ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年3月26日付(かつての仲間に支えられての初ソロ・ヒット、モーリス・ディ) ]
2008-03-22(Sat) 19:15:18
01/04「マン・イン・ザ・ミラー」マイケル・ジャクソン
02/05「エンドレス・サマー・ナイト」リチャード・マークス
03/01「ギヴ・ユー・アップ」リック・アストリー
04/07「アウト・オブ・ザ・ブルー」デビーギブソン
05/10「明日へのハイウェイ」ビリー・オーシャン
06/02「アイ・ゲット・ウィーク」ベリンダ・カーライル
07/09「アイ・ウォント・ハー」キース・スウェット
08/03「Father Figure」ジョージ・マイケル
09/12「ロック・イット・トゥ・ユー」ジェッツ
10/11「ヒステリア」デフ・レパード

11/13「ドック・オブ・ザ・ベイ」マイケル・ボルトン
12/16「デヴィル・インサイド」インエクセス
13/14「ガールフレンド」ペブルス
14/08「まるっきりパラダイス」デヴィッド・リー・ロス
15/06「シーズ・ライク・ザ・ウィンド」パトリック・スウェイジ
16/19「ブロークン・ハーツ」ホイットニー・ヒューストン
17/20「ウィッシング・ウェル」テレンス・トレント・ダービー
18/18「サム・カインド・オブ・ラヴァー」ジョディ・ワトリー
19/21「チェック・イット・アウト」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
20/23「エンジェル」エアロスミス

21/28「アイ・ソゥ・ヒム・スタンディング・ゼア」ティファニー
22/15「ビー・スティル・マイ・ビースティング・ハート」スティング
23/24「FAB」ジョージ・ハリスン
24/26「ロック・オブ・ライフ」リック・スプリングフィールド
25/32「プルーヴ・ユア・ラヴ」テイラー・デイン
26/17「アイ・ファウンド・サムワン」シェール
27/36「ピンク・キャデラック」ナタリー・コール
28/34「ワン・ステップ・アップ」ブルース・スプリングスティーン
29/31「愛を知った時」アレクサンダー・オニール・フィーチャリング・シェレール
30/33「愛に気づいて」スカーレット&ブラック

31/35「エレクトリック・ブルー」アイスハウス
32/22「キャント・スティ・アウェイ・フロム・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
33/38「この素晴らしき世界」ルイ・アームストロング
34/50「エニシング・フォー・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
35/42「ゴーイング・バック・トゥ・カリフォルニア」L.L.クールJ
36/25「ラヴ・オーヴァーボード」グラディス・ナイト&ザ・ピップス
37/27「パンプ・アップ・ザ・ヴォリューム」M/A/R/R/S
38/44「フィッシュネット」モーリス・デイ
39/29「ハングリー・アイズ」エリック・カルメン
40/45「パメラ」トト


【ニューエントリーこめんと】

☆「エニシング・フォー・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
(Anything For You / Gloria Estefan / & Miami Sound Machine)

>彼らの本当の売りは、情熱的なラテン系リズムより涼しげなバラード・ナンバーである事を確信させたような一曲。ついに全米を制覇にまで至る(2週)。よって、次のアルバムからは暑苦しそうなマイアミ・サウンド・マシーンのネーミングが、取り外されてしまう事態に・・・。(?)

アルバム「レット・イット・ルース」(Let It Loose)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F443%2F100443%5F1%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv30826

☆「ゴーイング・バック・トゥ・カリフォルニア」L.L.クールJ
(Going Back To Cali (From "Less Than Zero") / L.L. Cool J)

>90年代中期あたりからトップ40内を席巻しつくすようなヒップホップ・サウンド。試聴していてもツラかったッス・・・。最高位31位。

サントラ「レス・ザン・ゼロ」(Less Than Zero)より。

ttp://www.amazon.com/gp/music/wma-pop-up/B0000024K5001004/ref=mu_sam_wma_001_004

☆「フィッシュネット」モーリス・デイ
(Fishnet / Morris Day)

>1957年ミネソタ州ミネアポリス出身のシンガー兼ドラマー。
元ファンク・バンド、「ザ・タイム」のボーカリストと言った方が早いか?初のソロ名義ヒットとなったワケだが、ジャム&ルイスとの共作な上ザ・タイムのメンバーたちも多数ゲスト参加しており、旧友との親交を深めるような音作りとなったようだ。もちろん、最高位23位を示したこの楽曲も、プリンス系のファンク・ダンス・ナンバーを系統している雰囲気。

アルバム「ディドリーミング」(Daydreaming)より。

ttp://jdstr8.imeem.com/music/20vIJG2E/morris_day_fishnet/

☆「パメラ」トト
(Pamela / Toto)

>前アルバム同様、A.O.R.路線を継承したような作品を1stシングルとしてカット。時代の波に逆らうようなサウンドなれど、最高位22位をマーク。しかしそのような行動がアダになったのか、これがラスト・トップ40ヒットとなってしまった。CMでも使用されたこともあり、日本ではそれなりに有名な楽曲かも?

アルバム「ザ・セヴンス・ワン~第7の剣」(The Seventh One)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F621%2F151621%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv10207
音楽チャート1988年3月チャートTB : 0CM : 0
『Heartlight』 Neil DiamondHOME『アメリカン・モーニング』 ランディ・ヴァンウォーマー

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/322-1e14ac12



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。