ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年2月6日付(これがニュー・ジャック・スウィングだ!キース・スウェット) ]
2008-02-02(Sat) 09:40:27
01/02「思い出に抱かれて」ティファニー
02/03「冬の散歩道」バングルズ
03/01「ニード・ユー・トゥナイト」インエクセス
04/05「シーズンズ・チェンジ」エクスポゼ
05/06「ウォナ・ビー・ユア・マン」ロジャー
06/08「ハングリー・アイズ」エリック・カルメン
07/12「とどかぬ想い」ペット・ショップ・ボーイズ&ダスティ・スプリングフィールド
08/13「セイ・ユー・ウィル」フォリナー
09/14「トンネル・オブ・ラヴ」ブルース・スプリングスティーン
10/11「プレイス・オブ・ユア・マン」プリンス

11/15「涙に別れを」ポール・キャラック
12/04「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」マイケル・ジャクソン
13/17「アイ・リヴ・フォー・ユア・ラヴ」ナタリー・コール
14/18「エヴリホエア」フリートウッド・マック
15/21「シーズ・ライク・ザ・ウィンド」パトリック・スウェイジ
16/24「ギヴ・ユー・アップ」リック・アストリー
17/10「テル・イット・トゥ・マイ・ハート」テイラー・デイン
18/07「セット・オン・ユー」ジョージ・ハリスン
19/30「Father Figure」ジョージ・マイケル
20/25「パンプ・アップ・ザ・ヴォリューム」M/A/R/R/S

21/22「ポップ・ゴーズ・ザ・ワールド」メン・ウィズアウト・ハッツ
22/09「キャンドル・イン・ザ・ウインド」エルトン・ジョン
23/27「キャント・スティ・アウェイ・フロム・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
24/16「クレイジー」アイスハウス
25/26「プッシュ・イット」ソルト&ペッパ
26/29「アイ・ファウンド・サムワン」シェール
27/33「アイ・ゲット・ウィーク」ベリンダ・カーライル
28/23「オネストリー」ストライパー
29/37「まるっきりパラダイス」デヴィッド・リー・ロス
30/20「やさしくエモーション」ホイットニー・ヒューストン

31/39「ラヴ・オーヴァーボード」グラディス・ナイト&ザ・ピップス
32/40「エンドレス・サマー・ナイト」リチャード・マークス
33/35「恋の留守番電話853-5937」スクィーズ
34/42「ビー・スティル・マイ・ビースティング・ハート」スティング
35/36「ビコーズ・オブ・ユー」カヴァー・ガールズ
36/19「あなたのスウィート・ガール」ハート
37/28「フェイス」ジョージ・マイケル
38/48「アイ・ウォント・ハー」キース・スウェット
39/57「アウト・オブ・ザ・ブルー」デビーギブソン
40/44「リズム・オブ・ラヴ」イエス


【ニューエントリーこめんと】

☆「ビー・スティル・マイ・ビースティング・ハート」スティング
(Be Still My Beast Heart / Sting)

>試聴した限りでは、シングルとしてはやや地味過ぎるようなイメージがあるが、最高位15位まで引き上げたナニかが存在していたのであろう。

アルバム「ナッシング・ライク・ザ・サン」(Nothing Like The Sun)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F455%2F147455%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv30715

☆「アイ・ウォント・ハー」キース・スウェット
(I Want Her / Keith Sweat)

>1961年ニューヨーク州ハーレム出身のR&Bシンガー・ソングライター兼プロデューサー。本名キース・クライアー。
アーティスト兼プロデューサーであるテディ・ライリーが発案した、ニュー・ジャック・スウィングという新たなR&Bサウンドを元に開発された楽曲。見事世界に布教する事に成功し、全米でも最高位5位をマーク。以降、多数のアーティストによってこのニュー・サウンドが取り上げられる事となる。

アルバム「メイク・イット・ラスト・フォーエヴァー」(Make It Last Forever)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F121%2F508121%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv60308

☆「アウト・オブ・ザ・ブルー」デビーギブソン
(Out Of The Blue / Debbie Gibson)

>彼女のデビュー・アルバムのタイトルが、大のお気に入りであるE.L.O.の2枚組みアルバムと同名なのにちとイラついていた当時のワタシだったのだが、ついにアルバム・タイトル曲をシングル(最高位3位)に持ってきやがったか、この小娘が!なんて思ったのも束の間で、耳にした瞬間キラー・ソングに早変わり。現在も我がCDライブラリーには、同名異内容の「アウト・オブ・ザ・ブルー」が2枚存在する次第である。

アルバム「アウト・オブ・ザ・ブルー」(Out Of The Blue)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F263%2F105263%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv40525

☆「リズム・オブ・ラヴ」イエス
(Rhythm Of Love / Yes)

>80年代に突如としてトップ40ヒットを連発したプログレの雄の一角を担った新生イエスだが、この作品を最後(最高位40位)にトップ40とは無縁の世界へと回帰する事となる。

アルバム「ビッグ・ジェネレーター」(Big Generator)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F716%2F158716%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv30624
音楽チャート1988年2月チャートTB : 0CM : 0
1988年2月13日付(変な邦題?ジェッツ)HOME1988年1月30日付(狂い咲き?グラディス・ナイト&ザ・ピップス)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/311-57f388e6



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。