ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1979年10月13日付(二大巨頭バンド、イーグルスとフリートウッド・マック) ]
2008-02-27(Wed) 20:05:10
01/02「今夜はドント・ストップ」マイケル・ジャクソン
02/03「ライズ」ハーブ・アルパート
03/01「サッド・アイズ」ロバート・ジョン
04/05「セイル・オン」コモドアーズ
05/04「マイ・シャローナ」ナック
06/07「涙の別れ道」ディオンヌ・ワーウィック
07/08「ポップ・ミューヂック」M
08/10「ディム・オール・ザ・ライツ」ドナ・サマー
09/06「ロンサム・ルーザー」リトル・リバー・バンド
10/09「アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン」アース・ウインド&ファイア

11/13「貴方に首ったけ」ボニー・ポインター
12/12「恋するふたり」ニック・ロウ
13/11「ドント・ブリング・ミー・ダウン」エレクトリック・ライト・オーケストラ
14/25「愛のメッセージ」ケニー・ロジャース
15/52「ハートエイク・トゥナイト」イーグルス
16/16「ボーン・トゥ・ビー・アライヴ」パトリック・ヘルナンデス
17/20「スプーキー」アトランタ・リズム・セクション
18/24「ダーティ・ホワイト・ボーイ」フォリナー
19/19「ザ・ボス」ダイアナ・ロス
20/21「ラヴィン・タッチン・スクウィージン」ジャーニー

21/23「ゲット・イット・ライト」ジェリー・ラファティ
22/27「グッド・ガールズ・ドント」ナック
23/28「ホェア・ウェア・ユー・ホェン・アイ・ワズ・フォーリング・イン・ラヴ」ロボ
24/32「カム・トゥ・ミー」フランス・ジョリ
25/26「ディペンディン・オン・ユー」ドゥービー・ブラザーズ
26/34「ホールド・オン」イアン・ゴム
27/33「アイ・ノゥ・ア・ハートエイク」ジェニファー・ウォーンズ
28/37「プリーズ・ドント・ゴー」K.C.&ザ・サンシャイン・バンド
29/30「アロウ・スルー・ミー」ウイングス
30/31「ローリーン」ムーン・マーティン

31/36「ミッドナイト・ウインド」ジョン・スチュワート
32/35「この夜の果てに」マイケル・ジョンソン
33/39「ガッタ・サーヴ・サムバディ」ボブ・ディラン
34/14「想い出のサマー・ナイト」ロバート・パーマー
35/15「ドライヴァーズ・シート」スニッフ&ザ・ティアーズ
36/41「恋のドクター」アシュフォード&シンプソン
37/42「恋の予感」ブレンダ・ラッセル
38/47「スティル」コモドアーズ
39/40「グッド・フレンド」メアリー・マッグレガー
40/64「タスク」フリートウッド・マック


【ニューエントリーこめんと】

☆「ハートエイク・トゥナイト」イーグルス
(Heartache Tonight / Eagles)

>歴史に残るベスト・セラーアルバムから、2年半ぶりとなるニューアルバムからの1stシングル。Hot100に51位でニューエントリーし、以降→15位→9位→7位→2位→1位→5位→5位→5位→7位→9位→20位→(正月)→34位→99位という凄まじいチャート・アクションを披露。トップ40圏外わずか2週、トップ40内トップ10圏外4週、そしてトップ10圏内9週というまさに嵐のような騒ぎである。肝心の楽曲の方も、雷鳴が轟くが如くドラムを前面に出した、轟音ハードなロック・ナンバー。実際、ライヴでもその轟音は健在だったようで、スピーカー側の客は防音対策が必要なくらいだったそうな☆「ホテル・カリフォルニア」(Hotel California)のイメージを払拭させるには、まさに打って付けだったような1曲。

アルバム「ロング・ラン」(The Long Run)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F395%2F1010395%5F1%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv71203

☆「恋のドクター」アシュフォード&シンプソン
(Found A Cure / Ashford & Simpson)

>ニコラス・アッシュフォードとレリー・シンプソンによる夫婦デュオ。元々はモータウンの専属ソングライター兼プロデューサーとして活躍していたのだが、73年にモータウンを去り自らもアーティストとしての活動を開始。そして今回、その高名なアーティスト名からは意外といってもいいようなお初となるトップ40ヒットが誕生。その時代に合わせたようなダンサブルなナンバーだったのだが、36位と低迷。しかし84年に起死回生とばかりに、トップ10入り間近となるヒットを発表する事となる。

アルバム"Stay Free"より。

http://www.amazon.com/gp/music/wma-pop-up/B00005UPFF001010/ref=mu_sam_wma_001_010

☆「恋の予感」ブレンダ・ラッセル
(So Good So Right / Brenda Russell)

>1949年ニューヨーク州ブルックリン出身の女性シンガー・ソングライター。
いやぁ試聴にて数十年ぶりに耳にした、懐かしさでいっぱいのアダルト・コンテンポラリーなR&B。最高位30位。なお、コレの一発ヒットに終るかと思いきや、8年半後に起死回生のトップ10ヒットを放つ事となる。

アルバム"Brenda Russell"より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F414%2F140414%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「スティル」コモドアーズ
(Still / Commodores)

>お気に入りだった「セイル・オン」(Seil On)が、まだ星印を付け4位で上昇中というのに、のうのうとトップ40入りしてきたこの作品、「セイル~」の上昇に待ったをかけただけではなくチャート急降下までさせた上、自身は38位→10位→8位→5位→3位→1位→3位→3位→3位→2位(!)→5位→7位→6位(!!)→22位→圏外と、優々とトップ10内を満喫しているのが許せない!それなりに切実なスロー・バラードなれど、「セイル~」のチャート・アクションを蔑ろにした罪は深いぞ★正直、ワタシには退屈なバラードだし・・・。(ファンの方、スミマセン)

アルバム「ミッドナイト・マジック」(Midnight Magic)より。

http://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F017%2F345017%5F1%5F07%2Easx%3Fobj%3Dv70525

☆「タスク」フリートウッド・マック
(Tusk / Fleetwood Mac)

>1967年イギリス・ロンドンにてピーターグリーンズ・フリートウッド・マックとして結成されたブルース・バンド。70年に現バンド名に改名し、70年代中期からメンバーー・チェンジにてポップ・ロック路線に移行したのが功を奏し、スーパーバンドへの道程を歩む事となる。
ウルトラ・ベストセラー・アルバムから2年半ぶりとなる新譜からの1stシングル。この民族音楽を彷彿とさせる奇抜なサウンドに面を食らったファンも多いのではなかろうか?あまりにも奇をてらい過ぎたような作品だったためか、チャートアクションの方も64位→40位→15位→9位→8位→8位→8位→9位→16位→22位→37位→52位→(正月)→99位と、劣化版「ハートエイク・トゥナイト」のような動きを披露。しかし、ツボにはまればクセになりそうな作品だが、ダメな方はダメなんでしょうなぁ。ちなみに、ワタシは前者の方にカテゴリーされますよ。

アルバム「タスク」(Tusk)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F514%2F102514%5F1%5F19%2Easx%3Fobj%3Dv40405
音楽チャート1979年10月チャートTB : 0CM : 0
1988年3月5日付(すでに女王様の風格?ホイットニー・ヒューストン)HOME1988年2月27日付(自身も認める天賦の才?テレンス・トレント・ダービー)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/317-d915be21



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。