ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1987年4月25日付(グラミー賞効果?ポール・サイモン) ]
2007-04-21(Sat) 09:24:15
01/01「愛のおとずれ」アレサ・フランクリン&ジョージ・マイケル
02/03「ドント・ドリーム・イッツ・オーヴァー」クラウデッド・ハウス
03/04「サイン・オブ・ザ・タイムス」プリンス
04/06「ルッキング・フォー・ア・ニュー・ラヴ」ジョディ・ワトリー
05/10「愛に抱かれた夜」カッティング・クルー
06/02「愛は止まらない」スターシップ
07/12「ラ・イスラ・ボニータ」マドンナ
08/08「ファイナー・シングス」スティーヴ・ウインウッド
09/05「ミッドナイト・ブルー」ルー・グラム
10/13「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」U2

11/11「ウォーキング・ダウン・ユア・ストリート」バングルス
12/15「ストーン・ラヴ」クール&ザ・ギャング
13/07「リーン・オン・ミー」クラブ・ヌーヴォー
14/16「ドミノ」ロビー・ネヴィル
15/18「カム・アズ・ユー・アー」ピーター・ウルフ
16/19「ホワッツ・ゴーイング・オン」シンディ・ローパー
17/09「カム・ゴー・ウィズ・ミー」エクスポゼ
18/21「ヒート・オブ・ザ・ナイト」ブライアン・アダムス
19/24「レイディ・イン・レッド」クリス・デ・バー
20/20「キャンチャ・セイ/スティル・イン・ラヴ」ボストン

21/28「トーク・ダーティ・トゥ・ミー」ポイズン
22/31「ビッグ・ラヴ」フリートウッド・マック
23/25「シリアス」ドナ・アレン
24/32「変わらぬ想い」グレン・メディロス
25/34「ライト・オン・トラック」ブレックファスト・クラブ
26/14「トゥナイト・トゥナイト・トゥナイト」ジェネシス
27/30「シップ・オブ・フールス」ワールド・パーティ
28/35「アイ・ノゥ・ホワット・アイ・ライク」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
29/39「キープ・ミー・ハンギング・オン」キム・ワイルド
30/17「レッツ・ゴー」ワン・チャン

31/37「セ・ラ」ライオネル・リッチー
32/22「スモーキング・ガン」ロバート・クレイ・バンド
33/42「オールウェイズ」アトランティック・スター
34/41「フェイスフル」シカゴ
35/40「ライト・シング」シンプリー・レッド
36/46「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」ボン・ジョヴィ
37/44「ゲット・ザット・ラヴ」トンプソン・ツインズ
38/51「ディ・イン・ディ・アウト」デヴィッド・ボウイ
39/50「心の夜明け」ケニー・ロギンス
40/45「ユー・キャン・コール・ミー・アル」ポール・サイモン


【ニューエントリーこめんと】

☆「オールウェイズ」アトランティック・スター
(Always / Atlantic Starr)

>作品は数年前には完成していたのだが、今は発表する時ではないとその存在をひた隠し、
今回満を持したように発表された“究極”のラヴ・バラード。
全米を魅了し、見事No.1の座を射止める事に成功(1週)。
日本でも人気の高い名曲である。

アルバム「オール・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ」(All In The Name Of Love)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F033%2F427033%5F1%5F12%2Easx%3Fobj%3Dv50222

☆「フェイスフル」シカゴ
(If She Would Have Been Faithful... / Chicago)

>コーラスは美しいのだが、バラード・ナンバーとしては中途半端な印象受ける作品。
しかしシングル・カットされる事により、今まさにトップ100圏外に消えようとしている
アルバムの延命をわずかながらでも引き伸ばせられるのに成功しているのは事実である。
最高位17位。

アルバム「シカゴ18」(Chicago 18)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F809%2F89809%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv40525

☆「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」ボン・ジョヴィ
(Wanted Dead Or Alive / Bon Jovi)

>なぜか西部劇の一場面を想像してしまいそうな、ミディアム・スローのロック。
最高位7位。
なかなかカッコいいゾ☆

アルバム「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」(Slippery When Wet)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F661%2F84661%5F1%5F05%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「ゲット・ザット・ラヴ」トンプソン・ツインズ
(Get That Love / Thompson Twins)

>楽曲のクォリティ低下が著しいヒット・チャート晩年の彼ら。
それなりにファンだったバンドの没落ぶりを目の当たりにするのは、
やっぱショックでありました。
この出来ばえでは、最高位31位も仕方ないかなぁ・・・。

アルバム「クロース・トゥ・ザ・ボーン」(Close To The Bone)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F495%2F481495%5F1%5F12%2Easx%3Fobj%3Dv40405

☆「ディ・イン・ディ・アウト」デヴィッド・ボウイ
(Day-In Day-Out / David Bowie)

>アメリカン・チャートでの大成功をもう一度とばかりに、あのテこのテで
攻めて来るようになった気もしないではないイケメンさん。
最高位21位をマークしたとはいえ、作品としてはなんか苦しいほど無理をして
生み出したように感じるのは気のせいでしょうか?(スミマセン★)

アルバム「ネヴァー・レット・ミー・ダウン」(Never Let Me Down)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F166%2F85166%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv11030

☆「心の夜明け」ケニー・ロギンス
(Meet Me Half Way / Kenny Loggins)

>映像を観た記憶はないのだが、まるで映画のラスト・シーン(もちろんハッピー・エンド☆)を
観賞しているような錯覚に陥らせてくれるバラード・ナンバー。
サントラおじさん絶好調であるが、最高位は11位止まり。

サントラ「オーヴァー・ザ・トップ」(Over The Top)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F698%2F468698%5F2%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv50418

☆「ユー・キャン・コール・ミー・アル」ポール・サイモン
(You Can Call Me Al / Paul Simon)

>86年10月に最高位44位をピークにHot100を去っていたナンバーなのだが、
再チャート・インし今度は23位まで上昇。
アフリカの大地のエッセンスをうまく調合したような民族音楽風の作品。
アルバムがグラミー賞を受賞したのをきっかけに、再浮上したのかどうかは
ちょい未確認ナリ★
個人的には興味が持てなかった曲だが、「ライオンは寝ている」
(The Lion Sleeps Tonight)のカバーも期待したいような雰囲気もアリ。

アルバム「グレイスランド」(Graceland)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F238%2F251238%5F1%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv31223
音楽チャート1987年4月チャートTB : 0CM : 2
1987年5月2日付(大飛躍!リサ・リサ&カルト・ジャム)HOME1987年4月18日付(黄金の一発!キム・ワイルド)

COMMENT

今から9年前、我が披露宴。
Ultravoxの「Reap The Wild Wind」の入場曲からはじまり、Art Taylorの「Move」、「Orgasm Addict」(Buzzcocks)、「The Foolish Thing To Do」(Heaven17 With Jimmy Ruffin)とおよそ披露宴の選曲とは思えぬMy Favoriteソングの数々に、自分の披露宴そっちのけで、やっぱり大音量で聴くとええな~と聴き惚れていたところ、お色なおし退場曲に「Always」が...。
会場に渡したテープに、そんなの入れてないよ~と愕然としたことを思い出します。ホントは「Lisa,Listen To Me」(Blood,Sweat & Tears)だったのに~。
b y 脱走一号 | 2007.04.21(20:33) | URL | [EDIT] |
  +
>脱走一号さん

お久です☆

>>お色なおし退場曲に「Always」が

結婚披露宴では定番の名曲が、なんと予定外の曲とはさすが脱走一号さん!!(^^;
しかも、トップ40ファンのワタシにとっては、バンド名しか知らない方々の作品がズラ~リと・・・☆

機会があれば、1曲1曲試聴してみたいですね。(^^)
b y ぶるじん | 2007.04.21(22:47) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/261-0af46359



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。