ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1987年8月1日付(ソロ名義でも大活躍!サミー・ヘイガー) ]
2007-07-28(Sat) 21:34:37
01/02「シェイクダウン」ボブ・シーガー
02/03「終わりなき旅」U2
03/01「アローン」ハート
04/05「アイ・ウォント・ユア・セックス」ジョージ・マイケル
05/06「リズムでゲット・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
06/08「ハート・アンド・ソウル」トゥ・パオ
07/14「クロス・マイ・ブロークン・ハート」ジェッツ
08/15「ルカ」スザンヌ・ヴェガ
09/04「すてきなSomebody」ホイットニー・ヒューストン
10/16「ウォッツ・イット・トゥ・ヤ」ロビー・ネヴィル

11/26「フーズ・ザット・ガール」マドンナ
12/13「キス・ヒム・グッドバイ」ナイロンズ
13/12「ガールズ・ガールズ・ガールズ」モトリー・クルー
14/17「愛の法則」ジャネット・ジャクソン
15/21「オンリー・イン・マイ・ドリームス」デビー・ギブソン
16/22「ドント・ミーン・ナッシング」リチャード・マークス
17/23「ロック・ステディ」ウィスパーズ
18/10「ポイント・オブ・ノー・リターン」エクスポゼ
19/18「セイ・イエス」クライマックス
20/07「サムシング・ソゥ・ストロング」クラウデッド・ハウス

21/24「バック・イン・ザ・ハイ・ライフ・アゲイン」スティーヴ・ウインウッド
22/09「ドント・ディスターブ・ディス・グルーヴ」システム
23/11「ファンキータウン」スード・エコー
24/30「ラ・バンバ」ロス・ロボス
25/20「ハッピー」サーフィス
26/27「セヴン・ワンダーズ」フリートウッド・マック
27/32「イッツ・ノット・オーヴァー」スターシップ
28/29「ハーツ・オン・ファイア」ブライアン・アダムス
29/25「ムーンライティング」アル・ジャロウ
30/19「ソングバード」ケニーG

31/40「ラヴ・パワー」ディオンヌ・ワーウィック&ジェフリー・オズボーン
32/35「リヴィング・イン・ア・ボックス」リヴィング・イン・ア・ボックス
33/34「とまどい」ダン・ヒル
34/41「ギヴ・トゥ・リヴ」サミー・ヘイガー
35/45「すべてを君に」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
36/39「遥かなる想い」アウトフィールド
37/36「ヒプノタイズ・ミー」ワン・チャン
38/31「ヘッド・トゥ・トウ」リサ・リサ&カルト・ジャム
39/46「ホェン・スモーキー・シングス」ABC
40/44「マリーズ・プレイヤー」ダニー・ウィルソン


【ニューエントリーこめんと】

☆「ギヴ・トゥ・リヴ」サミー・ヘイガー
(Give To Live / Sammy Hagar)

>ソロとヴァン・ヘイレンのリード・ボーカリストとして二足わらじ状態の彼だが、
3年ぶりのトップ40となる本作はややポップ路線を抑え気味にし、
ハードさを前面に押し出したような意欲作。
ヴァン・ヘイレンのライヴで演奏しても、違和感を感じさせないよう配慮したような
この作品の最高位は23位。
プロデューサーに、エディ・ヴァン・ヘイレンが名を連ねている。

アルバム「ヘイガー・U.S.A.」(Sammy Hagar)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F361%2F527361%5F1%5F15%2Easx%3Fobj%3Dv40830

☆「すべてを君に」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
(Doing It All For My Baby / Huey Lewis & The News)

>アルバムからは5曲目のトップ40ヒットなれど、そのクォリティの高さは
失われていないミディアム・テンポなヒューイ節。
最高位6位。

アルバム「FORE!」(Fore!)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F345%2F977345%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv70403

☆「ホェン・スモーキー・シングス」ABC
(When Smokey Sings / ABC)

>モータウンの重鎮であるスモーキー・ロビンソンに捧げられた曲。
最高位5位と、彼らにとって最大級のヒット曲に成長。
しかしアメリカン・チャートとはこの作品を最後に姿を消してしまうのだが、正直ここまで
長期に渡り彼らの楽曲がトップ40で楽しめるとは思いませんでした。(スミマセン)
全米ではトップ40ヒットがわずか5曲だったとはいえ、そのどれもが完成度の
高い作品だった事をここに記しておこう。

アルバム「アルファベット・シティ」(Alphabet City)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F837%2F376837%5F1%5F09%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「マリーズ・プレイヤー」ダニー・ウィルソン
(Mary's Prayer / Danny Wilson)

>1984年イギリス・スコットランドにて“スペンサー・トレイシー”名義で結成。
その後、52年製作のフランク・シナトラ主演映画"Meet Danny Wilson"から
グループ名を得た、クラーク兄弟とその友人からなる3人編成ポップ・グループ。
美しいアコースティック調の楽曲による一発ヒット。
最高位は23位。

アルバム「ミート・ダニー・ウィルソン」(Danny Wilson)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Feuwm2%2F395%2F1077395%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv21029
音楽チャート1987年8月チャートTB : 0CM : 0
1987年8月8日付(全米制覇!ホワイトスネイク)HOME1987年7月25日付(実にお久しぶり!ダン・ヒル)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/278-e50fa1d3



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。