ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 『ベル~カネボウ・ヒット・ソングス』 オムニバス (中古) ]
2006-07-27(Thu) 20:26:27
Belle~カネボウ・ヒット・ソングス Belle~カネボウ・ヒット・ソングス
オムニバス、ティナ・チャールズ 他 (2004/06/23)
Sony Music Direct

この商品の詳細を見る


01.「Oh!クッキーフェイス」ティナ・チャールズ
02.「Mr.サマータイム」サーカス
03.「君は薔薇より美しい」布施明
04.「唇よ、熱く君を語れ」渡辺真知子
05.「How Many いい顔」郷ひろみ

06.「Rock'n Rouge」松田聖子
07.「君に、胸キュン。~浮気なヴァカンス~」Y.M.O.
08.「春咲小紅」矢野顕子
09.「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」中原めいこ
10.「吐息でネット」南野陽子

11.「すみれSeptember Love」一風堂
12.「赤道小町 ドキッ」山下久美子
13.「にくまれそうなNEWフェイス」吉川晃司
14.「キッスは目にして!」ヴィーナス
15.「ワインカラーのときめき」新井満

16.「星化粧ハレー」ハイ・ファイ・セット
17.「夢・恋・人。」藤村美樹
18.「きみはどこまで美しくなるのか」因幡晃
19.「プリンセス TIFFA」白井貴子&CRAZY BOYS
20.「C-Girl」浅香唯

21.「Bonjour お目、目さん。」アラン・シャンフォー
22.「Oh!クッキーフェイス」夏目雅子

>1975年から88年にかけて、カネボウ化粧品のTVCMで使用された
キャンペーン・ソング集。

ヒット・メーカーと、一発屋というよりもシングル・ヒットを飛ばすような
アーティストではない(いわゆるアルバム・アーティスト)方々も
含まれているのが面白い。
おそらくTVCM用にと依頼がきて、気合を込めて売れ線仕様な曲を
書き下ろしたのでありましょう。

すべての作品がリアルタイムで聞いて来た作品になるはずなのだが、
後半に進むほど(80年代中盤過ぎあたり)馴染みが薄くなってくるのはナゼ?(^^;

しかし、序盤から中盤にかけてはもう懐かしさの洪水のようなもので、
作品によってその当時の記憶が呼び覚まされます。
CM映像は、まるで思い出せないのにねぇ・・・。

(21)がこのキャンペーンのスタート曲(75年)だとすると、ワタシが
中学2年生の頃から始まったのが良くわかる。
なにしろ当時、中学校の昼休みに校内のスピーカーから流れてきたのが
この曲だったのだ。
もっとも、音楽を理解出来ないアタマの硬い某教頭によって、
演奏が中止させられてしまったのだが・・・。(やれやれ)

(01)は、当時よく聞いていた洋楽ラジオ番組「オール・ジャパン・ポップ20」に
ランク・インしてきた時、他の洋楽作品と比較すると明らかに浮いており、
イライラさせられたものだが、今となってはこのようにしっかりと思い出にと
変換されているので大した物である☆(^^)

他にも思い出をたっぷりと含んだ曲もあるのだが、まぁこれくらいにしておきましょう。
邦楽CDレビューAmazonと旅する(邦楽編)TB : 0CM : 0
1986年8月02日付(復活!モンキーズ!!)HOME1986年7月26日付(ソロとして再び!デヴィッド・リー・ロス)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/201-c4076186



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。