ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年7月19日付(最後の打ち上げ花火?ベルリン) ]
2006-07-15(Sat) 20:17:36
01/02「インヴィジブル・タッチ」ジェネシス
02/06「スレッジハンマー」ピーター・ガブリエル
03/04「ナスティ」ジャネット・ジャクソン
04/07「デンジャー・ゾーン」ケニー・ロギンス
05/01「ホールディング・バック・イヤーズ」シンプル・マインズ
06/05「フーズ・ジョニー」エル・デバージ
07/11「グローリー・オブ・ラヴ」ピーター・セテラ
08/03「サッド・ソングス」ビリー・オーシャン
09/09「ユア・ワイルデスト・ドリームス」ムーディ・ブルース
10/17「ラヴ・タッチ」ロッド・スチュワート

11/18「マッド・アバウト・ユー」ベリンダ・カーライル
12/24「パパ・ドント・プリーチ」マドンナ
13/16「オポチュニティズ」ペット・ショップ・ボーイズ
14/14「ハート・マインド」GTR
15/19「モダン・ウーマン」ビリー・ジョエル
16/12「ライク・ア・ロック」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド
17/22「テイク・アワ・クロージズ・オフ」ジャーメイン・スチュワート
18/21「ディギング・ユア・シーン」ブロウ・モンキーズ
19/08「悲しき願い」ハワード・ジョーンズ
20/10「タフ・イナフ」ファビュラス・サンダーバーズ

21/26「シークレット・セパレイション」フィクス
22/23「ドリームス」ヴァン・ヘイレン
23/13「オン・マイ・オウン」パティ・ラベル&マイケル・マクドナルド
24/15「クラッシュ・オン・ユー」ジェッツ
25/30「君だけに愛を」ジェフリー・オズボーン
26/20「愛に誓いを」38スペシャル
27/34「ハイヤー・ラヴ」スティーヴ・ウィンウッド
28/33「ルーモアズ」タイメックス・ソーシャル・クラブ
29/35「テイク・イット・イージー」アンディ・テイラー
30/37「スザンヌ」ジャーニー

31/41「エッジ・オブ・ヘヴン」ワム
32/39「スウィート・フリーダム」マイケル・マクドナルド
33/36「ハイパーアクティヴ」ロバート・パーマー
34/43「ヴィーナス」バナナラマ
35/40「オール・ザ・ラヴ」アウトフィールド
36/38「ワン・ステップ・クローサー・トゥ・ユー」ギャヴィン・クリストファー
37/25「マウンテンズ」プリンス&ザ・レヴォリューション
38/48「愛は吐息のように」ベルリン
39/47「ベイビー・ラヴ」レジーナ
40/ー「ダンシング・オン・ザ・シーリング」ライオネル・リッチー


【ニューエントリーこめんと】

☆「エッジ・オブ・ヘヴン」ワム
(The Edge Of Heaven / Wham!)

>短期間ながらも全米を席巻した“ワム”としてのラスト・トップ40ヒット。
明るいポップな路線は健在なれども、あきらかに投げやりっぽい作りに感じるのは、
ユニットが終焉を迎えている証しなのか?
最高位10位。
アルバム「エッジ・オブ・ヘヴン」(Music From The Edge Of Heaven)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000266C001001/

☆「ヴィーナス」バナナラマ
(Venus / Bananarama)

>1970年にショッキング・ブルーが放った全米No.1ヒットをカバー。
ストック/エイトケン/ウォーターマンの手により、80年代風のダンス・ミュージックに
味付けされ、オリジナル同様全米の頂点を極める(1週)。
ワタシにはちとノリが軽過ぎて、いまいち受け入れられなかったかなぁ。
アルバム「ヴィーナス/バナナラマ3」(True Confession)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00006831N001006/

☆「愛は吐息のように」ベルリン
(Take My Breath Away (Love Theme From "Top Gun") / Berlin)

>約2年ぶり2曲目のトップ40ヒットは、まさに“愛のテーマ”ってな雰囲気を漂わせまくる
ミディアム・スローなバラード。
こちらも見事トップの座に立つ(1週)!
まさかベルリンがこのような作品を提供してくるとはと当時は驚いたものだが、
これがラスト・トップ40ヒットとなってしまった。
サントラ「トップ・ガン」(Top Gun)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000K2UX001005/

☆「ベイビー・ラヴ」レジーナ
(Baby Love / Regina)

>ニューヨーク州ブルックリン出身。
本名レジーナ・リチャーズ。
80年代前半にレジーナ・リチャーズ&レッド・ホットというバンド名義でデビューしたものの、
鳴かず飛ばずで終了。
で、今回はソロとしてマドンナに提供されていた作品を取り上げ、
最高位10位をマークする成功を収める。
マドンナのヒット曲“ホリディ”を彷彿とさせるメロディ・ラインは、
まさにマドンナ向けの曲だったというのがよく判りますなぁ。
一発ヒットで終了してしまったのだが、この作品自体は90年代前半に、
カイリー・ミノーグの妹ダニー・ミノーグによってカバーされ、
イギリスでヒットしたようだ。
アルバム「キュリオシティ」(Curiosity)より。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002IKV001002/

☆「ダンシング・オン・ザ・シーリング」ライオネル・リッチー
(Dancing On The Ceiling / Lionel Richie)

>御大の作品にしてはOPがライト過ぎて心配したのだが、
それ以降の音作りは納得いった一品。
ポップなダンス・ナンバーが最高位2位を記録。
しかし、この作品以降じわじわとジリ貧への道を歩む事になろうとは、
ダレが予想出来たでありましょうか?
アルバム「セイ・ユー・セイ・ミー」(Dancing On The Ceiling)からのカット。
アルバム原題が"Dancing On The Ceiling"なのに、邦題が・・・ねぇ。(^^;

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00007KQ70001015/
音楽チャート1986年7月チャートTB : 0CM : 0
『トレジャーズ』 山下達郎 (中古)HOME『GREATEST HITS 1990-1999』 布袋寅泰 (中古)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/197-63a371c6



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。