年の「テイク・アワ・クロージズ・オフ」(We Don't Take Our Clothes Off)の一発ヒットで終了していたと思われた(失礼)彼の、意地とも思えるような2ndトップ40ヒット。1stヒットと比較すると、えらくライトでポップになっちゃいましたよ!?最高位27位。しかしこの後トップ40ヒットを放つどころか、9年後39歳の若さでこの世を去ってしまうとは誰も想像しまいて・・・。

アルバム「セイ・イット・アゲイン」(Say It Again)より。

ttp://www.youtube.com/watch?v=7dYjolgq0gM (PV)

☆「ワン・モア・トライ」ジョージ・マイケル
(One More Try / George Michael)

>とにかく言葉の壁を乗り越えて、聴かせてくれます。絶頂期だったこの当時、彼の発表する楽曲に一遍の曇りナシ!新顔のジョニー・ヘイツ・ジャズにちょっかいを出すため(?)Hot100の40位に初登場、後に3週に渡り全米の頂点に君臨するのである。

アルバム「Faith」(Faith)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F546%2F125546%5F1%5F04%2Easx%3Fobj%3Dv40322

★圏外89位★

☆「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」スティング
(Englishman In New York / Sting)

>日本ではスティングの代表的ヒット曲として知れ渡っている作品だが、全米では最高位84位なうえ、Hot100滞在わずか4週でチャート・アウトする始末。本国イギリスではトップ20ヒットを記録しているものの、アメリカ人のお耳にはイマイチ馴染まなかったようだ。ちなみに、ワタシもあまり好きではありません。(ゴメン!)

アルバム「ナッシング・ライク・ザ・サン」(Nothing Like The Sun)より。
音楽チャート1988年4月チャートTB : 0CM : 0
1988年4月23日付(一発屋さんが二組、スアーヴとタイムズTWO)HOME1988年4月9日付(手ごたえのあるロックはいかがかな?ホワイト・ライオン)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/326-803074f0



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。