ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1979年7月14日付(記録的長文の原題曲がエントリー) ]
2006-06-28(Wed) 20:30:12
01/02「バッド・ガール」ドナ・サマー
02/01「リング・マイ・ベル」アニタ・ワード
03/03「ホット・スタッフ」ドナ・サマー
04/04「恋するチャック」リッキー・リー・ジョーンズ
05/05「シー・ビリーヴス・イン・ミー」ケニー・ロジャース
06/07「ブギー・ワンダーランド」アース・ウインド&ファイアwithエモーションズ
07/09「メイキン・イット」デヴィッド・ノートン
08/10「甘い罠」チープ・トリック
09/13「シャイン・ラヴ」エレクトリック・ライト・オーケストラ
10/11「カリフォルニア・タウン」ジョン・スチュワート

11/06「ロジカル・ソング」スーパートランプ
12/08「ウィ・アー・ファミリー」シスター・スレッジ
13/25「グッド・タイムス」シック
14/17「素敵な娘に出会ったら」ドクター・フック
15/16「踊り明かそう」ヴァン・ヘイレン
16/18「恋はノン・ストップ」マックファーデン&ホワイトヘッド
17/19「スタンド・イット・ノー・モア」ピーター・フランプトン
18/20「ディズ・ゴーン・ダウン」ジェリー・ラファティ
19/21「ユー・キャント・チェンジ・ザット」レイディオ
20/22「ダズ・ユア・マザー・ノゥ」アバ

21/23「ハート・オブ・ザ・ナイト」ポコ
22/24「ラヴィン・ユー・ベイビー」キッス
23/27「キャント・バイ・ユー・ラヴ」エルトン・ジョン
24/26「ドゥ・イット・オア・ダイ」アトランタ・リズム・セクション
25/31「ゲッティング・クローサー」ウイングス
26/33「メーン・イヴェント~ファイト」バーブラ・ストライサンド
27/29「月影のふたり」アン・マレー
28/30「まぼろしの風」カンサス
29/12「ラヴ・ユー・インサイド・アウト」ビー・ジーズ
30/32「アップ・オン・ザ・ルース」ジェームス・テイラー

31/37「リード・ミー・オン」マキシン・ナイチンゲール
32/14「アメリカン・モーニング」ランディ・ヴァンウォーマー
33/35「ウィークエンド」ウェット・ウィリー
34/36「サッド・アイズ」ロバート・ジョン
35/39「奴に気をつけろ」ジョー・ジャクソン
36/15「初恋のときめき」レックス・スミス
37/28「ミニット・バイ・ミニット」ドゥービー・ブラザース
38/46「サスピションズ」エディ・ラビット
39/43「素直に抱かせて」ベラミー・ブラザーズ
40/40「マリード・マン」ベット・ミドラー


【ニューエントリーこめんと】

☆「サスピションズ」エディ・ラビット
(Suspicions / Eddie Rabbitt)

>カントリー・シンガーによるA.O.R.作品でありましょう。
地味と言っちゃあそれまでながらも、最高位13位まで記録を延ばす。
ルパート・ホームスあたりが歌ってもしっくりと来るでしょうなぁ。
アルバム"Loveline"から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002LNQ001004/

☆「素直に抱かせて」ベラミー・ブラザーズ
(If I Said You Had A Beautiful Body Would You Hold It Against It / Bellamy Brothers)

>フロリダ州ダービー出身の、ハワード&デヴィッド・ベラミー兄弟による
カントリー・ユニット。
68年に“ジェリコ”を結成したものの、3年で解散。
その後、76年にベラミー・ブラザーズとして「愛はそよかぜ」(Let Your Love Flow)を
全米No.1に送りこんで以来、2作目となるトップ40ヒットがコレである。
爽やかなアコースティック・ナンバーだが、この容赦無く長い原題に邦題が付いた日にゃ、
正直ホッとしたものである。
(エアチェック・テープのインディックス・カードに、曲名を明記するのが大変なのだよ☆)
また当時のグラミー賞にノミネートされた時、この曲名を読み上げる女性(アーティスト?)の
恥ずかしそうな表情が忘れられません♪
ちなみに“全米トップ40”でも、この長いタイトルを訳すのをためらっておりましたよ。(^^;
最高位は39位ながらも、色々と思い出深い一曲でございます。
アルバム"The Two And Only"から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000000DE5001002/

★圏外88位★

☆「ベイビー・アイ・ウォント・ユー」ファンキー・コミュニケーション・コミッティ
(Baby I Want You / Funky Communication Committee)

>アーティスト・データを発見出来なくて残念・・・。
当時、NHK-FMで日曜日の午前に放送されていたワールド・ミュージックを
種類別(カントリーやカンツォーネ等)にして流していた番組(名前忘れた!)から
エアチェックした一曲。
たしかカントリーのコーナーで取り上げられたのだが、作品的には
とてもファンキーなA.O.R.ってな感じの作品。
コチラはアーティスト名が長尺だが、番組内では"F.C.C."と略されておりましたよ。
最高位47位ながらも、これまた思い出に残る作品であります。
音楽チャート1979年7月チャートTB : 0CM : 0
1986年7月5日付(チャートにカムバック!スティーヴ・ウィンウッド)HOME1986年6月28日付(待望!フィクスの新曲なれど・・・)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/188-2e4968b2



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。