ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年4月26日付(親父は偉大すぎたか、ジュリアン!?) ]
2006-04-22(Sat) 22:10:38
01/01「キッス」プリンス&ザ・レヴォリューション
02/03「恋におぼれて」ロバート・パーマー
03/05「ウエスト・エンド・ガールズ」ペット・ショップ・ボーイズ
04/02「マニック・マンディ」バングルズ
05/09「ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラヴ」ヴァン・ヘイレン
06/08「ハーレム・シャッフル」ローリング・ストーンズ
07/04「ロック・ミー・アマデウス」ファルコ
08/12「恋するティーン・エイジャー」ジャネット・ジャクソン
09/13「ユア・ラヴ」アウトフィールド
10/14「テイク・ミー・ホーム」フィル・コリンズ

11/06「ホワット・ユー・ニード」インエクセス
12/22「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」ホイットニー・ヒューストン
13/18「バッド・ボーイ」マイアミ・サウンド・マシーン
14/15「アメリカン・ストーム」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド
15/07「レッツ・ゴー・オール・ザ・ウェイ」スライ・フォックス
16/17「アイ・シンク・イッツ・ラヴ」ジャーメイン・ジャクソン
17/10「テンダー・ラヴ」フォースMD's
18/20「イフ・ユー・リーヴ」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
19/21「君にさよなら」ダイアー・ストレイツ
20/27「サムシング・アバウト・ユー」レヴェル42

21/31「オン・マイ・オウン」パティ・ラベル&マイケル・マクドナルド
22/28「アイ・キャント・ウェイト」ニュー・シューズ
23/25「アイ・ドゥ・ホワット・アイ・ドゥ」ジョン・テイラー
24/35「リヴ・トゥ・テル」マドンナ
25/29「ミラクル」マイク&ザ・メカニックス
26/26「サタディ・ラヴ」シェレールwithアレキサンダー・オニール
27/11「ロック・イン・ザ・U.S.A.」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
28/33「イズ・イット・ラヴ」Mr.ミスター
29/16「アイ・キャント・ウェイト」スティーヴィ・ニックス
30/19「シークレット・ラヴァー」アトランティック・スター

31/36「ラフ・ボーイ」ZZトップ
32/37「素敵なファースト・タイム」シャーデー
33/40「ムーヴ・アウェイ」カルチャー・クラブ
34/39「トゥ・ユアセルフ」ジャーニー
35/24「オーヴァージョイド」スティーヴィ・ワンダー
36/23「ジーズ・ドリーム」ハート
37/44「スティック・アラウンド」ジュリアン・レノン
38/43「フィール・イット・アゲイン」ハネムーン・スィート
39/30「フォー・アメリカ」ジャクソン・ブラウン
40/46「トゥモロウ・ダズント・マター・トゥナイト」スターシップ


【ニューエントリーこめんと】

☆「スティック・アラウンド」ジュリアン・レノン
(Stick Around / Julian Lennon)

>興味津々な2ndアルバム、「デイドリームの街で」(The Secret Value Of Daydreaming)
(なんちゅう邦題♪)からの1stシングル。
1stアルバムからのシングルは、取っ付き易さ・聴き易さを兼ね備えていたと思うのだが、
今作はちょっと捻り過ぎたような気がしないでもないのだが・・・。
飽きられないようにと考え過ぎたのが敗因なのか、最高位32位と伸びず。
ラスト・トップ40ヒットとなってしまった・・・。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00005N83A001005/

☆「フィール・イット・アゲイン」ハネムーン・スィート
(Feel It Again / Honeymoon Suite)

>1984年カナダはオンタリオで結成されたポップ・ロックバンド。
正直、今回試聴で初めて聴いたと思うのでコメントにこまるのだが、
ベイビーズをハードにしたような感じ・・・?(^^;
最高位34位。
アルバム「ビッグ・プライズ」(The Big Prize)からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002L7X001002/

☆「トゥモロウ・ダズント・マター・トゥナイト」スターシップ
(Tomorrow Doesn't Matter Tonight / Starship)

>ジェファーソン時代を思い出させるようなハード・ナンバー。
しかし、邦題を付けない長文カタカナ原題は、あまりにもマヌケな気がして
なりませぬ・・・☆
最高位26位。
アルバム「フープラ」(Knee Deep In The Hoopla)から3rdシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002W8Q001003/
音楽チャート1986年4月チャートTB : 0CM : 0
1986年5月3日付(大家族から厳選!?ジェッツ登場)HOME1979年6月23日付(復活!?エルトン・ジョン)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/167-e74e1f77



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。