ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1979年8月4日付(気になる一発ヒット、ナイト) ]
2006-09-10(Sun) 15:02:03
01/01「バッド・ガール」ドナ・サマー
02/03「グッド・タイムス」シック
03/02「リング・マイ・ベル」アニタ・ワード
04/10「メーン・イヴェント~ファイト」バーブラ・ストライサンド
05/06「カリフォルニア・タウン」ジョン・スチュワート
06/18「マイ・シャローナ」ナック
07/05「メイキン・イット」デヴィッド・ノートン
08/09「素敵な娘に出会ったら」ドクター・フック
09/04「ホット・スタッフ」ドナ・サマー
10/07「甘い罠」チープ・トリック

11/12「ユー・キャント・チェンジ・ザット」レイディオ
12/16「キャント・バイ・ユー・ラヴ」エルトン・ジョン
13/15「ラヴィン・ユー・ベイビー」キッス
14/13「恋はノン・ストップ」マックファーデン&ホワイトヘッド
15/08「シャイン・ラヴ」エレクトリック・ライト・オーケストラ
16/23「サッド・アイズ」ロバート・ジョン
17/22「リード・ミー・オン」マキシン・ナイチンゲール
18/11「ブギー・ワンダーランド」アース・ウインド&ファイアwithエモーションズ
19/19「ドゥ・イット・オア・ダイ」アトランタ・リズム・セクション
20/20「ゲッティング・クローサー」ウイングス

21/14「スタンド・イット・ノー・モア」ピーター・フランプトン
22/31「アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン」アース・ウインド&ファイア
23/24「まぼろしの風」カンサス
24/26「どうせ恋だから」ブロンディ
25/27「奴に気をつけろ」ジョー・ジャクソン
26/33「悪魔はジョージアへ」チャーリー・ダニエルズ・バンド
27/30「サスピションズ」エディ・ラビット
28/17「シー・ビリーヴス・イン・ミー」ケニー・ロジャース
29/35「涙の別れ道」ディオンヌ・ワーウィック
30/21「ダズ・ユア・マザー・ノゥ」アバ

31/25「月影のふたり」アン・マレー
32/45「グッバイ・ストレンジャー」スーパートランプ
33/44「ロンサム・ルーザー」リトル・リバー・バンド
34/36「モーニング・ダンス」スパイロ・ジャイラ
35/37「レッツ・ゴー」カーズ
36/39「貴方に首ったけ」ボニー・ポインター
37/38「キッス・イン・ザ・ダーク」ピンク・レディ
38/42「ハイウェイ・ソング」ブラックフット
39/43「ホット・サマー・ナイト」ナイト
40/47「ボーン・トゥ・ビー・アライヴ」パトリック・ヘルナンデス


【ニューエントリーこめんと】

☆「グッバイ・ストレンジャー」スーパートランプ
(Goodbye Stranger / Supertramp)

>地声とウラ声を巧みに使い分けた、これまた感動的な作品。
エレキ・ピアノの調べはヒキョーである。
でも最高位は15位とは、なかなか手厳しいですな。
アルバム「ブレックファスト・イン・アメリカ」(Breakfast In America)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F480%2F148480%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv40412

☆「ロンサム・ルーザー」リトル・リバー・バンド
(Lonesome Loser / Little River Band)

>これ見よがしに、いきなり響き渡る絶妙のハーモニーの美しい事といったらもう・・・☆
コレに楽曲の良さも加わりながら(ちょい重いか?)、最高位は6位とは
なかなか・・・(以下同文)。
でも、日本の洋楽チャートでは完全に無視状態だったのは相変わらず。(涙)
しかもサブタイトル風の邦題が“孤独な負け犬”とは、あまりにもトホホな
扱いだ・・・。(血涙)
アルバム「栄光のロング・ラン」(First Under The Wire)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F214%2F120214%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「ハイウェイ・ソング」ブラックフット
(Highway Song / Blackfoot)

>1972年フロリダ州ジャクソンビルで結成。
サザン・ロックとハード・ロックを融合させたようなイカしたサウンド。
アルバム・バージョンでは7分にも及ぶ大作で、前半は地味なサザン・ロック風で、
後半はハードなロックへとその姿を変える!
最高位26位。
バンド自体は、95年に解散したようだ。
アルバム「真紅の砦」(Strikes)より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F137%2F83137%5F1%5F10%2Easx%3Fobj%3Dv40416

☆「ホット・サマー・ナイト」ナイト
(Hot Summer Night / Night)

>1979年に、マンフレッド・マンズ・アース・バンドのリード・ボーカリストだった
クリス・トンプソンがロサンゼルスで立ち上げたバンド。
作品自体は、かのウォルター・イーガンの作品なのだが、曲名「ホット・サマー~」の
イメージをとても上手く表現させたメロディ・ラインで、当時はシングルを購入し
よく聴いたものである。
最高位18位は不満足な結果だが、名曲であろう。
82年に解散。
アルバム"Night"より。

☆「ボーン・トゥ・ビー・アライヴ」パトリック・ヘルナンデス
(Born To Be Alive / Patrick Hernandez)

>1949年フランスのグアドループ出身のシンガー。
典型的ともいえる当時を代表するような自作のディスコ・ソング。
アメリカでは一発屋とはいえ、母国では超が付く売れっ子だったらしく、
デビュー前のマドンナが彼の元へ足を運び、バック・コーラスとダンサーを
担当した事があるらしい☆
ところで"Born"の発音が独特なのは、フランス訛りなのであろうか?
(「ボンジュール」の発音に近い?)ロング・バージョンでは、くどいくらい
訛った(?)"Bor~n"が聞けるので機会があればどうぞ♪
最高位は16位。
アルバム"Born To Be Alive"より。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F858%2F82858%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv10316
音楽チャート1979年8月チャートTB : 0CM : 0
1986年9月20日付(アート・オブ・ノイズ、アメリカに上陸!)HOME1986年9月13日付(異色なバラード?シンディ・ローパー)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/211-5f14afbc



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。