ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 『トレジャーズ』 山下達郎 (中古) ]
2006-07-16(Sun) 21:22:43
TREASURES TREASURES
山下達郎 (1999/06/02)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


01.高気圧ガール
02.スプリンクラー
03.ゲット・バック・イン・ラヴ
04.風の回廊(コリドー)
05.アトムの子

06.エンドレス・ゲーム
07.踊ろよ、フィッシュ
08.ターナーの汽罐車
09.土曜日の恋人
10.ジャングル・スウィング

11.世界の果てまで
12.おやすみロージー
13.クリスマス・イヴ
14.さよなら夏の日
15.蒼氓

16.パレード

>1953年2月東京都豊島区出身。

シンガー・ソングライター兼、作曲家兼、プロデューサーと、もう音楽に関しては
なんでもひとりで出来るもん♪の日本人バージョン。(スミマセン)
奥方は、これまたシンガー・ソングライターの竹内まりや嬢とあっては、
もう無敵に近いか?(^^;

何年もの時が流れようとも、旧さを感じさせない作品を提供するのが山下氏の
モットーらしいのだが、たしかにそのキャッチ・フレーズには偽りのない楽曲群。
もちろん作品のクォリティの高さも折り紙付きだ☆

しかし、クセというか個性というモノが若干弱いのであろうか、安心して全曲を
聴き流せてしまうキケン性があるかも・・・?
実際過去に彼のLPを2枚ほど購入したことがあるのだが、“とっつき易く、
飽きやすい”ってな感想だったかな。
もっとしゃべれば、ベスト盤を1枚持っていればOK!ってなヤツだ。
(ほんっと、ゴメンナサイ!)

ただ、飛び抜けて素晴らしい完成度だと思う(13)は、シングルも所持しているし、
シーズン・オフに聴いても実にウキウキとした気分にさせてくれる“名曲”でしょうなぁ。
(CMによる“刷り込み”かもしれないが)

偉そうな言葉ををつらつらと並べてしまったのだが、日本を代表するアーティストであり、
プロデューサーであるのはまごうことない事実でありましょう。
邦楽CDレビューAmazonと旅する(邦楽編)TB : 0CM : 2
1979年7月21日付(待ったぜヒーロー?やったぜナック!?そしてピンク・レディ!!)HOME1986年7月19日付(最後の打ち上げ花火?ベルリン)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。