ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 『Ultimate Manilow』 Barry Manilow ]
2005-07-12(Tue) 20:10:27
20050712200639.jpg


01.Manday
02.It's A Miracle
03.Could It Be Magic
04.I Write The Songs
05.Bandstand Boogie

06.Tryin' To Get The Feeling Again
07.This One's For You
08.Weekend In New England
09.Looks Like We Made It
10.Daybreak

11.Can't Smile Without You
12.Even Now
13.Copacabana(At The Copa)
14.Somewhere In The Night
15.Ready To Take A Chance Again

16.Ships
17.I Made It Through The Rain
18.The Old Songs
19.When October Goes
20.Somewhere Down The Road


全20曲にまとめられたバリー・マニロウ、ヒットの歴史盤と言っても
いいでしょう。
70年代の作品が大半を占めていますが、彼を語るには70年代の
ヒット作は絶対に外せるワケありませぬ!(力説)
ワタシにとって2枚目のベスト盤となるのですが、もう一方の
シロモノは80年代のヒット作を集めた物なので、今作品を合わせて
ほぼ完璧に彼の代表するヒット作を網羅できたような気がします。
(正直、数曲漏れているのが気になるのだが・・・)
一流のエンターテーナーの名にふさわしい作品の数々。
1時間以上にも及ぶバリー・マニロウ・ショウ、もう十二分に
堪能出来ました♪(拍手喝采!)
ちなみにワタシのご贔屓は、(04),(11),(14)で御座います。
Amazonと旅する(洋楽編)TB : 1CM : 0
『Franke & The Knockouts』 Franke & The KnockoutsHOME『僕たちの洋楽ヒットvol.9 1976~77』 オムニバス

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/24-5f22d328


私が高校生の時「東京国際音楽祭」と言うテレビ番組があってそのときのスペシャルゲストがバリー・マニロウでした。(その時のグランプリはライオネル・リッチーでした。)ラジオでその頃流行っていた{/onpu/}"Some Kind Of Friend"(邦題:君は恋フレンド)や{/on
2005-07-20(Wed) 00:13:01 | Manilog ~ マニログ

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。