ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1987年6月13日付(夏到来!グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシン) ]
2007-06-09(Sat) 11:46:58
01/02「オールウェイズ」アトランティック・スター
02/01「キープ・ミー・ハンギング・オン」キム・ワイルド
03/03「ヘッド・トゥ・トウ」リサ・リサ&カルト・ジャム
04/06「イン・トゥー・ディープ」ジェネシス
05/10「すてきなSomebody」ホイットニー・ヒューストン
06/04「レイディ・イン・レッド」クリス・デ・バー
07/07「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」ボン・ジョヴィ
08/09「ダイアモンズ」ハーブ・アルパート
09/05「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」U2
10/13「ジャスト・トゥ・シー・ハー」スモーキー・ロビンソン

11/15「心の夜明け」ケニー・ロギンス
12/20「アローン」ハート
13/17「ソングバード」ケニーG
14/21「レッスンズ・イン・ラヴ」レヴェル42
15/12「変わらぬ想い」グレン・メディロス
16/23「ドント・ディスターブ・ディス・グルーヴ」システム
17/11「ライト・オン・トラック」ブレックファスト・クラブ
18/08「ビッグ・ラヴ」フリートウッド・マック
19/31「シェイクダウン」ボブ・シーガー
20/26「ジャミン・ミー」トム・ペティ&ハートブレイカーズ

21/24「ファッシネイテッド」カンパニーB
22/29「ポイント・オブ・ノー・リターン」エクスポゼ
23/30「サムシング・ソゥ・ストロング」クラウデッド・ハウス
24/19「フェイスフル」シカゴ
25/14「アイ・ノゥ・ホワット・アイ・ライク」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
26/33「エヴリ・リトル・キッス」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
27/18「ルッキング・フォー・ア・ニュー・ラヴ」ジョディ・ワトリー
28/36「ファンキータウン」スード・エコー
29/16「ヒート・オブ・ザ・ナイト」ブライアン・アダムス
30/34「エンドレス・ナイツ」エディ・マネー

31/35「スウィート・シックスティーン」ビリー・アイドル
32/22「愛に抱かれた夜」カッティング・クルー
33/37「スティル・ビー・ラヴィング・ユー」レストレス・ハート
34/40「ハート・アンド・ソウル」トゥ・パオ
35/46「ガールズ・ガールズ・ガールズ」モトリー・クルー
36/39「ソウル・シティ」パートランド・ブラザーズ
37/38「ロック・ザ・ナイト」ヨーロッパ
38/25「ラ・イスラ・ボニータ」マドンナ
39/45「キス・ヒム・グッドバイ」ナイロンズ
40/47「リズムでゲット・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン


【ニューエントリーこめんと】

☆「ガールズ・ガールズ・ガールズ」モトリー・クルー
(Girls , Girls , Girls / Motley Crue)

>ヒット当時から疑問に感じていたのだが、最高位12位まで...いや、
トップ40入りするほどシングルとしての完成度かなぁ?
彼ららしいロックといえばロックなのだが。

アルバム「ガールズ・ガールズ・ガールズ」(Girls , Girls , Girls)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F526%2F127526%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv70130

☆「キス・ヒム・グッドバイ」ナイロンズ
(Kiss Him Goodbye / The Nylons)

>1979年カナダ・トロントにて結成されたアカペラをウリとしたグループ。
その実体は、敏腕プロデューサーであるポール・レカが作り上げた架空のバンドである。
69年スチームの大ヒット・ナンバーをアカペラ風にてカバーし、
最高位12位にまで浮上。
なお、正式な原題は"Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye"。

アルバム「ハッピー・トゥゲザー」(Happy Together)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F574%2F130574%5F1%5F10%2Easx%3Fobj%3Dv30701

☆「リズムでゲット・ユー」グロリア・エステファン&マイアミ・サウンド・マシーン
(Rhythm Is Gonna Get You / Gloria Estefan And Miami Sound Machine)

>またもやムシ暑そうなトロピカルなリズムを、更に長尺となり暑苦しさを
増したバンド名とともに梅雨入りの日本にまで届けてくれるのか!?
とばかりにありがた迷惑っぽく受け取ったのだが、今回の新作は意外と
カラッとしていて非常に聴き易い出来ばえ。
最高位5位にも十分うなづける内容で、夏を前に夏バテする恐怖は
回避できたのであった。(スミマセン)

アルバム「レット・イット・ルース」(Let It Loose)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F443%2F100443%5F1%5F05%2Easx%3Fobj%3Dv30520

★圏外90位★

☆「アイ・ウォント・アクション」ポイズン
(I Want Action / Poison)

>パンチの効いたドラムに、元気のいいボーカルとリズム♪
最高位50位止まりとはいえ、アルバム購入意欲が大いに増してきていたのは
たしかである。

アルバム「ポイズン・ダメージ」(Look What The Cat Dragged In)より。
音楽チャート1987年6月チャートTB : 0CM : 0
1987年6月20日付(ソロ名義にて始動!ジョージ・マイケル)HOME1987年6月6日付(カバーで全米デビュー、スード・エコー)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/270-3c1c771f



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。