ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年4月5日付(その存在感を示す大ヒット、ニュー・シューズ) ]
2006-04-01(Sat) 23:35:28
01/01「ロック・ミー・アマデウス」ファルコ
02/04「ロック・イン・ザ・U.S.A.」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
03/05「キッス」プリンス&ザ・レヴォリューション
04/03「シークレット・ラヴァー」アトランティック・スター
05/02「ジーズ・ドリーム」ハート
06/06「ホワット・ユー・ニード」インエクセス
07/11「マニック・マンディ」バングルズ
08/09「レッツ・ゴー・オール・ザ・ウェイ」スライ・フォックス
09/13「恋におぼれて」ロバート・パーマー
10/07「悲しみのニキータ」エルトン・ジョン

11/16「テンダー・ラヴ」フォースMD's
12/19「ウエスト・エンド・ガールズ」ペット・ショップ・ボーイズ
13/10「ディス・クッド・ビー・ザ・ナイト」ラヴァーボーイ
14/20「ハーレム・シャッフル」ローリング・ストーンズ
15/08「セーラ」スターシップ
16/24「ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラヴ」ヴァン・ヘイレン
17/17「ビーツ・ソゥ・ロンリー」チャーリー・」セクストン
18/21「コーリング・アメリカ」エレクトリック・ライト・オーケストラ
19/23「アイ・キャント・ウェイト」スティーヴィ・ニックス
20/12「王様の一日」トンプソン・ツインズ

21/28「恋するティーン・エイジャー」ジャネット・ジャクソン
22/14「サンクティファイ・ユアセルフ」シンプル・マインズ
23/30「ユア・ラヴ」アウトフィールド
24/26「アイ・シンク・イッツ・ラヴ」ジャーメイン・ジャクソン
25/15「キリエ」Mr.ミスター
26/18「恋は手さぐり」ホイットニー・ヒューストン
27/29「君にさよなら」ダイアー・ストレイツ
28/22「逃れえぬ闘い」ロバート・テッパー
29/36「アメリカン・ストーム」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド
30/31「オーヴァージョイド」スティーヴィ・ワンダー

31/37「テイク・ミー・ホーム」フィル・コリンズ
32/32「ライヴ・イズ・ライフ」オーパス
33/38「バッド・ボーイ」マイアミ・サウンド・マシーン
34/40「サタディ・ラヴ」シェレールwithアレキサンダー・オニール
35/44「イフ・ユー・リーヴ」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
36/39「フォー・アメリカ」ジャクソン・ブラウン
37/42「アイ・ドゥ・ホワット・アイ・ドゥ」ジョン・テイラー
38/45「サムシング・アバウト・ユー」レヴェル42
39/49「アイ・キャント・ウェイト」ニュー・シューズ
40/54「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」ホイットニー・ヒューストン


【ニューエントリーこめんと】

☆「イフ・ユー・リーヴ」オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク
(If You Leave / Orchestral Manoeuvres In The Dark)

>アメリカン・チャートにおいて2曲目のトップ40ヒットが、
彼ら最大のチャート・アクションをみせる。
初期の無機質なエレ・ポップはすっかり影をひそめ、温もりすら感じさせてくれる
ミディアム・スローなナンバーが最高位4位を記録。
サントラ「プリティ・イン・ピンク」(Pritty In Pink)からのカット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000026GGC001013/

☆「アイ・ドゥ・ホワット・アイ・ドゥ」ジョン・テイラー
(I Do What I Do...(Theme From 9 1/2 Weeks) /John Taylor)

>1960年イギリスはバーミンガム出身。
言うまでもなくデュラン・デュランのベーシストによるソロ名義作。
男の“色気”というもの(?)を感じさせてくれる作品で、彼のファンには
たまらない一品でありましょう。(^^;
デヴィッド・ボウイあたりが取り上げても面白かったかも?
曲調としては、全体的にやや不安定な内容だったためか、最高位は23位。
サントラ「ナイン・ハーフ」(9 1/2 Weeks)からのカット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002UCU001001/

☆「サムシング・アバウト・ユー」レヴェル42
(Something About You / Level 42)

>1980年イギリス・マンチェスターで結成。
ベーシストとして世界にその名を響きわたらせるスタンリー・クラークに
刺激されたようで、ジャズとファンクを融合させたサウンドを提供してくれる。
日本においても地味ながら根強い人気を持つ作品で、透明感のある爽やかで
ポップなナンバーが最高位7位をマーク。
アルバム「ワールド・マシーン」(World Machine)からのカット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000IB9O001007/

☆「アイ・キャント・ウェイト」ニュー・シューズ
(I Can't Wait / Nu Shooz)

>1980年オレゴン州ポートアイランドで結成。
っていうか、ギタリスト兼作曲家の夫とボーカリストの妻による夫婦コンビ。
一発ヒットながらも思いっきり印象に残るコーラスにボーカル♪
ソウルフルなダンス・ナンバーが最高位3位を記録。
同時期にヒットしたスティーヴィ・ニックスとは、もちろん同名異曲。
87年にコンビは解消されたものの、奥方はジャズ・シンガーとして活躍中である。
アルバム「プールサイド」(Poolside)からの先行シングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002IJ9001002/

☆「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」ホイットニー・ヒューストン
(Greatest Love Of All / Whitney Houston)

>これで3曲連続のNo.1ヒット(3週)を記録し、名実ともに“歌姫”としての地位を
確保したでありましょう。
ボリューム感のあるボーカルを、惜しげもなく披露してくれる壮大なバラード。
PVのラストで、叔母にあたるディオンヌ・ワーウィックに抱きつくシーンは、
ちょいとあざといですか?(^^;
なんにしろ、ニュー・アルバムの発売に期待されるこの当時である。
アルバム「そよ風の贈り物」から4枚目のシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002VCQ001009/
音楽チャート1986年4月チャートTB : 0CM : 4
『グレイテスト・ヒッツ』テイラー・デイン(中古)HOME1986年3月29日付(新生★ヴァン・ヘイレン!)

COMMENT

  + I Can't Wait
私にとって、86年のUS系で、最も印象に残った曲の一つです♪
やっぱり一発屋さんだったんでしょうか・・・?(苦笑)
b y NANA | 2006.04.02(02:52) | URL | [EDIT] |
>NANAさん

ニュー・シューズは、もう1曲トップ40ヒットが御座いました。
彼らは、一発屋さんではありません☆

なぜかワタシは、彼らと80年の(ほぼ)一発屋
“S.O.S.バンド”とを混同してしまうクセがありまして・・・。

お詫びして訂正させて戴きますネ。
ニュー・シューズのお二人さんには、
ナイショにしておいて下さいませ。(^^;
b y ぶるじん | 2006.04.02(15:38) | URL | [EDIT] |
>☆「アイ・キャント・ウェイト」ニュー・シューズ
お懐かしゅぅごぢゃりましゅるぅ…
青春を謳歌!?しとったあの頃…
どことなく“テクノ”を感じさせる曲調♪
色々探してはみとるんやけど…
中々CDが見つからんのは…まだ足りん!?
b y chibaggio | 2006.05.14(19:45) | URL | [EDIT] |
  + まいどォ☆
b y ぶるじん | 2006.05.14(21:08) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/160-e08a9fe3



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。