ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1987年10月10日付(羽ばたきの時来たれり!ベリンダ・カーライル) ]
2007-10-06(Sat) 08:46:47
01/02「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」ホワイトスネイク
02/03「ロスト・イン・エモーション」リサ・リサ&カルト・ジャム
03/05「キャリー」ヨーロッパ
04/04「アイ・ハード・ア・ルーマー」バナナラマ
05/06「ユー・ガット・ザ・ルック」プリンス
06/01「恋のアドバイス」ホイットニー・ヒューストン
07/07「フー・ウィル・ユー・ラン・トゥ」ハート
08/16「バッド」マイケル・ジャクソン
09/09「ペーパー・イン・ファイア」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
10/11「カサノヴァ」レヴァート

11/14「コモーション」マドンナ
12/15「レット・ミー・ビー・ザ・ワン」エクスポゼ
13/13「ジャンプ・スタート」ナタリー・コール
14/10「ワン・ハートビート」スモーキー・ロビンソン
15/21「ふたりの世界」ティファニー
16/19「リトル・ライズ」フリートウッド・マック
17/24「モニー・モニー」ビリー・アイドル
18/26「ブレイクアウト」スウィング・アウト・シスター
19/23「ユー・アー・ザ・ガール」カーズ
20/08「ホェン・スモーキー・シングス」ABC

21/30「哀しみの天使」ペット・ショップ・ボーイズ
22/29「涙のドリーム」REOスピードワゴン
23/12「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」マイケル・ジャクソンwithサイーダ・ギャレット
24/35「約束の地」U2
25/20「ラ・バンバ」ロス・ロボス
26/18「ワイプアウト」ファット・ボーイズ&ビーチ・ボーイズ
27/17「タッチ・オブ・グレイ」グレイトフル・デッド
28/36「ウェイト・フォー・ラヴ」ケニーG
29/34「サムシング・リアル」Mr.ミスター
30/40「ブリリアント・ディスガイズ」ブルース・スプリングスティーン

31/22「とまどい」ダン・ヒル
32/27「フェイク」アレキサンダー・オニール
33/32「ヴィクティム・オブ・ラヴ」ブライアン・アダムス
34/38「夢のうつろひ」カッティング・クルー
35/54「タイム・オブ・マイ・ライフ」ビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズ
36/42「ホリディ」アザー・ワンズ
37/31「オンリー・イン・マイ・ドリームス」デビー・ギブソン
38/25「すべてを君に」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
39/43「ノトーリアス」ラヴァーボーイ
40/56「ヘヴン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」ベリンダ・カーライル


【ニューエントリーこめんと】

☆「タイム・オブ・マイ・ライフ」ビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズ
((I've Had) The Time Of My Life / Bill Medley & Jennifer Warnes)

>1940年カリフォルニア州ロサンゼルス出身の、元ライチャス・ブラザーズの
メンバーでありシンガー・ソングライターであるビル・メドレーと、
男性シンガーとのデュエットにおいてその存在感を120%発揮する
女性シンガー・ソングライター、ジェニファー・ウォーンズとのコラボ。
ポップな男女デュエット・ソングが、82年の「愛と青春の旅立ち」(Up Where We Belong)
以来、ジェニファーにとって2曲目の栄冠に輝くこととなる(1週)。
それにしても、この曲を収録したサントラ盤の異常とも呼べるような売り上げと
チャート・イン週数は、いったいナンなんだ!?

サントラ「ダーティ・ダンシング」(Dirty Dancing)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F336%2F97336%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv31020

☆「ホリディ」アザー・ワンズ
(Holiday / The Other Ones)

>発祥の地や年は不明なのだが、オーストラリア人とドイツ人とによる混成バンド。
活動拠点はベルリンらしいからドイツのバンドと言っていいのであろうか?(困った)
俗に言う“一発屋”なのだが、その風変わりなバンド・メンバー同様、
この作品も風変わりなレトロチック風ポップ・ナンバーで、その存在感を
大きくアピール。
最高位29位とはいえ、CMでも使用されたため日本でも認知度は高いであろうかな。

アルバム「ホリディ」(The Other Ones)より。

ttp://mysound.jp/music/detail/tA5RD/

☆「ノトーリアス」ラヴァーボーイ
(Notorious / Loverboy)

>80年代初期からあれほどカッコいいロック・ナンバーを、多数提供してくれた
彼らによるラスト・トップ40ヒットがコレとは・・・。
当時は多少なりともショックを受けたものである。
最高位38位。
なお、デュラン・デュランの作品とは同名異曲。
正直、作品としてはどっちもどっちだが、デュランの方は最高位2位を
記録しているのでまだ威張れるか?(ゴメン)

アルバム「ワイルドサイド」(Wildside)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F217%2F167217%5F1%5F08%2Easx%3Fobj%3Dv31014

☆「ヘヴン・イズ・ア・プレイス・オン・アース」ベリンダ・カーライル
(Heaven Is A Place On Earth / Belinda Carlisle)

>元ゴー・ゴーズのボーカリストというレッテルから完全に脱却し、
一人の女性ボーカリストとして羽ばたいた瞬間でありましょう。
美しいその楽曲の完成度も非常に高く、長年のリスニングにも
十分耐えられるあろう傑作である。
最高位はもちろんNo.1(1週)だ!

アルバム「ヘヴン・オン・アース」(Heaven On Earth)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Feuwm2%2F991%2F1075991%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv20918
音楽チャート1987年10月チャートTB : 0CM : 0
1987年10月17日付(表舞台へ颯爽とデビュー!R.E.M.)HOME1987年10月3日付(クール・ダウンに成功?ブルース・スプリングスティーン)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/290-dc5575d2



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。