ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年11月22日付(コメントがいまいち浮かばない困った週★) ]
2006-11-18(Sat) 12:33:37
01/02「ヒューマン」ヒューマン・リーグ
02/01「アマンダ」ボストン
03/03「トゥルー・ブルー」マドンナ
04/05「禁じられた愛」ボン・ジョヴィ
05/04「テイク・ミー・ホーム・トゥナイト」エディ・マネー
06/07「ワード・アップ」カメオ
07/08「ネクスト・タイム」ピーター・セテラwithエイミー・グラント
08/11「ヒップ・トゥ・ビー・スクェア」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
09/14「ザ・ウェイ・イット・イズ」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
10/13「愛に抱かれて」ライオネル・リッチー

11/12「アイル・ビー・オーヴァー・ユー」トト
12/09「ザ・レイン」オラン・ジュース・ジョーンズ
13/17「エヴリバディ・ハヴ・ファン・トゥナイト」ワン・チャン
14/06「ターン・ユー・オン」ロバート・パーマー
15/16「トゥ・ビー・ア・ラヴァー」ビリー・アイドル
16/21「エジプシャン」バングルズ
17/15「エモーション・イン・モーション」リック・オケイセック
18/10「トゥルー・カラーズ」シンディ・ローパー
19/23「スタンド・バイ・ミー」ベン・E・キング
20/24「フリーダム・オーヴァースピル」スティーヴ・ウインウッド

21/30「ノトーリアス」デュラン・デュラン
22/27「ドント・ゲット・ミー・ロング」プリテンダーズ
23/31「シェイク・ユー・ダウン」グレゴリー・アボット
24/26「リヴ・アンド・ダイ」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
25/18「アイ・アム・バイ・ユア・サイド」コリー・ハート
26/28「ホワット・アバウト・ラヴ」ティル・チューズディ
27/35「セ・ラ・ヴィ」ロビー・ネヴィル
28/33「ワイルド・ワイルド・ライフ」トーキング・ヘッズ
29/19「スウィート・ラヴ」アニタ・ベイカー
30/34「ユー・ノゥ・アイ・ラヴ・ユー」ハワード・ジョーンズ

31/25「オール・クライド・アウト」リサ・リサ&カルト・ジャムwithフル・フォース
32/36「イズ・ディス・ラヴ」サヴァイヴァー
33/20「ティピカル・メイル」ティナ・ターナー
34/37「ランド・オブ・コンフュージョン」ジェネシス
35/41「コントロール」ジャネット・ジャクソン
36/38「ラヴ・イズ・フォーエヴァー」ビリー・オーシャン
37/49「ヴィクトリー」クール&ザ・ギャング
38/39「フーリッシュ・プライド」ダリル・ホール
39/40「ようこそブームタウンへ」デヴィッド&デヴィッド
40/46「フューチャー」ティムバック3


【ニューエントリーこめんと】

☆「コントロール」ジャネット・ジャクソン
(Control / Janet Jackson)

>アルバムから毛色の違うダンス・ナンバーが、これで4曲連続トップ5入り
(本作は最高位5位)!
でも、このテの作品に飽きてきていたのでぼちぼちスローなナンバーを
欲していたのだが・・・。

アルバム「コントロール」(Control)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F237%2F197237%5F1%5F09%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「ヴィクトリー」クール&ザ・ギャング
(Victory / Kool & The Gang)

>すっかりヒットのコツをつかんだような、お得意の80年代テイスト風
ファンク・ダンス・ナンバー。
84年の「ジョアンナ」から続いたワン・ワードによるタイトル・ソングが
7作連続してトップ40入りし、トリを勤めたのがこの作品だがもう既に
十分食傷気味で、最高位10位とはいえその存在感はイマイチか・・・。

アルバム「フォーエヴァー」(Forever)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F473%2F314473%5F1%5F20%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「フューチャー」ティムバック3
(The Future's So Bright,I Gotta Wear Shades / Timbuk3)

>1984年テキサス州オースチンで結成された夫婦デュオ。
サザン・ロックやカントリー・フォーク・ロック系の泥臭さを感じさせながらも、
都会的センスをちょいと取り入れたようなアップ・テンポな作品。
最高位19位。

アルバム「グリーティング」(Greeting From Timbuk3)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F167%2F224167%5F1%5F12%2Easx%3Fobj%3Dv40802

★圏外98位★

☆「フレンチ・キッシン・イン・ザ・U.S.A.」デビー・ハリー
(French Kissin' / Debbie Harry)

>ソロ名義では、81年の「バックファイア」(Backfired)以来のチャート・インだが、
前作同様トップ40ヒットには至るほどの作品ではなかったようで、
最高位57位に甘んじる。
たしかにブロンディ時代のような楽曲のクォリティは感じられず、
現代ではタトゥあたりが歌えば日本限定でヒットした可能性も?(スミマセン)

アルバム「ロックバード」(Rockbird)より。
音楽チャート1986年11月チャートTB : 0CM : 2
1986年11月29日付(新生カンサス!でもねぇ・・・)HOME1986年11月15日付(敏腕ソング・ライター、ロビー・ネヴィル)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。