ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年10月25日(ポップに転身、ワン・チャン♪) ]
2006-10-21(Sat) 08:15:59
01/03「トゥルー・カラーズ」シンディ・ローパー
02/02「ティピカル・メイル」ティナ・ターナー
03/01「あなたを想うとき」ジャネット・ジャクソン
04/08「ターン・ユー・オン」ロバート・パーマー
05/05「ハートビート」ドン・ジョンソン
06/15「アマンダ」ボストン
07/04「スローイング・イット・オール・アウェイ」ジェネシス
08/09「オール・クライド・アウト」リサ・リサ&カルト・ジャムwithフル・フォース
09/14「ヒューマン」ヒューマン・リーグ
10/11「スウィート・ラヴ」アニタ・ベイカー

11/06「トゥー・オブ・ハーツ」ステイシーQ
12/10「マター・オブ・トラスト」ビリー・ジョエル
13/20「トゥルー・ブルー」マドンナ
14/07「ドント・フォアゲット・ミー」グラス・タイガー
15/19「テイク・ミー・ホーム・トゥナイト」エディ・マネー
16/24「禁じられた愛」ボン・ジョヴィ
17/22「ワード・アップ」カメオ
18/25「ザ・レイン」オラン・ジュース・ジョーンズ
19/21「ガール・キャント・ヘルプ・イット」ジャーニー
20/12「ヘヴン・イン・ユア・アイズ」ラヴァーボーイ

21/13「スタック・ウィズ・ユー」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
22/28「アイル・ビー・オーヴァー・ユー」トト
23/30「ネクスト・タイム」ピーター・セテラwithエイミー・グラント
24/31「アイ・アム・バイ・ユア・サイド」コリー・ハート
25/33「エモーション・イン・モーション」リック・オケイセック
26/29「君の瞳に」ピーター・ガブリエル
27/36「愛に抱かれて」ライオネル・リッチー
28/16「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」グロリア・ロリング&カール・アンダーソン
29/32「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」アレサ・フランクリン
30/40「ザ・ウェイ・イット・イズ」ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ

31/39「サムバディーズ・アウト・ゼア」トライアンフ
32/23「アース・エンジェル」ニュー・エディション
33/18「ミッショナリー・マン」ユーリズミックス
34/17「ドリームタイム」ダリル・ホール
35/42「ヒップ・トゥ・ビー・スクェア」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
36/45「トゥ・ビー・ア・ラヴァー」ビリー・アイドル
37/46「エヴリバディ・ハヴ・ファン・トゥナイト」ワン・チャン
38/44「フリーダム・オーヴァースピル」スティーヴ・ウインウッド
39/27「ラヴ・ウォークス・イン」ヴァン・ヘイレン
40/35「ポイント・オブ・ノー・リターン」ニュー・シューズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ヒップ・トゥ・ビー・スクェア」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
(Hip To Be Square / Huey Lewis & The News)

>飾りっけのないシンプルでストレートなロック。
そしてなによりもこのパワフルさこそ、彼らの証しなのである!
最高位3位。
アルバム「フォア!」(Fore!)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F043%2F870043%5F1%5F19%2Easx%3Fobj%3Dv60629

☆「トゥ・ビー・ア・ラヴァー」ビリー・アイドル
(To Be A Lover / Billy Idol)

>ジャズっぽいリズムを取り入れ、新たな方向性を探ろうとしたのであろうか?
悪くはないのだが、どうにも印象に残りづらく中途半端な感じを受けてしまう。
それでも最高位が6位という破格の順位!?
ワタシには理解できません★
あたしゃ元気なパンク・ロックを待っていたのに・・・。
アルバム「ウイップラッシュ・スマイル」(Whiplash Smile)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F762%2F111762%5F1%5F02%2Easx%3Fobj%3Dv20711

☆「エヴリバディ・ハヴ・ファン・トゥナイト」ワン・チャン
(Everybody Have Fun Tonight / Wang Chung)

>こちらはこちらで、いきなりエレ・ポップへの転身ですか!?
以前のようなシブさがまるで淘汰されてしまい、能天気になっちゃいましたよ☆
所属レーベルから音楽の方向性を指示されたのであろうか、おかげで最高位2位という
勲章を手に入れたのだが、本当にコレでよかったのであろうか?
でも、このヒットで日本の音楽番組にも出演できたことだし、ワタシもそれを
観れたことだし、今回もアルバム購入したことだし(オイオイ)、
やっぱ良かったのか!?(もう、支離滅裂)
アルバム「モザイク」(Mozaic)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F694%2F463694%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv20930

☆「フリーダム・オーヴァースピル」スティーヴ・ウインウッド
(Freedom Overspill / Steve Winwood)

>シングルとしてはイマイチ面白味に欠けるか?
ゆえに、最高位20位ってこった。
アルバム「バック・イン・ザ・ハイライフ」(Back In The Highlife)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F614%2F157614%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv30917

★圏外76位★

☆「高校教師'86」ポリス
(Don't Stand So Close To Me '86 / The Police)

>自作をリメイクなんかしてないで、最後くらい新曲で締めてほしかったのが本音である。
最高位46位。
らしくないラスト・ヒット曲だったが、このリメイクを含むベスト・アルバム
「ポリス・ザ・シングルズ~見つめていたい」(Every Breath You Take-The Singles)は、
トップ10入りしているのはスゴイ!
音楽チャート1986年10月チャートTB : 0CM : 0
1986年11月1日付(25年の時を経て!ベン・E・キング)HOME1986年10月18日付(師匠に続け!ブルース・ホーンスビー)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/219-1f070146



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。