ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年5月17日付(エル・デバージ、颯爽とソロ・デビュー!) ]
2006-05-13(Sat) 20:28:51
01/03「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」ホイットニー・ヒューストン
02/01「ウエスト・エンド・ガールズ」ペット・ショップ・ボーイズ
03/04「ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラヴ」ヴァン・ヘイレン
04/05「恋するティーン・エイジャー」ジャネット・ジャクソン
05/11「リヴ・トゥ・テル」マドンナ
06/06「ユア・ラヴ」アウトフィールド
07/07「テイク・ミー・ホーム」フィル・コリンズ
08/08「バッド・ボーイ」マイアミ・サウンド・マシーン
09/10「イフ・ユー・リーヴ」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
10/02「恋におぼれて」ロバート・パーマー

11/13「オン・マイ・オウン」パティ・ラベル&マイケル・マクドナルド
12/14「アイ・キャント・ウェイト」ニュー・シューズ
13/15「サムシング・アバウト・ユー」レヴェル42
14/17「ミラクル」マイク&ザ・メカニックス
15/19「イズ・イット・ラヴ」Mr.ミスター
16/20「トゥ・ユアセルフ」ジャーニー
17/12「キッス」プリンス&ザ・レヴォリューション
18/21「ムーヴ・アウェイ」カルチャー・クラブ
19/09「ハーレム・シャッフル」ローリング・ストーンズ
20/22「素敵なファースト・タイム」シャーデー

21/25「クラッシュ・オン・ユー」ジェッツ
22/23「ラフ・ボーイ」ZZトップ
23/28「サッド・ソングス」ビリー・オーシャン
24/16「アメリカン・ストーム」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド
25/33「ナッシン・アット・オール」ハート
26/37「ディファレント・コーナー」ジョージ・マイケル
27/31「悲しき願い」ハワード・ジョーンズ
28/30「トゥモロウ・ダズント・マター・トゥナイト」スターシップ
29/18「マニック・マンディ」バングルズ
30/35「マザーズ・トーク」ティアーズ・フォー・フィアーズ

31/36「聖女伝説」シンプル・マインズ
32/40「ホールディング・バック・イヤーズ」シンプル・マインズ
33/42「ウォナ・ビー・ア・カウボーイ」ボーイズ・ドント・クライ
34/32「スティック・アラウンド」ジュリアン・レノン
35/27「レッツ・ゴー・オール・ザ・ウェイ」スライ・フォックス
36/24「ロック・ミー・アマデウス」ファルコ
37/45「スケアクロウ」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
38/47「ウィーン・コーリング」ファルコ
39/26「ホワット・ユー・ニード」インエクセス
40/50「フーズ・ジョニー」エル・デバージ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ウォナ・ビー・ア・カウボーイ」ボーイズ・ドント・クライ
(I Wanna Be A Cowboy / Boys Don't Cry)

>イギリスのスタジオ・バンドらしいのだが、バンド名がその場での
思いつきっぽいのはそのためか?
地の底からうねるようなボーカルが印象的で、トータル的に不気味な感じが
漂うロック・ナンバー。
最高位12位。
アルバム「ボーイズ・ドント・クライ」(Boys Don't Cry)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000003AYO001004/

☆「スケアクロウ」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
(Rain On The Scarecrow / John Cougar Mellencamp)

>アルバムの冒頭を飾る“つかみ”の作品を4枚目のシングルに持ってきました。
既にベストセラーを記録しているアルバムを、もうちょっと売ろうかな?という
思惑には十分答えられるミディアム・ロックか?(^^;
最高位21位。
アルバム「スケアクロウ」(Scarecrow)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0009IW9D4001001/

☆「ウィーン・コーリング」ファルコ
(Vienna Calling / Falco)

>大ヒットを記録した前作の流れを受け継ぐラップ・ロック。
勢いに乗り18位まで上昇。
また、彼にとってラスト・トップ40作でもある。
アルバム「ロック・ミー・アマデウス」(Falco 3)からの2ndシングル。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F662%2F331662%5F1%5F03%2Easx%3Fobj%3Dv10207

☆「フーズ・ジョニー」エル・デバージ
(Who's Johnny("Short Circuit"Theme) / El Debarge)

>1961(4?)年ミシガン州グランドラピッズ出身。
85年に姉弟グループ“デバージ”を脱退し、某ジョージ・マイケルに負けじとばかりに
こちらもソロ活動開始!
その門出を飾ったのが、映画「ショート・サーキット」(Short Circuit)の
主題歌でもあるこの“リズム・オブ・ザ・ナイト”っぽい陽気なナンバーだ♪
最高位3位と仕上がりも上々だったのだが、この後が不思議と続かず、
ソロとしては“一発屋”という不名誉な烙印を押されるハメに・・・!(涙)
アルバム「エル・デバージ」(El Debarge)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000051Y39001011/

★圏外82位★

☆「ファイネスト」S.O.S.バンド
(The Finest / The S.O.S. Band)

>80年の大ヒット「テイク・ユア・タイム」(Take Your Time(Do It Right))以来の
トップ40ヒットになるかと思ったが惜しくも44位で停滞。
「テイク~」より大人しメのダンス・ナンバー。
ちょいとアピール不足だったか?
アルバム「サンズ・オブ・タイム」(Sands Of Time)から。

★圏外88位★

☆「ピーター・ガンのテーマ」アート・オブ・ノイズ・フューチャリング・デュアン・エディ
(Peter Gunn / The Art Of Noise featuring Duan Eddy)

>1982年イギリスはロンドンで結成。
前衛的な音楽に挑戦し続けていたグループ名どおりの彼らだが、
今回は38年ニューヨーク州コーニング出身の“トゥワンギー”ギタリスト、
デュアン・エディによる60年のインスト・ヒットに着目。
最高位は50位と低迷したものの、その個性あふれるサウンドに注目したアメリカ人も
それなりにいた!?
初のトップ40ヒットは、この数ヶ月後となる。
なお「ピーター・ガン」とは、58年から61年にかけてアメリカで放映された私立探偵ドラマ。
アルバム「イン・ヴィジブル・サイレンス」(In Visible Silence)から。
音楽チャート1986年5月チャートTB : 0CM : 4
1986年5月24日付(復活!ムーディ・ブルース)HOME1986年5月10日付(赤い髪が目印、シンプリー・レッド)

COMMENT

ご迷惑かけてすみません。以後ふるに改名いたします(以後万が一間違えたら指摘して下さい)
さて、ジョン・クーガー・メレンキャンプは激しく好きでした。アルバム「ロンサムジュビリー」なんかが。
しかし、どこを探しても彼のCDが見つからず長いこと聞いてなかったです。
思い出せてていただいてありがとうございました!
b y 「ふる」に改名 | 2006.05.15(01:27) | URL | [EDIT] |
>ふるさん

ジョン・クーガーは、トップ40デビュー当時から、ジワジワと音楽性が変化してきましたよね。
でも、一番変化したのは自身の名前かも?(^^;
b y ぶるじん | 2006.05.15(21:39) | URL | [EDIT] |
  + どうもです
どうしてメレンキャンプとっちゃんたんでしょうね?あれ?付け加えたんでしたっけ?
今は活動してないんですかね…
b y ふる | 2006.05.16(00:19) | URL | [EDIT] |
>ふるさん

ジョン・クーガー→ジョン・クーガー・メレンキャンプ→ジョン・メレンキャンプと、出世魚の如く変化していきましたが、
現在は本名(だよね?)のジョン・メレンキャンプ名義で活動中のようです。

“クーガー”という芸名(?)を、以前から嫌っていたようですね、彼は☆(^^;
b y ぶるじん | 2006.05.16(21:57) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/173-c0aa74f7



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。