ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年11月8日付(歌う教授?グレゴリー・アボット) ]
2006-11-04(Sat) 10:31:35
01/04「アマンダ」ボストン
02/03「ターン・ユー・オン」ロバート・パーマー
03/01「トゥルー・カラーズ」シンディ・ローパー
04/05「ヒューマン」ヒューマン・リーグ
05/06「トゥルー・ブルー」マドンナ
06/09「テイク・ミー・ホーム・トゥナイト」エディ・マネー
07/11「禁じられた愛」ボン・ジョヴィ
08/02「ティピカル・メイル」ティナ・ターナー
09/12「ワード・アップ」カメオ
10/13「ザ・レイン」オラン・ジュース・ジョーンズ

11/08「スウィート・ラヴ」アニタ・ベイカー
12/15「ネクスト・タイム」ピーター・セテラwithエイミー・グラント
13/18「アイル・ビー・オーヴァー・ユー」トト
14/20「愛に抱かれて」ライオネル・リッチー
15/25「ヒップ・トゥ・ビー・スクェア」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
16/22「エモーション・イン・モーション」リック・オケイセック
17/10「オール・クライド・アウト」リサ・リサ&カルト・ジャムwithフル・フォース
18/27「ザ・ウェイ・イット・イズ」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ
19/07「あなたを想うとき」ジャネット・ジャクソン
20/21「アイ・アム・バイ・ユア・サイド」コリー・ハート

21/24「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」アレサ・フランクリン
22/29「トゥ・ビー・ア・ラヴァー」ビリー・アイドル
23/31「エヴリバディ・ハヴ・ファン・トゥナイト」ワン・チャン
24/17「ガール・キャント・ヘルプ・イット」ジャーニー
25/36「エジプシャン」バングルズ
26/32「フリーダム・オーヴァースピル」スティーヴ・ウインウッド
27/30「サムバディーズ・アウト・ゼア」トライアンフ
28/14「ハートビート」ドン・ジョンソン
29/16「スローイング・イット・オール・アウェイ」ジェネシス
30/19「マター・オブ・トラスト」ビリー・ジョエル

31/39「スタンド・バイ・ミー」ベン・E・キング
32/23「トゥー・オブ・ハーツ」ステイシーQ
33/38「ホワット・アバウト・ラヴ」ティル・チューズディ
34/37「リヴ・アンド・ダイ」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
35/28「ドント・フォアゲット・ミー」グラス・タイガー
36/26「君の瞳に」ピーター・ガブリエル
37/40「ドント・ゲット・ミー・ロング」プリテンダーズ
38/43「ワイルド・ワイルド・ライフ」トーキング・ヘッズ
39/44「ユー・ノゥ・アイ・ラヴ・ユー」ハワード・ジョーンズ
40/47「シェイク・ユー・ダウン」グレゴリー・アボット


【ニューエントリーこめんと】

☆「ワイルド・ワイルド・ライフ」トーキング・ヘッズ
(Wild Wild Life / Talking Heads)

>かつての不気味なサウンドは何処へやら、我が耳を疑いたくなるほど陽気で軽快なこの曲調。彼らの身に一体ナニが・・・!?
最高位25位。
アルバム「トゥルー・ストーリーズ」(True Stories)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F888%2F527888%5F1%5F16%2Easx%3Fobj%3Dv50920

☆「ユー・ノゥ・アイ・ラヴ・ユー」ハワード・ジョーンズ
(You Know I Love You...Don't You? / Howard Jones)

>こちらはデビュー時と変わらない陽気できらめくようなメロディ・ラインに、
思わず身体も揺れる♪
最高位17位。
相変わらずのキーボード捌きに安心だ☆
アルバム「ワンToワン」(One To One)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F424%2F446424%5F1%5F10%2Easx%3Fobj%3Dv50801

☆「シェイク・ユー・ダウン」グレゴリー・アボット
(Shake You Down / Gregory Abbott)

>アメリカとカリブ海諸島のひとつ、アンチグアの国籍をもつプロデューサー兼
シンガー・ソング・ライター。
ソウルフルで落ち着いた優しい気分にさせてくれる作品が、全米を制覇(1週)。
頂点に立った作品にしては、ナニか物足りなさを感じるのだが一発ヒットだから、
まぁいいか。
ちなみにこのお方は、ボストン、バークレー、そしてスタンフォードと3つの大学の
卒業証書をお持ちのようで・・・。
ナニかを極めようとしていたのでありましょうか?
アルバム「シェイク・ユー・ダウン」(Shake You Down)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F515%2F76515%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv10207
音楽チャート1986年11月チャートTB : 0CM : 0
『Simply Red Greatest Hits』 Simply RedHOME『彩(エイジャ)』 スティーリー・ダン

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/222-75373c9a



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。