ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年8月02日付(復活!モンキーズ!!) ]
2006-07-29(Sat) 17:17:49
01/05「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ
02/01「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル
03/02「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
04/06「パパ・ドント・プリーチ」マドンナ
05/03「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
06/08「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル
07/07「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート
08/04「ナスティ」ジャネット・ジャクソン
09/12「テイク・アワ・クロージズ・オフ」ジャーメイン・スチュワート
10/11「オポチュニティズ」ペット・ショップ・ボーイズ

11/10「モダン・ウーマン」ビリー・ジョエル
12/18「ハイヤー・ラヴ」スティーヴ・ウィンウッド
13/20「ルーモアズ」タイメックス・ソーシャル・クラブ
14/15「ディギング・ユア・シーン」ブロウ・モンキーズ
15/23「ヴィーナス」バナナラマ
16/22「エッジ・オブ・ヘヴン」ワム
17/21「君だけに愛を」ジェフリー・オズボーン
18/24「スウィート・フリーダム」マイケル・マクドナルド
19/33「ダンシング・オン・ザ・シーリング」ライオネル・リッチー
20/13「ユア・ワイルデスト・ドリームス」ムーディ・ブルース

21/27「スザンヌ」ジャーニー
22/09「ホールディング・バック・イヤーズ」シンプル・マインズ
23/32「愛は吐息のように」ベルリン
24/26「テイク・イット・イージー」アンディ・テイラー
25/19「シークレット・セパレイション」フィクス
26/30「オール・ザ・ラヴ」アウトフィールド
27/14「フーズ・ジョニー」エル・デバージ
28/31「ワン・ステップ・クローサー・トゥ・ユー」ギャヴィン・クリストファー
29/16「サッド・ソングス」ビリー・オーシャン
30/34「ベイビー・ラヴ」レジーナ

31/41「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」グロリア・ロリング&カール・アンダーソン
32/17「ハート・マインド」GTR
33/37「ワーズ・ゲット・イン・ザ・ウェイ」マイアミ・サウンド・マシーン
34/40「ヤンキー・ローズ」デヴィッド・リー・ロス
35/45「ランブルシート」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
36/46「君がいて僕がいる」モンキーズ
37/25「悲しき願い」ハワード・ジョーンズ
38/43「テイクン・イン」マイク&ザ・メカニックス
39/42「ハート・アタック」ディヴァイス
40/49「マン・サイズ・ラヴ」クライマックス


【ニューエントリーこめんと】

☆「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」グロリア・ロリング&カール・アンダーソン
(Friends And Lovers / Gloria Loring & Carl Anderson)

>1946年ニューヨーク出身のプロデューサー兼歌手のグロリア・ロリング、
1945年バージニア州リンチバーグ出身のR&B歌手、カール・アンダーソンの男女によるコラボ。
それはもう、とても美しきラヴ・バラードかな♪
ボーイ・ミーツ・ガールの88年のヒット、「スター・トゥ・フォール」
(Waitting For A Star To Fall)の上位バージョンか!?
最高位2位。
二人にとっては、最初で最後のトップ40ヒットである。
なお、カール・アンダーソンは04年2月に白血病で他界している。
享年58。
グロリア・ロリングのアルバム"Gloria Loring"、カール・アンダーソンのアルバム
「フレンズ・アンド・ラヴァーズ」(Carl Anderson)にそれぞれ収録。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B00000267L001001/1/ref=mu_sam_ra001_001/

☆「ランブルシート」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
(Rumbleseat / John Cougar Mellencamp)

>軽快なロック・ナンバーだが、アルバムから5枚目のシングルともなれば、
息切れ感は否めませぬ。
最高位28位。
アルバム「スケアクロウ」(Scarecrow)より。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B0009IW9D4001009/1/ref=mu_sam_ra001_009/

☆「君がいて僕がいる」モンキーズ
(That Was Then,This Is Now / The Monkees)

>かのビートルズに匹敵するスターを生み出そうとオーディションを企画し、
選ばれし者たちによって1965年カリフォルニア州ロサンゼルスで結成。
TV番組「ザ・モンキーズ・ショウ」の影響もあり、その人気はアメリカ本土だけではなく
世界中に飛び火する事となる!
しかし盛者必衰、70年にはひっそりと活動を停止したのだが、
86年MTVで「ザ・モンキーズ~」が再放送されるとその人気が再沸騰。
再結成され作品も新たに発表、久々にトップ40にその名を示す!
流行りの80'sサウンドに反逆するような往年のモンキーズ・サウンドを継承し、
最高位20位をマーク。
アルバムも複数をトップ100に送り込むほどの再ブームを築く。
ちなみに日本でも80年にTVCMに使用され、ちょっとした人気を博したものであるが、
ワタシにはどうにもピンと来るサウンドではなく、残念ナリ・・・★
アルバム「ザ・ベスト/モンキーズ」(Then & Now / The Best Of Monkees)より。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B00000IQ10001019/1/ref=mu_sam_ra001_019/

☆「テイクン・イン」マイク&ザ・メカニックス
(Taken In / Mike & The Mechanics)

>アルバムのラストを締めくくっていた、消え入りそうなほど静寂なナンバー。
チャート的にもひっそりと32位に4週も粘り続け、圏外に去っているのがなんとも渋い。
アルバム「マイク&ザ・メカニックス」(Mike + The Mechanics)からの3rdシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000002IIG001009/1/ref=mu_sam_ra001_009/

☆「ハート・アタック」ディヴァイス
(Hanging On A Heart Attack / Device)

>ニューヨーク出身のミュージシャン兼ソング・ライターであるホリー・ナイトが
80年の“スパイダー”に引き続いて立ち上げたロック・バンド。
しかし、今回もスパイダー同様なんとかトップ40に1曲だけ食い込ませるヒットに
留まり(最高位35位)、大成功には至らず。
ロッド・スチュワートや、ハート等に提供した作品はグイグイと
トップ10内に突入していったのにねぇ。
しかもマズイ事に、ワタシはスパイダーにしろこのディヴァイスにしろ、
一発ヒットとなった作品に対してまるで記憶がナイのはどういうコトなんでしょうか?
しかも両バンド名すら記憶に薄いのはナゼ・・・!?
ホリー・ナイトという女性(美人!)とは、まるで縁がなかったのでありましょうか??
ホント“謎”である。(^^;
アルバム「22B3」(22B3)より。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000005NMV001001/1/ref=mu_sam_ra001_001/

☆「マン・サイズ・ラヴ」クライマックス
(Man Size Love (From "Running Scared") / Klymaxx)

>名バラード、「アイ・ミス・ユー」(I Miss You)の一発ヒットで
終了するのかと思いきや、気合の入ったややアップ・テンポなナンバーで、
2曲目のトップ40ヒットを記録。
最高位15位。
一発屋さんでも良かったのに・・・。(スミマセン)
サントラ「ランニング・スケアード」(Running Scared)より。

ttp://www.amazon.co.jp/gp/music/clipserve/B000002P00001004/1/ref=mu_sam_ra001_004/
音楽チャート1986年8月チャートTB : 0CM : 0
1986年8月09日付(カナダ発爽やかロック、グラス・タイガー)HOME『ベル~カネボウ・ヒット・ソングス』 オムニバス (中古)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/202-fd86cf35



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。