ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年5月3日付(大家族から厳選!?ジェッツ登場) ]
2006-04-29(Sat) 22:46:41
01/02「恋におぼれて」ロバート・パーマー
02/03「ウエスト・エンド・ガールズ」ペット・ショップ・ボーイズ
03/01「キッス」プリンス&ザ・レヴォリューション
04/05「ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラヴ」ヴァン・ヘイレン
05/06「ハーレム・シャッフル」ローリング・ストーンズ
06/08「恋するティーン・エイジャー」ジャネット・ジャクソン
07/12「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」ホイットニー・ヒューストン
08/09「ユア・ラヴ」アウトフィールド
09/10「テイク・ミー・ホーム」フィル・コリンズ
10/04「マニック・マンディ」バングルズ

11/13「バッド・ボーイ」マイアミ・サウンド・マシーン
12/18「イフ・ユー・リーヴ」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
13/14「アメリカン・ストーム」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド
14/24「リヴ・トゥ・テル」マドンナ
15/07「ロック・ミー・アマデウス」ファルコ
16/21「オン・マイ・オウン」パティ・ラベル&マイケル・マクドナルド
17/22「アイ・キャント・ウェイト」ニュー・シューズ
18/20「サムシング・アバウト・ユー」レヴェル42
19/15「レッツ・ゴー・オール・ザ・ウェイ」スライ・フォックス
20/11「ホワット・ユー・ニード」インエクセス

21/25「ミラクル」マイク&ザ・メカニックス
22/16「アイ・シンク・イッツ・ラヴ」ジャーメイン・ジャクソン
23/28「イズ・イット・ラヴ」Mr.ミスター
24/17「テンダー・ラヴ」フォースMD's
25/34「トゥ・ユアセルフ」ジャーニー
26/23「アイ・ドゥ・ホワット・アイ・ドゥ」ジョン・テイラー
27/33「ムーヴ・アウェイ」カルチャー・クラブ
28/31「ラフ・ボーイ」ZZトップ
29/32「素敵なファースト・タイム」シャーデー
30/19「君にさよなら」ダイアー・ストレイツ

31/26「サタディ・ラヴ」シェレールwithアレキサンダー・オニール
32/44「クラッシュ・オン・ユー」ジェッツ
33/37「スティック・アラウンド」ジュリアン・レノン
34/40「トゥモロウ・ダズント・マター・トゥナイト」スターシップ
35/38「フィール・イット・アゲイン」ハネムーン・スィート
36/42「悲しき願い」ハワード・ジョーンズ
37/47「サッド・ソングス」ビリー・オーシャン
38/45「マザーズ・トーク」ティアーズ・フォー・フィアーズ
39/43「聖女伝説」シンプル・マインズ
40/48「ナッシン・アット・オール」ハート


【ニューエントリーこめんと】

☆「クラッシュ・オン・ユー」ジェッツ
(Crush On You / The Jets)

>1986年ミネソタ州ミネアポリス出身のウルフグラム家17人兄弟姉妹(!)から、
8人が選別(?)され結成。
ダンサブルな作品なのだが、レディ・フォー・ザ・ワールドの「Oh!シーラ」に
似たような感じを受けてしまうのは大きなお世話か?
最高位3位。
デバージとたまにごちゃ混ぜになるのは、大きなお世話であろう。(^^;
アルバム「キュリオシティ」(The Jets)からの1stシングル。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F726%2F279726%5F1%5F01%2Easx%3Fobj%3Dv41129

☆「悲しき願い」ハワード・ジョーンズ
(No One Is To Blame / Howard Jones)

>アルバム「ドリーム・イントゥ・アクション」(Dream Into Action)に
収録されていた作品を、ゲストにフィル・コリンズを迎えて新録音したものを
シングルとしてカット。
結果として、彼最大のヒット曲(最高位4位)として結果を残す事となる。
ワタシとしては、このような大人しくて地味な作品より彼が奏でる独特の
シンセ・サウンドが響き渡る曲の方が、はるかに好みである。
ミニ・アルバム(?)"Action Replay"からのカットになるのかな?
次のアルバム「ワン・トゥ・ワン」(One To One)にも、この新バージョンが
収められたようだ。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002H3Y001011/

☆「サッド・ソングス」ビリー・オーシャン
(There'll Be Sad Songs(To Make You Cry) / Billy Ocean)

>どうにもワタシと相性が悪いのか、聞いていてひたすら退屈なバラード。
No.1に輝いている(1週)とはいえ、やっぱタイクツだ・・・。(スミマセン)
アルバム「ラヴ・ゾーン」(Love Zone)からの1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0000004VW001004/

☆「マザーズ・トーク」ティアーズ・フォー・フィアーズ
(Mother's Talk / Tears For Fears)

>アルバムから4枚目のシングル・カットともなれば、そろそろ出涸らし感炸裂な
気もするのは仕方がないか?
ちょいとハードな感じで、異色な感じを受けるのだが・・・。
最高位27位。
アルバム「シャウト」(Songs From The Big Chair)から。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000JR29001004/

☆「聖女伝説」シンプル・マインズ
(All The Things She Said / Simple Minds)

>こちらもアルバムから3枚目のカットで早くも弾切れ感はあるのだが、
まだまだインパクトの強さは残るロックかな。
最高位28位。
かのお騒がせ一発屋、“タトゥー”のヒット曲とは同名異曲なのは言うまでもナシ!
今となっては、この邦題が意味深で笑わせてくれます☆(^^;
アルバム「ワンス・アポン・ア・タイム」(Once Upon A Time)より。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0000793ZB001002/

☆「ナッシン・アット・オール」ハート
(Nothin' At All / Heart)

>さてさてこちらはアルバムから4枚目のカットながらも、それなりのクオリティを
保っており、美人姉妹の追加要素も加わり(?)最高位10位とトップ10入りにまで成長。
(5枚目のシングルは、しっかりとコケたのだが・・・)
アルバム「ハート」(Heart)からでっせ♪(^^)

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F103%2F109103%5F1%5F08%2Easx%3Fobj%3Dv10207
音楽チャート1986年5月チャートTB : 0CM : 0
1979年6月30日付(マイペースで上昇、ロバート・ジョン)HOME1986年4月26日付(親父は偉大すぎたか、ジュリアン!?)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/169-4d8b71ac



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。