ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1987年11月28日付(古の名曲をライヴで復刻?エルトン・ジョン) ]
2007-11-24(Sat) 09:50:26
01/02「タイム・オブ・マイ・ライフ」ビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズ
02/03「ヘヴン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」ベリンダ・カーライル
03/01「モニー・モニー」ビリー・アイドル
04/07「シュッドヴ・ノウン・ベター」リチャード・マークス
05/10「フェイス」ジョージ・マイケル
06/05「ブリリアント・ディスガイズ」ブルース・スプリングスティーン
07/04「ふたりの世界」ティファニー
08/11「ウィル・ビー・トゥゲザー」スティング
09/09「夢のうつろひ」カッティング・クルー
10/14「シェイク・ユア・ラヴ」デビー・ギブソン

11/16「イズ・ディス・ラヴ」ホワイトスネイク
12/12「ワン・アイ・ラヴ」R.E.M.
13/06「ブレイクアウト」スウィング・アウト・シスター
14/17「ドント・ユー・ウォント・ミー」ジョディ・ワトリー
15/13「アイ・ウォント・フォアゲット・ユー」ポイズン
16/19「やさしくエモーション」ホイットニー・ヒューストン
17/21「キャッチ・ミー」プリティ・ポイズン
18/18「アワーグラス」スクィーズ
19/26「セット・オン・ユー」ジョージ・ハリスン
20/23「青空のヴァレリー'87」スティーヴ・ウインウッド

21/22「スケルトンズ」スティーヴィ・ワンダー
22/27「デュード」エアロスミス
23/08「リトル・ライズ」フリートウッド・マック
24/29「アイ・ドゥ・ユー」ジェッツ
25/30「この胸にときめきを」マイケル・ボルトン
26/33「テル・イット・トゥ・マイ・ハート」テイラー・デイン
27/34「チェリー・ボム」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
28/15「哀しみの天使」ペット・ショップ・ボーイズ
29/38「ニード・ユー・トゥナイト」インエクセス
30/31「ラヴ・ウィル・ファインド・ア・ウェイ」イエス

31/36「アニマル」デフ・レパード
32/20「コモーション」マドンナ
33/42「キャンドル・イン・ザ・ウインド」エルトン・ジョン
34/43「あなたのスウィート・ガール」ハート
35/44「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」マイケル・ジャクソン
36/25「カモン・レッツ・ゴー」ロス・ロボス
37/24「バッド」マイケル・ジャクソン
38/32「レット・ミー・ビー・ザ・ワン」エクスポゼ
39/28「約束の地」U2
40/45「パワー・オブ・ラヴ」ローラ・ブラニガン


【ニューエントリーこめんと】

☆「キャンドル・イン・ザ・ウインド」エルトン・ジョン
(Candle In The Wind / Elton John)

>元々は73年のアルバム「黄昏のレンガ路」(Goodbye Yellow Brick Road)に収録されていた曲。邦題が「風の中の火のように」(孤独な歌手、ノーマ・ジーン)とあるように、女優マリリン・モンローに捧げたバラード・ナンバー。今回、オーストラリアでのライヴ・バージョンをシングル・カット、古さを感じさせないその楽曲の出来ばえに、最高位も6位と高位置をマーク。
しかし、これから10年後に、歌詞内容を新たに書き換えられたバージョンで、ギネス級の大ヒット曲として歴史に刻まれる事になろうとは、ダレが想像出来たであろうか・・・。

アルバム「エルトン・スーパー・ライヴ」(Live In Australia With The Melbourne Symphony Orch.)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F289%2F114289%5F1%5F11%2Easx%3Fobj%3Dv70125

☆「あなたのスウィート・ガール」ハート
(There's The Girl / Heart)

>アルバムから複数のシングルをヒットさせるヒット・メーカーに成長したのは良いことかもしれないが、なんかこのあたりまで来るともう飽きちゃった・・・ってな気が起きてしまうのはワタシだけでしょうか?最高位12位ってコトは、全米でもそろそろ・・・なのか!?

アルバム「バッド・アニマルズ」(Bad Animals)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F989%2F376989%5F1%5F08%2Easx%3Fobj%3Dv61011

☆「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」マイケル・ジャクソン
(The Way You Make Me Feel / Michael Jackson)

>ポップなダンス・ナンバーもいいのだが、このようなファンキーなR&Bは、なかなか聴き応えがあっていいものである。わずか1週のみの1位でもね。

アルバム「BAD」(Bad)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F546%2F403546%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv11115

☆「パワー・オブ・ラヴ」ローラ・ブラニガン
(Power Of Love / Laura Branigan)

>85年に先鋒のエア・サプライが最高位68位、86年に次鋒の“本家”ジェニファー・ラッシュが最高位57位と撃沈するなか、中堅(?)の彼女によって最高位26位とようやくトップ40ヒットにまで発育した壮大なるバラード。04年に47歳という若さで病死した彼女の、ラスト・トップ40ヒットでもある。
なお、究極的な大ヒット曲へと最終進化したのは、94年の副将(?)セリーヌ・ディオンによるバージョンなり。

アルバム「タッチ」(Touch)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F000%2F189000%5F1%5F05%2Easx%3Fobj%3Dv31027
音楽チャート1987年11月チャートTB : 0CM : 2
1987年12月5日付(全米上陸、ニュー・オーダー)HOME1987年11月21日付(なんと全米制覇!インエクセス)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。