ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 『ピカいち~70's』オムニバス(中古) ]
2006-04-16(Sun) 14:37:42
20060416143648.jpg


01.「銃爪(ひきがね)」ツイスト
02.「夢想花」円広志
03.「時のいたずら」松山千春
04.「真夜中のドア~Stay With Me~」松原みき
05.「カントリー・ガール」谷山浩子

06.「みずいろの手紙」あべ静江
07.「想い出まくら」小坂恭子
08.「まちぶせ」三木聖子
09.「気絶するほど悩ましい」Char
10.「どうにもとまらない」山本リンダ

11.「蘇える金狼のテーマ」前野曜子
12.「夕暮れ時はさびしそう」N.S.P.
13.「八月の濡れた砂」石川セリ
14.「道標(しるべ)ない旅」永井龍雲
15.「およげ!たいやきくん」子門真人


>CDジャケットが、かの台所用洗剤“ママ○モン”のロゴ・マークから
拝借したような形状なのに、思わずニヤリ☆

さて、これら70年代を代表するであろう歌謡曲を耳にすると、やはり思い出されるのが
AMラジオで日曜の朝に放送されていたロイ・ジェームス氏司会によるカウント・ダウン番組
「不二家 歌謡ベストテン」でありましょう。
(12)を聴くと、続けてアグネスチャンの「美しい朝が来ます」がメドレーで
思い浮かべてしまうのも、この番組を聞いていた事による“すりこみ“現象で
あるのは確かだ。(^^;

しかしCDで、いやステレオ音源で改めてこれらの作品群を聞きなおしてみると、
なんか違和感を感じてしまうのがおもしろい。

高校時代の修学旅行のバス内で熱唱した(1)、このCDを購入する
元もとのきっかけとなった(06)、名曲であろう(07)に(08)。
いや、ほぼすべての作品が小・中・高校生時代の思い出の曲として
ワタシの心に残り続けていくお宝の数々なのである!

ちなみに全15曲中、1曲だけシングルを購入したモノがあるのですが、
さてそれはどれでしょう?
(ヒントは、“ぬり絵”のオマケが添付されておりました♪)

う~ん、それにしても子供の頃にいい曲を聞いて、変な大人に
なってしまったものだ・・・!?(って、オイオイ)
邦楽CDレビューAmazonと旅する(邦楽編)TB : 0CM : 2
1979年6月23日付(復活!?エルトン・ジョン)HOME1986年4月19日付(ジャーニー待望の新譜なれど?)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。