ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1979年9月15日付(その勢いは衰えず!ドナ・サマー) ]
2007-11-06(Tue) 19:33:54
01/01「マイ・シャローナ」ナック
02/03「アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン」アース・ウインド&ファイア
03/05「悪魔はジョージアへ」チャーリー・ダニエルズ・バンド
04/04「ドント・ブリング・ミー・ダウン」エレクトリック・ライト・オーケストラ
05/06「リード・ミー・オン」マキシン・ナイチンゲール
06/07「サッド・アイズ」ロバート・ジョン
07/10「ロンサム・ルーザー」リトル・リバー・バンド
08/09「涙の別れ道」ディオンヌ・ワーウィック
09/02「グッド・タイムス」シック
10/12「セイル・オン」コモドアーズ

11/08「メーン・イヴェント~ファイト」バーブラ・ストライサンド
12/16「ライズ」ハーブ・アルパート
13/11「キャント・バイ・ユー・ラヴ」エルトン・ジョン
14/14「レッツ・ゴー」カーズ
15/15「グッバイ・ストレンジャー」スーパートランプ
16/17「貴方に首ったけ」ボニー・ポインター
17/19「想い出のサマー・ナイト」ロバート・パーマー
18/20「ドライヴァーズ・シート」スニッフ&ザ・ティアーズ
19/26「ポップ・ミューヂック」M
20/23「ボーン・トゥ・ビー・アライヴ」パトリック・ヘルナンデス

21/24「恋するふたり」ニック・ロウ
22/22「アイ・ドゥ・ラヴ・ユー」G.Q.
23/25「見知らぬ世界」モーリーン・マクガヴァン
24/18「ホット・サマー・ナイト」ナイト
25/28「ザ・ボス」ダイアナ・ロス
26/29「ラヴィン・タッチン・スクウィージン」ジャーニー
27/31「ホワット・チャ・ゴナ・ドゥ・ウィズ・マイ・ラヴィン」ステファニー・ミルズ
28/32「今夜はドント・ストップ」マイケル・ジャクソン
29/13「サスピションズ」エディ・ラビット
30/39「スプーキー」アトランタ・リズム・セクション

31/21「バッド・ガール」ドナ・サマー
32/36「ゲット・イット・ライト」ジェリー・ラファティ
33/27「素敵な娘に出会ったら」ドクター・フック
34/33「モーニング・ダンス」スパイロ・ジャイラ
35/35「サタディ・ナイト」ハーマン・ブラッド&ヒズ・ワイルド・ロマンス
36/40「ホェア・ウェア・ユー・ホェン・アイ・ワズ・フォーリング・イン・ラヴ」ロボ
37/44「ディペンディン・オン・ユー」ドゥービー・ブラザーズ
38/42「エイント・ザット・ア・シェイム」チープ・トリック
39/46「ディム・オール・ザ・ライツ」ドナ・サマー
40/30「オー・ウェル」ロケッツ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ディペンディン・オン・ユー」ドゥービー・ブラザーズ
(Dependin' On You / The Doobie Brothers)

>基本的ドゥービー風(?)ロックってな感じのナンバー。
最高位25位。

アルバム「ミニット・バイ・ミニット」(Minute By Minute)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F976%2F97976%5F1%5F04%2Easx%3Fobj%3Dv31201

☆「エイント・ザット・ア・シェイム」チープ・トリック
(Ain't That A Shame / Cheap Trick)

>ファッツ・ドミノによる1955年のヒット曲をカバー。
当時、湯川さんは「“甘い罠”(I Want You To Want Me)が好きではなかった
男性ファンも、この曲なら」なんて言ってましたが、ワタシはどちらも好きですよ。
ライヴ・バージョンでも引き立つ作品として、最高位35位を記録。

ライヴ・アルバム「チープ・トリック at 武道館」(At Budokan)より。

ttp://www.amazon.com/gp/music/wma-pop-up/B0000062FR002007/ref=mu_sam_wma_002_007/102-9082710-5341712

☆「ディム・オール・ザ・ライツ」ドナ・サマー
(Dim All The Lights / Donna Summer)

>記録的なヒットを残した前シングル2作品と比較すると、どうしても地味な印象を
受けてしまいがちだが、聞き込むほど味が増してくるミディアム調ダンス・ナンバー。
なんだかんだで最高位2位まで上昇し、ミリオン・セラーまでマークしていれば、
もう立派すぎるほどのヒット曲ですよ。

アルバム「華麗なる誘惑」(Bad Girls)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F172%2F475172%5F1%5F07%2Easx%3Fobj%3Dv60603
音楽チャート1979年9月チャートTB : 0CM : 0
1987年11月14日付(お久しぶりぶりの、エアロ&ジョージ!)HOME1987年11月7日付(オレの美声に溺れろ!マイケル・ボルトン)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/295-d7ee3171



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。