ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1987年2月14日付(バングルズに続け!?エクスポゼ登場) ]
2007-02-10(Sat) 19:16:55
01/03「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」ボン・ジョヴィ
02/01「オープン・ユア・ハート」マドンナ
03/04「チェンジ・オブ・ハート」シンディ・ローパー
04/05「タッチ・ミー」サマンサ・フォックス
05/07「キープ・ユア・ハンズ」ジョージア・サテライツ
06/09「スティル・ラヴ・ミー」シカゴ
07/02「アット・ディス・モーメント」ビリー・ヴェラ&ザ・ビーターズ
08/15「ジェイコブズ・ラダー」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
09/10「ウィア・レディ」ボストン
10/12「バレリーナ・ガール」ライオネル・リッチー

11/17「ユー・ガット・イット・オール」ジェッツ
12/14「ラヴ・ユー・ダウン」レディ・フォー・ザ・ワールド
13/18「ノーバディズ・フール」シンデレラ
14/21「サムホエア・アウト・ゼア」リンダ・ロンシュタット&ジェームス・イングラム
15/19「ストップ・トゥ・ラヴ」ルーサー・ヴァンドロス
16/22「ビッグ・タイム」ピーター・ガブリエル
17/24「ファイト・フォー・ユア・ライト」ビースティ・ボーイズ
18/26「リスペクト・ユアセルフ」ブルース・ウイリス
19/08「サムディ」グラス・タイガー
20/06「ランド・オブ・コンフュージョン」ジェネシス

21/27「アイル・ビー・オールライト」ジャーニー
22/23「トーク・トゥ・ミー」チコ・デバージ
23/11「セ・ラ・ヴィ」ロビー・ネヴィル
24/25「ステイ・ザ・ナイト」ベンジャミン・オール
25/31「好きにならずにいられない」コリー・ハート
26/13「シェイク・ユー・ダウン」グレゴリー・アボット
27/35「マンドリン・レイン」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
28/32「ワナ・ゴー・バック」エディ・マネー
29/33「ブランド・ニュー・ラヴァー」デッド・オア・アライヴ
30/36「急がせないで」ジャネット・ジャクソン

31/16「コントロール」ジャネット・ジャクソン
32/20「ディス・イズ・ザ・タイム」ビリー・ジョエル
33/37「ファクツ・オブ・ラヴ」ジェフ・ローバー・フューチャリング・カリン・ホワイト
34/41「キャンディ」カメオ
35/42「愛は止まらない」スターシップ
36/44「カム・ゴー・ウィズ・ミー」エクスポゼ
37/39「ザ・ラプチャー」アニタ・ベイカー
38/40「ウィズアウト・ユア・ラヴ」トト
39/43「レッツ・ゴー」ワン・チャン
40/28「ジミー・リー」アレサ・フランクリン


【ニューエントリーこめんと】

☆「キャンディ」カメオ
(Candy / Cameo)

>2曲目のトップ40ヒットの本作は、ややソフトなファンク・ナンバー。
最高位21位と、うまくまとめた感じか。

アルバム「ワード・アップ」(Word Up)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F925%2F285925%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「愛は止まらない」スターシップ
(Nothing's Gonna Stop Us Now / Starship)

>ダイアン・ウォーレンとアルバート・ハモンドによる合作が、
スターシップにとって3曲目となる全米No.1ヒット(2週)として記録される。
映画「マネキン」(Mannequin)の挿入歌として発表された本作だが、
そのパフォーマンスは映画を上回る出来ばえであろうポップ・ロックであろうかな。
当時はテレビ・ラジオを通して、聞きに聴きまくったお気に入りでございました♪

アルバム「ノー・プロテクション」(No Protection)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F161%2F524161%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv40714

☆「カム・ゴー・ウィズ・ミー」エクスポゼ
(Come Go With Me / Expose)

>1984年フロリダ州マイアミにて結成された、アン、ジーネット、ジオイアによる
女性3人組みグループ。
当時の流行であるダンス・ポップなナンバーだが、最高位5位まで上昇したとはいえ
取り立てて特出した魅力は感じなかったものである。
しかし、この後トップ10シングルを量産してくるグループに成長するとは、
夢にも思わなかったッス。(ゴメンナサイ)

アルバム「エクスポージャー」(Exposure)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F254%2F198254%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv40927

☆「レッツ・ゴー」ワン・チャン
(Let's Go! / Wang Chung)

>トップ40にデビューした作品が渋めのロック「ドント・レット・ゴー」(Don't Let Go)だったのだが、
ポップ・ロックに転向してからは能天気風ロック「レッツ・ゴー!」ですか!?(苦笑)
世渡り上手な彼らには、最高位9位という報酬が与えられました☆

アルバム「モザイク」(Mosaic)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F694%2F463694%5F1%5F08%2Easx%3Fobj%3Dv20930

★圏外84位★

☆「オーバー・ザ・トップ」サミー・ヘイガー
(Winner Takes It All / Sammy Hagar)

>全米では最高位54位と低迷したものの、日本では意外とお耳に届いた楽曲ではなかろうか。
シルヴェスター・スタローン主演の映画「オーバー・ザ・トップ」の主題歌ともあれば、
ナルホドとうなづける元気なロック・ナンバーかな。
Hot100にも意外と14週チャート・インしており、映画の興行に貢献していたようだ。
なお、アバの「ザ・ウィナー」とは全くの同名異曲なり。

サントラ「オーバー・ザ・トップ」(Over The Top)より。
ちなみにこのアルバムには、かのロビン・ザンダーの
「イン・ディス・カントリー」(In This Country)も収録されている。
音楽チャート1987年2月チャートTB : 0CM : 0
『バラッド3~the album of LOVE』 サザン・オール・スターズHOME『アドレナライズ』 デフ・レパード

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/245-0fe0f2a3



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。