ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1985年6月01日付 ]
2005-07-01(Fri) 15:36:20
01/01「恋のかけひき」ワム
02/03「ルール・ザ・ワールド」ティアーズ・フォー・フィアーズ
03/04「アクセル・フォリーのテーマ」ハロルド・フォルターメイヤー
04/02「ドント・ユー」シンプル・マインズ
05/08「サドゥンリー」ビリー・オーシャン
06/05「スムース・オペレイター」シャーデー
07/12「ヘヴン」ブライアン・アダムス
08/10「オンリー・ゲット・ベター」ハワード・ジョーンズ
09/13「イン・マイ・ハウス」メリー・ジェーン・ガールズ
10/11「フレッシュ」クール&ザ・ギャング

11/17「ウォーキング・オン・サンシャイン」カトリーナ&ザ・ウェイヴス
12/15「ジャスト・ア・ジゴロ~ノーバディ」デヴィッド・リー・ロス
13/06「クレイジー・フォー・ユー」マドンナ
14/19「エンジェル」マドンナ
15/07「ワン・ナイト・イン・バンコック」マレー・ヘッド
16/09「サム・ライク・イット・ホット」パワー・ステイション
17/24「ススーディオ」フィル・コリンズ
18/23「スマグラーズ・ブルース」グレン・フライ
19/20「ワン・ロンリー・ナイト」REOスピードワゴン
20/26「ネヴァー・エンディング・ストーリーのテーマ」リマール

21/22「偽りの愛」ジュリアン・レノン
22/27「ザ・サーチ・イズ・オーヴァー」サヴァイヴァー
23/16「リズム・オブ・ザ・ナイト」デバージ
24/14「ウィ・アー・ザ・ワールド」U.S.A.フォー・アフリカ
25/30「ラズベリー・ベレー」プリンス&ザ・レヴォリューション
26/31「ビリーヴ・ミー」ユーリズミックス
27/36「007/美しき獲物たち」デュランデュラン
28/34「愛のVoises」ティル・チューズディ
29/18「ドント・カム・アラウンド」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
30/21「ニュー・アティチュード」パティ・ラベル

31/32「どどかぬ愛」アリソン・モイエ
32/29「君のシルエット」ルーサー・ヴァンドロス
33/25「オブセッション」アニモーション
34/44「そよ風の贈り物」ホイットニー・ヒューストン
35/41「傷だらけのヒーロー」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
36/42「グーニーズはグッド・イナフ」シンディ・ローパー
37/38「ショウ・サム・リスペクト」ティナ・ターナー
38/40「ラッキー・イン・ラヴ」ミック・ジャガー
39/45「エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」ポール・ヤング
40/46「クレイジー・イン・ザ・ナイト」キム・カーンズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「そよ風の贈り物」ホイットニー・ヒューストン
(You Give Good Love / Whitney Houston)

>63年ニュージャージー出身の歌姫。
母親は、ゴスペル・シンガーのシシー・ヒューストン、オマケに叔母が
ディオンヌ・ワーウィックというある意味サラブレッドの血筋なのか?
テディ・ペンダーグラス、ジャーメイン・ジャクソンらのデュエットを経て
ここにめでたくソロ・デビューを果たす。
爽やかさに満ちたミディアム・スローなまったりナンバー。
最高位3位。
自慢の(?)歌唱力を惜しげも無く前面に押し出したシングルがこの後
デビュー・アルバム「そよ風~」(Whitney Houston)からカットされ続け、
その名を世界に響かせる事になる。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002VCQ001001/

☆「傷だらけのヒーロー」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
(Tough All Over / John Cafferty/Beaver Brown Band)

>リトル“スプリングスティーン”ことジョン・キャファティのヴォーカルが、
アルバム「傷だらけ~」(Tough All Over)からの1stシングルでも冴え渡る!
でも全盛期だったボスと同時期に活躍したのは逆に比較され、
正当な評価を受けられなかったのはマイナスだったかもしれない。
イカしたロックが最高位22位をマーク。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000I9OM001002/

☆「グーニーズはグッド・イナフ」シンディ・ローパー
(The Goonies 'R' Good Enough / Cyndi Lauper)

>映画「グーニーズ」の主題歌。
陽気でアップテンポなナンバーは、彼女のキャラクターにとてもマッチし、
非常によろしいですな。(^^)
最高位10位。
蛇足だが、ファミコン・ゲーム「グーニーズ」でもBGMに使用されていたのだが、
クソ難しいユーザーを無視したようなこのゲーをイラつく事なく
プレイ出来たのはこの曲のおかげなのであろか?
もっとも、ゲーム自体は途中で投げたが・・・。(^^;

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00008PX8X001014/

☆「エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」ポール・ヤング
(Everytime You Go Away / Paul Young)

>元々はホール&オーツのアルバム「モダン・ヴォイス(Voices)に
収められていたシングル化もされていなかった作品なのだが、
ポール・ヤングはそれに目をつけていたらしくシングル曲として仕上げ、
見事にチャートのトップを奪い取る(1週)!
ソウルフルな元曲のイメージを損なうことなく生まれ変わったこの作品に
対してダリル・ホールもベタ誉めである。
ただ問題なのは、アルバム「シークレット・オブ・アソシエイション」
(Secret Of Association)にこのじっくりと聴かせる名曲は、
ハードな次シングル「プレイ・ハウス・ダウン」と間を置かずに
収録されているのがなんとも・・・。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000009CYY001002/

☆「クレイジー・イン・ザ・ナイト」キム・カーンズ
(Crazy In The Night(Barking At Airplanes) / Kim Carnes)

>81年「ベティ・デイヴィズの瞳」の大ヒット以降、ジリ貧の道を
歩んでいた彼女だが、久しぶりに自身をアピールするような作品を発表。
ややハードなアップテンポ・ナンバーが最高位15位と好記録をマーク。
この後、あのハスキーボイスをチャートで頻繁に聞かせてくれるかと思いきや、
これが最後のトップ40ヒットとなってしまった。
アルバム「夜空のランデブー」(Barking At Airplanes)よりカット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00001IVN4001008/
1985年6月チャートTB : 0CM : 0
1985年2月2日付HOME

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/3-7481f71f



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。