ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 『ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーヴ』 ファンカデリック(中古) ]
2006-05-30(Tue) 20:08:41
ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーヴ ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーヴ
ファンカデリック (2000/06/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る


01.ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーヴ/One Nation Under A Groove
02.グルーヴァレジアンス/Groovallegiance
03.ファンク・バンドがロックを出来ないなんて誰が言ったんだ?!/Who Says A Funk Band Can't Play Rock?!
04.プロメンタルシットバックワッシュサイコシスエネマスクァッド
/Promentalshitbackwashpsychosisenemasquad(The Doo Doo Chasers)
05.イントゥ・ユー/Into You

06.コリー/Cholly(Funk Getting Ready To Roll!)
07.ランチミートフォビア/Lunchmeataphobia
08.P.E.スクァッド/ドゥ・ドゥ・チェイサーズ/P.E.Sound/Doo Doo Chasers
09.マゴット・ブレイン/Maggot Brain


>1968年結成。
バンド名は“ファンク”と“サイケデリック”を融合したもの。
81年に解散。

78年に「この世は全くグルーヴィー」の邦題で発売されたこのアルバム、
当時に購入を迷ったまま幾年月・・・。
二十数年後、ついに腹を決め購入に至る!
ワタシにとって、初のファンク・アーティスト・アルバム買いではなかろうか!?

(1)が当時からのお気に入りだったのだが、他の作品が(1)以上にクセのある
ファンク・ナンバーだったらどうしよう?
変な邦題・原題の作品もあるしなぁ・・・なんて腰が引けていたのだが、
(1)のシングルを購入するつもりで“ええいっ!”とばかりに気合を込めゲット。
(でも“中古”なのが弱虫)

久しぶりに耳にする(1)に懐かしい遠き昔を思い浮かべつつ、
覚悟を決めて(2)以下の楽曲に挑戦(?)!

・・・あれれ!?クセのあるファンクどころか、
A.O.R.っぽい(?)ファンクが始まりましたよ!?

以下、一気に聞き終えたのだが、正直クセのあるファンクは逆に(1)くらいで、
後の作品はすんなりと体に馴染み、溶け込んでいっちゃいましたよ?
まさか発売から時が流れ、アルバム収録の“P-ファンク毒”が中和されて
しまったのであろうか!?
いや、世間では“ファンクの名盤”として絶賛されているアルバムだけに、
やはりコレが真の姿なのであろう。

・・・おいおい、これほどの内容なら発売当時に購入していれば、
個人的歴史に残る名盤として二十数年間、たっぷりと堪能出来ていたものを・・・!
あぁ、人生をチト損した気分である。
そして“騙された”気分でいっぱいであります★

しかし、これで味をしめて他のアルバムや、兄弟バンド“パーラメント”に
手を出したりするのは危険かもしれないなぁ。
ここは、この1枚の“名作”をじっくりと過去二十数年間を取り返すべき(?)如く、
楽しませて戴くとしますかな♪(^^)
洋楽CDレビューAmazonと旅する(洋楽編)TB : 0CM : 2
『Garden』 Sugar Soul feat. Kenji (中古)HOME『ベスト・セレクション』ベイ・シティ・ローラーズ(中古)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。