ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1987年4月11日付(復活!フリートウッド・マック) ]
2007-04-07(Sat) 08:40:09
01/01「愛は止まらない」スターシップ
02/02「リーン・オン・ミー」クラブ・ヌーヴォー
03/06「愛のおとずれ」アレサ・フランクリン&ジョージ・マイケル
04/03「トゥナイト・トゥナイト・トゥナイト」ジェネシス
05/07「ドント・ドリーム・イッツ・オーヴァー」クラウデッド・ハウス
06/05「カム・ゴー・ウィズ・ミー」エクスポゼ
07/12「サイン・オブ・ザ・タイムス」プリンス
08/11「ミッドナイト・ブルー」ルー・グラム
09/10「レッツ・ゴー」ワン・チャン
10/14「ファイナー・シングス」スティーヴ・ウインウッド

11/08「ファイナル・カウントダウン」ヨーロッパ
12/18「ルッキング・フォー・ア・ニュー・ラヴ」ジョディ・ワトリー
13/04「急がせないで」ジャネット・ジャクソン
14/17「ウォーキング・ダウン・ユア・ストリート」バングルス
15/13「ホワット・ユー・ゲット・イズ・ホワット・ユー・シー」ティナ・ターナー
16/09「マンドリン・レイン」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
17/22「愛に抱かれた夜」カッティング・クルー
18/25「ラ・イスラ・ボニータ」マドンナ
19/20「ストーン・ラヴ」クール&ザ・ギャング
20/21「ドミノ」ロビー・ネヴィル

21/19「ハニーシーフ」ヒップスウェイ
22/24「カム・アズ・ユー・アー」ピーター・ウルフ
23/35「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」U2
24/26「ホワッツ・ゴーイング・オン」シンディ・ローパー
25/29「キャンチャ・セイ/スティル・イン・ラヴ」ボストン
26/27「スモーキング・ガン」ロバート・クレイ・バンド
27/15「サムホエア・アウト・ゼア」リンダ・ロンシュタット&ジェームス・イングラム
28/36「シリアス」ドナ・アレン
29/16「偽りの愛」REOスピードワゴン
30/37「レイディ・イン・レッド」クリス・デ・バー

31/23「アズ・ウイ・レイ」シャーリー・マードック
32/42「ヒート・オブ・ザ・ナイト」ブライアン・アダムス
33/38「シップ・オブ・フールス」ワールド・パーティ
34/34「アイ・ウィル・ビー・ゼア」グラス・タイガー
35/33「ライト・オブ・ディ」バーバスターズ
36/41「トーク・ダーティ・トゥ・ミー」ポイズン
37/39「変わらぬ想い」グレン・メディロス
38/44「ビッグ・ラヴ」フリートウッド・マック
39/48「ライト・オン・トラック」ブレックファスト・クラブ
40/54「アイ・ノゥ・ホワット・アイ・ライク」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース


【ニューエントリーこめんと】

☆「ヒート・オブ・ザ・ナイト」ブライアン・アダムス
(Heat Of The Night / Bryan Adams)

>ベスト・セラーを記録した前アルバムから、2年半ぶりに発表された
新アルバムからの1stシングル。
非常に期待していたのだが、「サムバディ」(Somebody)をお手本に
もう1曲作りあげた感じのロック・ナンバー。
彼の売りのひとつであろう“爽やかさ”が消えうせ、やけにピリピリとした
神経質なサウンドがちょいとイラッとさせられた作品。
最高位6位。
なんかイヤな予感を感じつつもアルバムを購入したのだが、残念ながら
その予感は的中してしまう・・・★(ウガー!)

アルバム「イントゥ・ザ・ファイア」(Into The Fire)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F865%2F76865%5F1%5F13%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「トーク・ダーティ・トゥ・ミー」ポイズン
(Talk Dirty To Me / Poison)

>1983年ペンシルバニア州ハリスバーグにて結成されたハード・ロック・バンド。
第一印象は“まぁた化粧を施した変な輩が現れた~★”だったのだが、
サウンドを耳にしてみるとパンチのきいたドラムに悪くないメロディ・ラインにコーラス。
アルバムの売れ行きも良いようだし、当時はまだ結論は出さずにもうしばし様子を
見させてもらったものである。
B級風のロックで、とんでもない副邦題(私にもっと汚い言葉を吐いて)を
添付されながらも元気で楽しそうな雰囲気が漂うロック・ナンバー。
最高位9位。

アルバム「ポイズン・ダメージ」(Look What A Cat Dragged In)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F684%2F239684%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv50926

☆「ビッグ・ラヴ」フリートウッド・マック
(Big Love / Fleetwood Mac)

>バンド活動としては休止状態だった彼らだが、約5年ぶりに発表された
新アルバムからのニュー・シングル。
当時は既に終ったグループと見下していた感のあったビッグ・バンドの復活シングルだが、
独特のマック節は健在だったのが嬉しかった☆
最高位5位。
リンジーとスティーヴィによる"Ah Ah"という掛け合いは、非常にセクシーなりィ!

アルバム「タンゴ・イン・ザ・ナイト」(Tango In The Night)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F507%2F102507%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「ライト・オン・トラック」ブレックファスト・クラブ
(Right On Track / The Breakfast Club)

>1970年代後半ニューヨークで結成。
デビュー前のマドンナが在籍したバンドというだけで注目を集めそうだが、
結果的にはこのポップでダンサブルなナンバー1曲のヒットにて解散に至っている。
最高位7位。
このバンドの中心的人物がマドンナに複数のヒット曲を提供するほどのお方だったのだが、
世の中なかなか上手くいかないものである。
なお、85年に発表されたバンド名と同名の映画とは無関係のようだ。

アルバム「ブレックファスト・クラブ」(The Breakfast Club)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F731%2F216731%5F1%5F04%2Easx%3Fobj%3Dv10330

☆「アイ・ノゥ・ホワット・アイ・ライク」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
(I Know What I Like / Huey Lewis & The News)

>彼らの大ファンであったワタシですら、シングル化するのに疑問を持ったナンバー。
それでも最高位9位とトップ10ヒットにまで成長したのは、当時の彼らの人気度を
計れるというものなのであろうか。
う~ん・・・。

アルバム「FORE!」(Fore!)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F043%2F870043%5F1%5F12%2Easx%3Fobj%3Dv60629
音楽チャート1987年4月チャートTB : 0CM : 4
☆『コモドアーズ HITS VOL.2~スティル、ナイトシフト』 コモドアーズHOME1987年4月4日付(大ブレイク目前!U2)

COMMENT

  +
 しばらくっす。
 丁度20年前のチャート、懐かしく見させてもらってます。
 今もなお、現役バリバリのバンドやもうとっくに消えちゃったバンドや、
 もう亡くなってしまった人(あぁ、ブラッドのハイトーンヴォイスよ、永遠に・・)まで。
 この週は、目立ったとこじゃ、ブライアンとマックが初登場でしたか。
 ブライアンのこの曲は、良く言えば、大人の音。(私はけっこう好きでしたよ)
 アルバムも前作まで売れなかったし、やっぱ彼には “若々しく、爽快なロックンロール”が、
 一番似合いますね。 (次回作では原点に戻りますし。)
 マックのこの曲は、もろリンジーの音。 (フィンガーピックの独特のギターが素晴らしい)
 アルバム良かったですよね。 私のとこでまたマックの作品取り上げてみようと思ってます。
 
 
b y たか兄 | 2007.04.10(21:40) | URL | [EDIT] |
  + どうもです
フリートウッド・マックはiPodにも入ってます。いいっすよね。
しかし、クラウデッド・ハウスの名前を見て、
うわーー忘れてた!と叫びました。
近所迷惑になったのはぶるじんさんのせいなので責任取って・・・

なんかください。嘘です。
b y ふる | 2007.04.11(19:32) | URL | [EDIT] |
  +
>たか兄さん

お久しぶりです☆

ブライアン・アダムスは変化を持たせようとして、セールス的に失敗しちゃった感じですね・・・★(^^;
マックの方は、自身の音楽道をクォリティの高さで勝負して、その存在感を示してくれました。

当時は両者のアルバムを購入しましたが、もう勝負にはなりませんでしたよ。(トホホ★)
b y ぶるじん | 2007.04.11(20:36) | URL | [EDIT] |
  +
>ふるさん

ドモです☆

>>クラウデッド・ハウスの名前を見て、うわーー忘れてた!と叫びました。

名曲を残してくれた、彼らの存在を忘れてはイケませぬゥ★

>>近所迷惑になったのはぶるじんさんのせいなので~

コモドアーズのイン○キ・ベスト盤をもれなく進呈♪(ウソ(^^;)
b y ぶるじん | 2007.04.11(20:46) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/258-154de667



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。