ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1987年5月16日付(美しきインスト・ナンバー、ケニーG) ]
2007-05-12(Sat) 19:31:15
01/03「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」U2
02/02「ルッキング・フォー・ア・ニュー・ラヴ」ジョディ・ワトリー
03/01「愛に抱かれた夜」カッティング・クルー
04/04「ラ・イスラ・ボニータ」マドンナ
05/08「レイディ・イン・レッド」クリス・デ・バー
06/07「ヒート・オブ・ザ・ナイト」ブライアン・アダムス
07/09「ビッグ・ラヴ」フリートウッド・マック
08/14「キープ・ミー・ハンギング・オン」キム・ワイルド
09/11「トーク・ダーティ・トゥ・ミー」ポイズン
10/17「オールウェイズ」アトランティック・スター

11/15「ライト・オン・トラック」ブレックファスト・クラブ
12/18「アイ・ノゥ・ホワット・アイ・ライク」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
13/16「変わらぬ想い」グレン・メディロス
14/22「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」ボン・ジョヴィ
15/05「ドント・ドリーム・イッツ・オーヴァー」クラウデッド・ハウス
16/12「ホワッツ・ゴーイング・オン」シンディ・ローパー
17/06「サイン・オブ・ザ・タイムス」プリンス
18/13「ファイナー・シングス」スティーヴ・ウインウッド
19/29「ヘッド・トゥ・トウ」リサ・リサ&カルト・ジャム
20/23「セ・ラ」ライオネル・リッチー

21/24「フェイスフル」シカゴ
22/10「愛のおとずれ」アレサ・フランクリン&ジョージ・マイケル
23/33「ダイアモンズ」ハーブ・アルパート
24/34「イン・トゥー・ディープ」ジェネシス
25/25「ディ・イン・ディ・アウト」デヴィッド・ボウイ
26/31「心の夜明け」ケニー・ロギンス
27/28「ライト・シング」シンプリー・レッド
28/21「シリアス」ドナ・アレン
29/36「ユー・キャン・コール・ミー・アル」ポール・サイモン
30/35「ハートブレイク・ビート」サイケデリック・ファーズ

31/32「ゲット・ザット・ラヴ」トンプソン・ツインズ
32/19「ストーン・ラヴ」クール&ザ・ギャング
33/40「ジャスト・トゥ・シー・ハー」スモーキー・ロビンソン
34/20「愛は止まらない」スターシップ
35/41「ソングバード」ケニーG
36/39「ファッシネイテッド」カンパニーB
37/42「レッスンズ・イン・ラヴ」レヴェル42
38/ー「すてきなSomebody」ホイットニー・ヒューストン
39/46「ドント・ディスターブ・ディス・グルーヴ」システム
40/27「カム・アズ・ユー・アー」ピーター・ウルフ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ソングバード」ケニーG
(Songbirg / Kenny G)

>1956年ワシントン州シアトル出身のサックス・プレイヤー。
本名は、ケニー・ゴアリック。
バリー・ホワイト等のバックを務めた後、81年にソロ・デビュー。
特にソプラノ・サックスを好み、循環呼吸の使い手でもある。
美しい癒しのメロディを、まろやかに奏でてくれるインスト・ナンバー。
最高位4位。
アルバム・チャートにて「Gフォース」(G Force)という彼のアルバムが、
長期間に渡り下位とはいえチャート・インしているのが気になっていたワタシだが、
まさか個人サックス・プレイヤーだったとはと当時は驚かされたものである。

アルバム「デュオトーンズ」(Duotones)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F922%2F484922%5F1%5F11%2Easx%3Fobj%3Dv41122

☆「レッスンズ・イン・ラヴ」レヴェル42
(Lessons In Love / Level 42)

>前ヒット曲「サムシング・アバウト・ユー」(Something About You)と比較すると、
若干メロディ・ラインに劣りを感じるものの、独特の爽やかさと透明感は健在。
最高位12位。
日本でも人気のある作品なのか、今でもAMラジオから流れて来る時あり。
これがラスト・トップ40ヒットとなってしまったのは残念である。

アルバム「ランニング・イン・ザ・ファミリー」(Running In The Family)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F517%2F119517%5F1%5F14%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「すてきなSomebody」ホイットニー・ヒューストン
(I Wanna Dance With Somebody (Who Loves Me) / Whitney Houston)

>世界中から超期待を、その一身に集めた彼女の2ndアルバムからの先行シングル。
デビュー・アルバムからそのまんま延長線である音楽性に非難の声も多かったが、
新緑の季節にぴったりフィットするような爽やかさ満載のポップ・ナンバー。
Hot100初登場38位、2週No.1、ミリオン・セラー、アルバムは初登場1位と、
申し分のない成績を示す。
個人的には1stアルバムより、この2ndアルバムからのシングル曲の方が
好みでありました☆

アルバム「ホイットニーⅡ」(Whitney)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F103%2F111103%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv30311

☆「ドント・ディスターブ・ディス・グルーヴ」システム
(Don't Disturb This Groove / The System)

>1982年ニューヨークで結成されたエレクトリック・ファンク・コンビ。
大都会の夜をアダルトな雰囲気で彩るようなバラード風R&B。
う~ん、イカすねぇ♪
最高位4位。
アルバムにはこの作品のインスト・ナンバーが"Groove"という名義で収録されており、
その曲は当時NHK-FMにて放送されていた音楽番組のテーマ曲として使用されて
いたのだが、この「ドント・ディスターブ~」が全米チャートしているのに驚いた
番組D.J.が、ちゃっかりと番組内でこの曲をも流していたのを覚えている。

アルバム「ドント・ディスターブ・ディス・グルーヴ」(Don't Disturb This Groove)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F997%2F148997%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv50829
音楽チャート1987年5月チャートTB : 0CM : 2
1987年5月23日付(絶好調!ハート)HOME1987年5月9日付(復活!?スモーキー・ロビンソン)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。