ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1987年8月29日付(音楽の方向性が決まった?ジョン・クーガー・メレンキャンプ) ]
2007-08-25(Sat) 19:36:33
01/02「ラ・バンバ」ロス・ロボス
02/01「フーズ・ザット・ガール」マドンナ
03/04「ドント・ミーン・ナッシング」リチャード・マークス
04/03「ルカ」スザンヌ・ヴェガ
05/07「オンリー・イン・マイ・ドリームス」デビー・ギブソン
06/10「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」マイケル・ジャクソンwithサイーダ・ギャレット
07/08「ロック・ステディ」ウィスパーズ
08/16「恋のアドバイス」ホイットニー・ヒューストン
09/11「イッツ・ノット・オーヴァー」スターシップ
10/12「とまどい」ダン・ヒル

11/06「終わりなき旅」U2
12/13「ラヴ・パワー」ディオンヌ・ワーウィック&ジェフリー・オズボーン
13/05「アイ・ウォント・ユア・セックス」ジョージ・マイケル
14/19「すべてを君に」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
15/20「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン」ホワイトスネイク
16/18「ホェン・スモーキー・シングス」ABC
17/17「リヴィング・イン・ア・ボックス」リヴィング・イン・ア・ボックス
18/09「ハート・アンド・ソウル」トゥ・パオ
19/25「タッチ・オブ・グレイ」グレイトフル・デッド
20/23「ワイプアウト」ファット・ボーイズ&ビーチ・ボーイズ

21/26「アイ・ハード・ア・ルーマー」バナナラマ
22/15「バック・イン・ザ・ハイ・ライフ・アゲイン」スティーヴ・ウインウッド
23/24「ギヴ・トゥ・リヴ」サミー・ヘイガー
24/31「アイ・ニード・ラヴ」L.L.クールJ
25/33「フー・ファウンド・フー」ジェリービーン・フィーチャリング・エリサ・フィオリロ
26/28「マリーズ・プレイヤー」ダニー・ウィルソン
27/30「ライズ」ジョナサン・バトラー
28/14「クロス・マイ・ブロークン・ハート」ジェッツ
29/36「ワン・ハートビート」スモーキー・ロビンソン
30/37「ロスト・イン・エモーション」リサ・リサ&カルト・ジャム

31/38「キャリー」ヨーロッパ
32/35「ジャム・トゥナイト」フレディ・ジャクソン
33/40「ジャンプ・スタート」ナタリー・コール
34/22「シェイクダウン」ボブ・シーガー
35/43「ユー・ガット・ザ・ルック」プリンス
36/21「リズムでゲット・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
37/45「ペーパー・イン・ファイア」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
38/46「フー・ウィル・ユー・ラン・トゥ」ハート
39/44「雨の中で抱きしめて」ハーブ・アルパート
40/29「アローン」ハート


【ニューエントリーこめんと】

☆「ユー・ガット・ザ・ルック」プリンス
(U Got The Look / Prince)

>当時、蜜月状態だったシーナ・イーストを姫君に迎え、ファンキーなリズムにのせて
デュエットする殿下。
でも、個人的には最高位2位まで上昇するほどの作品とは
思えないのですが・・・。(スミマセン)

アルバム「サイン・オブ・ザ・タイムス」(Sign "O" The Times)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F010%2F426010%5F1%5F11%2Easx%3Fobj%3Dv31006

☆「ペーパー・イン・ファイア」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
(Paper In Fire / John Cougar Mellencamp)

>ベスト・セラーを記録した前アルバム「スケアクロウ」(Scarecrow)同様、
カントリー・フレーバーなロックが継承されたヒット・ナンバー。
最高位9位。
でも、日本では受けないのよね、このようなサウンドは・・・。

アルバム「ロンサム・ジュビリー」(The Lonesome Jubilee)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F775%2F266775%5F1%5F11%2Easx%3Fobj%3Dv30415

☆「フー・ウィル・ユー・ラン・トゥ」ハート
(Who Will You Run To / Heart)

>力強いウィルソン姉妹のボーカルが映える、ヒットのツボを心得たような
ポップ・ロック。
最高位7位。
上記のジョン・クーガーと、ほぼセット状態になりつつチャートを
上昇していったのが記憶に刻まれております。

アルバム「バッド・アニマルズ」(Bad Animals)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F989%2F376989%5F1%5F07%2Easx%3Fobj%3Dv61011

☆「雨の中で抱きしめて」ハーブ・アルパート
(Making Love In The Rain / Herb Alpert)

>前シングル同様ジャネット・ジャクソンがボーカルを担当している、
やや地味なバラード・ナンバー。
最高位35位と、ちと低迷。

アルバム「キープ・ユア・アイ・オン・ミー」(Keep Your Eye On Me)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F259%2F408259%5F1%5F20%2Easx%3Fobj%3Dv70110
音楽チャート1987年8月チャートTB : 0CM : 0
1987年9月5日付(オージェイズの血を引く?レヴァート)HOME1987年8月22日付(ベテラン健在!ナタリー・コール)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/282-820d78bf



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。