ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1988年1月30日付(狂い咲き?グラディス・ナイト&ザ・ピップス) ]
2008-01-26(Sat) 09:35:51
01/02「ニード・ユー・トゥナイト」インエクセス
02/03「思い出に抱かれて」ティファニー
03/05「冬の散歩道」バングルズ
04/01「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」マイケル・ジャクソン
05/08「シーズンズ・チェンジ」エクスポゼ
06/10「ウォナ・ビー・ユア・マン」ロジャー
07/04「セット・オン・ユー」ジョージ・ハリスン
08/11「ハングリー・アイズ」エリック・カルメン
09/06「キャンドル・イン・ザ・ウインド」エルトン・ジョン
10/07「テル・イット・トゥ・マイ・ハート」テイラー・デイン

11/13「プレイス・オブ・ユア・マン」プリンス
12/18「とどかぬ想い」ペット・ショップ・ボーイズ&ダスティ・スプリングフィールド
13/17「セイ・ユー・ウィル」フォリナー
14/15「トンネル・オブ・ラヴ」ブルース・スプリングスティーン
15/21「涙に別れを」ポール・キャラック
16/14「クレイジー」アイスハウス
17/20「アイ・リヴ・フォー・ユア・ラヴ」ナタリー・コール
18/23「エヴリホエア」フリートウッド・マック
19/12「あなたのスウィート・ガール」ハート
20/09「やさしくエモーション」ホイットニー・ヒューストン

21/31「シーズ・ライク・ザ・ウィンド」パトリック・スウェイジ
22/26「ポップ・ゴーズ・ザ・ワールド」メン・ウィズアウト・ハッツ
23/25「オネストリー」ストライパー
24/34「ギヴ・ユー・アップ」リック・アストリー
25/30「パンプ・アップ・ザ・ヴォリューム」M/A/R/R/S
26/27「プッシュ・イット」ソルト&ペッパ
27/32「キャント・スティ・アウェイ・フロム・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
28/16「フェイス」ジョージ・マイケル
29/35「アイ・ファウンド・サムワン」シェール
30/37「Father Figure」ジョージ・マイケル

31/19「イズ・ディス・ラヴ」ホワイトスネイク
32/24「シェイク・ユア・ラヴ」デビー・ギブソン
33/40「アイ・ゲット・ウィーク」ベリンダ・カーライル
34/22「チェリー・ボム」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
35/39「恋の留守番電話853-5937」スクィーズ
36/42「ビコーズ・オブ・ユー」カヴァー・ガールズ
37/45「まるっきりパラダイス」デヴィッド・リー・ロス
38/28「キャッチ・ミー」プリティ・ポイズン
39/52「ラヴ・オーヴァーボード」グラディス・ナイト&ザ・ピップス
40/53「エンドレス・サマー・ナイト」リチャード・マークス


【ニューエントリーこめんと】

☆「ビコーズ・オブ・ユー」カヴァー・ガールズ
(Because Of You / The Cover Girls)

>1986年ニューヨーク州ブロンクスで結成された女性3人組。
この当時にハードロック同様、ちょっとしたブームとなったダンス・ポップ・サウンドの一角として活躍するのに成功。いわゆるフリー・スタイル・ミュージックの先駆者的存在である。最高位27位。日本では、87年に最高位44位を記録した「ショウ・ミー」(Show Me)が代表曲として君臨。

アルバム「ショウ・ミー」(Show Me)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F977%2F281977%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv50328

☆「まるっきりパラダイス」デヴィッド・リー・ロス
(Just Like Paradise / David Lee Roth)

>まさにデイヴ専用に書き下ろされたような、超能天気風ロック・ナンバー。邦題もバツグンで言う事はナシ!といきたいのだが、これがラスト・トップ40になってしまったのが残念・・・。最高位6位。

アルバム「スカイスクレイパー」(Skyscraper)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F873%2F139873%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv40525

☆「ラヴ・オーヴァーボード」グラディス・ナイト&ザ・ピップス
(Love Overboard / Gladys Knight & The Pips)

>1962年アトランタ州ジョージアで“ピップス”として結成、66年に現グループ名に変更されたR&B、ソウル・グループの大御所。
なぜにこのご時世にこのようなアーティストが、約12年ぶりのトップ40ヒットを放つのか不思議で仕方がありませんでした。当時、その高名なるアーティストの初となる楽曲聞きになるのかとそれなりに期待していたのだが、あいにく耳にする機会に恵まれず、今回試聴に頼るハメになってしまったのがなんとも・・・。ホント、縁がなかったのでしょうなぁ。それはともかく、この時代の流行を取り入れたR&Bが、今回13位まで上昇するという成功を収めたのであろうかな。なお、89年にグラディス・ナイトのソロ活動により、ピップスの方は活動休止状態のようだ。

アルバム「オール・アワ・ラヴ」(All Our Love)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F247%2F336247%5F1%5F18%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「エンドレス・サマー・ナイト」リチャード・マークス
(Endless Summer Nights / Richard Marx)

>デビュー以来、快調にトップ3ヒットをロックで放ち続けている彼による、ミディアム・テンポなバラード・ナンバー。最高位2位と、惜しくも必殺のバラードとはいかなかったが、このような作品もイケるという実力を全米に大きくアピール出来たのは大きかったであろう。その仕上げは、次のシングルで証明される事となる。

アルバム「リチャード・マークス」(Richard Marx)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F038%2F265038%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv10207
音楽チャート1988年1月チャートTB : 0CM : 0
1988年2月6日付(これがニュー・ジャック・スウィングだ!キース・スウェット)HOME1988年1月23日付(微妙な歌声、リック・アストリー)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/310-c78df3e3



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。