ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年3月5日付(すでに女王様の風格?ホイットニー・ヒューストン) ]
2008-03-01(Sat) 08:27:20
01/01「Father Figure」ジョージ・マイケル
02/04「ギヴ・ユー・アップ」リック・アストリー
03/03「シーズ・ライク・ザ・ウィンド」パトリック・スウェイジ
04/08「アイ・ゲット・ウィーク」ベリンダ・カーライル
05/02「とどかぬ想い」ペット・ショップ・ボーイズ&ダスティ・スプリングフィールド
06/10「キャント・スティ・アウェイ・フロム・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
07/12「まるっきりパラダイス」デヴィッド・リー・ロス
08/15「エンドレス・サマー・ナイト」リチャード・マークス
09/17「マン・イン・ザ・ミラー」マイケル・ジャクソン
10/14「アイ・ファウンド・サムワン」シェール

11/05「ハングリー・アイズ」エリック・カルメン
12/18「アウト・オブ・ザ・ブルー」デビーギブソン
13/13「パンプ・アップ・ザ・ヴォリューム」M/A/R/R/S
14/06「シーズンズ・チェンジ」エクスポゼ
15/07「セイ・ユー・ウィル」フォリナー
16/20「アイ・ウォント・ハー」キース・スウェット
17/19「ラヴ・オーヴァーボード」グラディス・ナイト&ザ・ピップス
18/09「涙に別れを」ポール・キャラック
19/22「ビー・スティル・マイ・ビースティング・ハート」スティング
20/24「ヒステリア」デフ・レパード

21/11「思い出に抱かれて」ティファニー
22/29「明日へのハイウェイ」ビリー・オーシャン
23/25「ドック・オブ・ザ・ベイ」マイケル・ボルトン
24/28「ロック・イット・トゥ・ユー」ジェッツ
25/23「プッシュ・イット」ソルト&ペッパ
26/33「ガールフレンド」ペブルス
27/27「ビコーズ・オブ・ユー」カヴァー・ガールズ
28/38「デヴィル・インサイド」インエクセス
29/21「ニード・ユー・トゥナイト」インエクセス
30/16「ウォナ・ビー・ユア・マン」ロジャー

31/34「FAB」ジョージ・ハリスン
32/35「チェック・イット・アウト」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
33/36「サム・カインド・オブ・ラヴァー」ジョディ・ワトリー
34/31「トワイライト・ワールド」スウィング・アウト・シスター
35/40「ウィッシング・ウェル」テレンス・トレント・ダービー
36/39「エンジェル」エアロスミス
37/41「ロック・オブ・ライフ」リック・スプリングフィールド
38/47「ブロークン・ハーツ」ホイットニー・ヒューストン
39/26「冬の散歩道」バングルズ
40/48「愛を知った時」アレクサンダー・オニール・フィーチャリング・シェレール


【ニューエントリーこめんと】

☆「ロック・オブ・ライフ」リック・スプリングフィールド
(Rock Of Life / Rick Springfield)

>2年半ぶりとなるトップ40ヒットは、自作による変化を持たせ気合の入ったロック・ナンバーだったのだが、最高位22位と不本意な結果に終る。しかも、これがラスト・トップ40ヒットになってしまった。

アルバム「ロック・オブ・ライフ」(Rock Of Life)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F249%2F312249%5F1%5F16%2Easx%3Fobj%3Dv40121

☆「ブロークン・ハーツ」ホイットニー・ヒューストン
(Where Do Broken Hearts Go / Whitney Houston)

>アルバムからは4枚目のシングル・カットなれど、そのクォリティの高さには驚かされる。パワフルなバラード・ナンバーが、2週に渡り頂点を極め、トータルで7作連続のシングルNo.1という記録まで樹立!マイコーと共に、女性ソロとしてのリーダーシップの座に腰を落ち着けたような風格である。

アルバム「ホイットニーⅡ」(Whitney)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F750%2F352750%5F1%5F07%2Easx%3Fobj%3Dv10611

☆「愛を知った時」アレクサンダー・オニール・フィーチャリング・シェレール
(Never Knew Love Like This / Alexander O'neal featuring Cherrelle)

>86年の「サタディ・ラヴ」(Saturday Love)以来、二度目となるシェレールとのコンビネーションによるトップ40ヒット。アダルト・コンテンポラリーなR&Bが、最高位28位をマーク。デュエットとしては、前作の方が好きかなぁワタシは。

アルバム「ヒアセイ~噂」(Hearsay)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F417%2F528417%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv40825
音楽チャート1988年3月チャートTB : 0CM : 0
1988年3月12日付(典型的な一発屋さん、スカーレット&ブラック)HOME1979年10月13日付(二大巨頭バンド、イーグルスとフリートウッド・マック)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/318-02d17143



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。