ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年10月4日付(8年ぶりのボストン・サウンド!) ]
2006-09-30(Sat) 09:40:32
01/01「スタック・ウィズ・ユー」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
02/02「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」グロリア・ロリング&カール・アンダーソン
03/07「あなたを想うとき」ジャネット・ジャクソン
04/05「ドント・フォアゲット・ミー」グラス・タイガー
05/06「ドリームタイム」ダリル・ホール
06/08「トゥー・オブ・ハーツ」ステイシーQ
07/12「スローイング・イット・オール・アウェイ」ジェネシス
08/04「ウォーク・ディス・ウェイ」ランD.M.C.
09/13「ティピカル・メイル」ティナ・ターナー
10/03「ダンシング・オン・ザ・シーリング」ライオネル・リッチー

11/10「ラヴ・ゾーン」ビリー・オーシャン
12/14「ハートビート」ドン・ジョンソン
13/18「オール・クライド・アウト」リサ・リサ&カルト・ジャムwithフル・フォース
14/22「トゥルー・カラーズ」シンディ・ローパー
15/16「ミッショナリー・マン」ユーリズミックス
16/19「ヘヴン・イン・ユア・アイズ」ラヴァーボーイ
17/11「ワーズ・ゲット・イン・ザ・ウェイ」マイアミ・サウンド・マシーン
18/09「愛は吐息のように」ベルリン
19/26「ターン・ユー・オン」ロバート・パーマー
20/24「マター・オブ・トラスト」ビリー・ジョエル

21/27「スウィート・ラヴ」アニタ・ベイカー
22/25「ラヴ・ウォークス・イン」ヴァン・ヘイレン
23/29「アース・エンジェル」ニュー・エディション
24/15「ベイビー・ラヴ」レジーナ
25/17「ヴィーナス」バナナラマ
26/23「ツイスト・アンド・シャウト」ビートルズ
27/21「ハイヤー・ラヴ」スティーヴ・ウィンウッド
28/30「マネーズ・トゥー・タイト」シンプリー・レッド
29/36「ヒューマン」ヒューマン・リーグ
30/31「ポイント・オブ・ノー・リターン」ニュー・シューズ

31/20「キャプテン・オブ・ハー・ハート」ドゥーブル
32/34「ガール・キャント・ヘルプ・イット」ジャーニー
33/38「テイク・ミー・ホーム・トゥナイト」エディ・マネー
34/37「パラノイミア」アート・オブ・ノイズwithマックス・ヘッドルーム
35/39「君の瞳に」ピーター・ガブリエル
36/28「スウィート・フリーダム」マイケル・マクドナルド
37/40「アイル・ビー・オーヴァー・ユー」トト
38/51「アマンダ」ボストン
39/50「ワード・アップ」カメオ
40/ー「トゥルー・ブルー」マドンナ


【ニューエントリーこめんと】

☆「アマンダ」ボストン
(Amanda / Boston)

>奇才トム・シュルツによるワンマン・ショー(おいおい)の幕が、
実に8年振りに切って落とされた!
7年半ぶりのトップ40ヒットは、いきなりのバラード・ソング。
当時は久しぶりの新譜発表と、この1stシングルを聴いて即座にアルバムを
購入したワタシでしたありましたが、その完成度は8年間の空白を埋めるのに
十分な内容に感服♪
2週に渡り首位をキープしたこの曲、実は80年代前半に既に完成していたのを
アルバムのクレジットにて確認。
一応ちゃんと仕事をしていたのネ☆
アルバム「サード・ステージ」(Third Stage)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F050%2F85050%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv31118

☆「ワード・アップ」カメオ
(Word Up / Cameo)

>1974年ニューヨーク州ニューヨークで結成。
一般大衆受けするダンサブルなファンク・ナンバーを完成させ、初のトップ40ヒットが
最高位6位にまで登りつめる成功を収める。
う~ん、パワフルだ!
アルバム「ワード・アップ」(Word Up)から。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F925%2F285925%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「トゥルー・ブルー」マドンナ
(True Blue / Madonna)

>Hot100初登場が40位と、いきなりトップ40に飛びこんで来たものの、
トップの座はムリだろうなぁ・・・と思った作品。(スミマセン)
ちょいと地味で単調なメロディ・ラインのように感じるが、曲全体の完成度はやはり高し。
でも、最高位3位はちょいと高いかも?
アルバム「トゥルー・ブルー」(True Blue)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F059%2F122059%5F1%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv40525
音楽チャート1986年10月チャートTB : 0CM : 0
1986年10月11日付(ボン・ジョヴィ、スター街道一直線!)HOME1986年9月27日付(復活!ヒューマン・リーグ)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/215-eacd92b8



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。