ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1987年5月30日付(初のNo.1シングル!ボブ・シーガー) ]
2007-05-26(Sat) 10:45:03
01/01「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」U2
02/04「キープ・ミー・ハンギング・オン」キム・ワイルド
03/03「レイディ・イン・レッド」クリス・デ・バー
04/08「オールウェイズ」アトランティック・スター
05/07「ビッグ・ラヴ」フリートウッド・マック
06/15「ヘッド・トゥ・トウ」リサ・リサ&カルト・ジャム
07/11「ライト・オン・トラック」ブレックファスト・クラブ
08/06「ヒート・オブ・ザ・ナイト」ブライアン・アダムス
09/12「アイ・ノゥ・ホワット・アイ・ライク」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
10/14「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」ボン・ジョヴィ

11/16「イン・トゥー・ディープ」ジェネシス
12/02「ルッキング・フォー・ア・ニュー・ラヴ」ジョディ・ワトリー
13/13「変わらぬ想い」グレン・メディロス
14/17「ダイアモンズ」ハーブ・アルパート
15/05「愛に抱かれた夜」カッティング・クルー
16/19「心の夜明け」ケニー・ロギンス
17/18「フェイスフル」シカゴ
18/28「すてきなSomebody」ホイットニー・ヒューストン
19/09「ラ・イスラ・ボニータ」マドンナ
20/22「ジャスト・トゥ・シー・ハー」スモーキー・ロビンソン

21/21「ディ・イン・ディ・アウト」デヴィッド・ボウイ
22/24「ソングバード」ケニーG
23/23「ユー・キャン・コール・ミー・アル」ポール・サイモン
24/10「トーク・ダーティ・トゥ・ミー」ポイズン
25/30「レッスンズ・イン・ラヴ」レヴェル42
26/29「ファッシネイテッド」カンパニーB
27/39「アローン」ハート
28/33「ドント・ディスターブ・ディス・グルーヴ」システム
29/20「セ・ラ」ライオネル・リッチー
30/36「ジャミン・ミー」トム・ペティ&ハートブレイカーズ

31/26「ハートブレイク・ビート」サイケデリック・ファーズ
32/45「ポイント・オブ・ノー・リターン」エクスポゼ
33/42「サムシング・ソゥ・ストロング」クラウデッド・ハウス
34/25「ドント・ドリーム・イッツ・オーヴァー」クラウデッド・ハウス
35/52「シェイクダウン」ボブ・シーガー
36/47「エヴリ・リトル・キッス」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
37/43「スウィート・シックスティーン」ビリー・アイドル
38/41「エンドレス・ナイツ」エディ・マネー
39/31「ファイナー・シングス」スティーヴ・ウインウッド
40/46「スティル・ビー・ラヴィング・ユー」レストレス・ハート


【ニューエントリーこめんと】

☆「ポイント・オブ・ノー・リターン」エクスポゼ
(Point Of No Return / Expose)

>軽快なテンポのダンス・ナンバーなれど、前シングル同様イマイチ感が強し・・・。
最高位5位にも不信感アリ。

アルバム「エクスポージャー」(Exposure)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F837%2F100837%5F1%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv40927

☆「サムシング・ソゥ・ストロング」クラウデッド・ハウス
(Something So Strong / Crowded House)

>まったりとそして優雅だった前作とは打って変わって、アップ・テンポな
アコースティック調ポップ・ロック。
楽曲の良さは依然保たれており、最高位7位まで上昇。
しかし、これがラスト・トップ40ヒットになってしまったのが残念。

アルバム「クラウデッド・ハウス~ドント・ドリーム・イッツ・オーヴァー」(Crowded House)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F998%2F498998%5F1%5F16%2Easx%3Fobj%3Dv60609

☆「シェイクダウン」ボブ・シーガー
(Shakedown (From "Bevery Hills Cop Ⅱ") / Bob Seger)

>1977年に「ナイト・ムーヴス」(Night Moves)の初トップ40入り以来、
アメリカン・ロッカーの代表者の一人として10年間努力し続けてきた彼に、
初の全米の頂点に立つ作品が完成!
スピード感にあふれたオヤジ・ロックが、念願の記録を樹立(1週)。
日本では徹底的に無視され続けた彼の楽曲だが、ここは代表して
記念の拍手を送りたい♪

サントラ「ビバリー・ヒルズ・コップ2」(Bevery Hills Cop Ⅱ)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F592%2F501592%5F1%5F10%2Easx%3Fobj%3Dv60624

☆「エヴリ・リトル・キッス」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
(Every Little Kiss / Bruce Hornsby & The Range)

>86年8月に、最高位72位を記録した作品の再リリース。
前2作のシングル・ヒットにより、ネーム・バリューもそれなりに浸透したため
その楽曲の良さも認められ、今回は14位まで上昇。
一般的(?)なブルース・ボーンスビー節である。

アルバム「ザ・ウェイ・イット・イズ」(The Way It Is)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F772%2F110772%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「スウィート・シックスティーン」ビリー・アイドル
(Sweet Sixteen / Billy Idol)

>今回のアルバムからのバラード・シングルがこの作品になるのであろうが、
う~ん・・・イマイチかなぁ。
最高位20位。
今回のアルバムからのシングル・カットは、前アルバムからのそれと比較すると、
大きく劣る気がしてなりませんよ。

アルバム「ウイップラッシュ・スマイル」(Whiplash Smile)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F762%2F111762%5F1%5F04%2Easx%3Fobj%3Dv20711

☆「エンドレス・ナイツ」エディ・マネー
(Endless Night / Eddie Money)

>アルバムから2曲目のトップ40ヒットの誕生と、一見好調のように見えるのだが、
これまた前シングル同様ボソボソとした不完全燃焼のような作品。
最高位21位とはいえ、この頃の彼の作品はワタシの記憶に刻む必要の
ないようなシングル・ヒットばかりで、イラつく事この上なし★

アルバム「キャント・ホールド・バック」(Can't Hold Back)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F547%2F905547%5F1%5F10%2Easx%3Fobj%3Dv60718

☆「スティル・ビー・ラヴィング・ユー」レストレス・ハート
(I'll Still Be Loving You / Restless Heart)

>1984年、元々はスタジオ・バンドとして結成されたカントリー・ポップ・バンド。
当時、80'sポップ・ロックやハード・ロックにちと食傷気味なワタシだったのだが、
カントリー・ポップでお耳の休息とばかりに某FM雑誌の売買コーナーで
彼らのアルバムをゲット。
しかし、あまりにまったりしすぎたそのサウンドに眠気が・・・。(スミマセン)
最高位33位と、この当時にしては珍しいカントリー畑からのヒットだったのだが、
93年にポップな良作「ホェン・シー・クライ」(When She Cries)を
11位まで上昇させている。

アルバム「孤独のハイウェイ」(Wheels)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F203%2F277203%5F1%5F05%2Easx%3Fobj%3Dv30415
音楽チャート1987年5月チャートTB : 0CM : 4
1987年6月6日付(カバーで全米デビュー、スード・エコー)HOME1987年5月23日付(絶好調!ハート)

COMMENT

  +
>「ポイント・オブ・ノー・リターン」エクスポゼ
>(Point Of No Return / Expose)

個人的にはCover Girlsに比べ許容範囲(笑)

"Point Of No Return"ですが、不思議なことにこの2年前の1985年4月に2週間Dance/Discoチャートで1位になっています。
この2年の時差はナンなんだろう?
b y 脱走一号 | 2007.05.26(20:33) | URL | [EDIT] |
  +
>脱走一号さん

>>2年前の1985年4月に2週間Dance/Discoチャートで1位

彼女らのデビュー・アルバムの発売は86年ですし、Nu Shoozの"Point Of ~"ではなさそうですし、はてさて・・・?(^^;

総合チャートに顔をみせていないという事は、特殊な12インチ・シングルとして発売でもされていたのでしょうか?謎でありますねぇ★
b y ぶるじん | 2007.05.26(22:15) | URL | [EDIT] |
  +
>彼女らのデビュー・アルバムの発売は86年ですし
>総合チャートに顔をみせていないという事は、特殊な12インチ・シングルとして発売でもされていたのでしょうか?

結成直後に12インチシングルとして、Dance/Discoチャートにエントリーさせたようです。
85年Ver.のレコード№はArista9326、87年のSingle Ver.は9579
です。因みに85年には"Exposed To Love"もDance/Discoチャートで12位まで上昇しています。

これと似たようなパターンではブライアン・アダムスの"Heaven"があります。1984年1月にAlbum Rockチャートで9位まで上昇。1985年6月にHOT100で1位に輝く約1年半前のことでした。
b y 脱走一号 | 2007.05.26(22:47) | URL | [EDIT] |
  +
> 脱走一号さん

>>結成直後に12インチシングルとして、Dance/Discoチャートにエントリー
>>これと似たようなパターンではブライアン・アダムスの"Heaven"

ナルホド、非常に分かり易い解説ありがとうございます。
満を持しての“再”リリースだったようですね。

それにしては変化球的な売り込みですよね☆(^^;
b y ぶるじん | 2007.05.27(21:12) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/268-a05c6b6b



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。