ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年3月12日付(典型的な一発屋さん、スカーレット&ブラック) ]
2008-03-08(Sat) 19:26:43
01/02「ギヴ・ユー・アップ」リック・アストリー
02/01「Father Figure」ジョージ・マイケル
03/03「シーズ・ライク・ザ・ウィンド」パトリック・スウェイジ
04/04「アイ・ゲット・ウィーク」ベリンダ・カーライル
05/08「エンドレス・サマー・ナイト」リチャード・マークス
06/07「まるっきりパラダイス」デヴィッド・リー・ロス
07/09「マン・イン・ザ・ミラー」マイケル・ジャクソン
08/12「アウト・オブ・ザ・ブルー」デビーギブソン
09/16「アイ・ウォント・ハー」キース・スウェット
10/06「キャント・スティ・アウェイ・フロム・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン

11/10「アイ・ファウンド・サムワン」シェール
12/22「明日へのハイウェイ」ビリー・オーシャン
13/17「ラヴ・オーヴァーボード」グラディス・ナイト&ザ・ピップス
14/20「ヒステリア」デフ・レパード
15/19「ビー・スティル・マイ・ビースティング・ハート」スティング
16/24「ロック・イット・トゥ・ユー」ジェッツ
17/23「ドック・オブ・ザ・ベイ」マイケル・ボルトン
18/05「とどかぬ想い」ペット・ショップ・ボーイズ&ダスティ・スプリングフィールド
19/26「ガールフレンド」ペブルス
20/11「ハングリー・アイズ」エリック・カルメン

21/13「パンプ・アップ・ザ・ヴォリューム」M/A/R/R/S
22/28「デヴィル・インサイド」インエクセス
23/33「サム・カインド・オブ・ラヴァー」ジョディ・ワトリー
24/32「チェック・イット・アウト」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
25/31「FAB」ジョージ・ハリスン
26/14「シーズンズ・チェンジ」エクスポゼ
27/35「ウィッシング・ウェル」テレンス・トレント・ダービー
28/38「ブロークン・ハーツ」ホイットニー・ヒューストン
29/15「セイ・ユー・ウィル」フォリナー
30/36「エンジェル」エアロスミス

31/27「ビコーズ・オブ・ユー」カヴァー・ガールズ
32/37「ロック・オブ・ライフ」リック・スプリングフィールド
33/21「思い出に抱かれて」ティファニー
34/25「プッシュ・イット」ソルト&ペッパ
35/18「涙に別れを」ポール・キャラック
36/43「アイ・ソゥ・ヒム・スタンディング・ゼア」ティファニー
37/40「愛を知った時」アレクサンダー・オニール・フィーチャリング・シェレール
38/41「愛に気づいて」スカーレット&ブラック
39/29「ニード・ユー・トゥナイト」インエクセス
40/47「プルーヴ・ユア・ラヴ」テイラー・デイン


【ニューエントリーこめんと】

☆「アイ・ソゥ・ヒム・スタンディング・ゼア」ティファニー
(I Saw Him Standing There / Tiffany)

>ジョン・レノンとポール・マッカートニーの手により完成し、1963年に発表された「アイ・ソゥ・ハー・スタンディング・ゼア」(I Saw Her Standing There)のカバー。女性が歌っているという意味で、"Her"が"Him"に変更されている。デビュー以来、2曲連続でNo.1ヒットを放つという大成功を収めていた彼女だが、早くもこのあたりからその勢いに暗雲が垂れ込めていたように感じたのはワタシだけでしょうか?ビートルズをカバー・シングルとしてリリースするのは、あンたにはまだまだ早すぎますよ!というワケではないだろうが、最高位7位で停滞。

アルバム「ティファニー」(Tiffany)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F538%2F236538%5F1%5F05%2Easx%3Fobj%3Dv50228

☆「愛に気づいて」スカーレット&ブラック
(You Don't Know / Scarlet & Black)

>ロビン・ハイルドとスー・ウェストによるイギリスのコンビ・ユニット。
ワムっていうか、どちらかといえばグラス・タイガー風の爽やかタッチのポップ・ロック。最高位20位をマークした一発屋。映画「ウォンテッド・ハイスクール/あぶない転校生」(Hiding Out)の挿入歌でもある。

アルバム「愛に気づいて」(Scarlet & Black)より。

ttp://specter85.imeem.com/music/bNxNDn2O/scarlett_black_you_dont_know/

☆「プルーヴ・ユア・ラヴ」テイラー・デイン
(Prove Your Love / Taylor Dayne)

>当時の流行サウンドのひとつである、パワフルなダンス・ナンバー。たいていスルー気味なジャンルなのだが、彼女のボーカルは何故か耳に留まりますよ。これは、アーティストとの相性の問題なのか・・・?最高位7位。

アルバム「テル・イット・トゥ・マイ・ハート」(Tell It To My Heart)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F713%2F199713%5F1%5F08%2Easx%3Fobj%3Dv30624
音楽チャート1988年3月チャートTB : 0CM : 0
1988年3月19日付(ニッチもサッチもどうにもルイ・アームストロング)HOME1988年3月5日付(すでに女王様の風格?ホイットニー・ヒューストン)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/319-b6a3cade



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。