ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1986年3月29日付(新生★ヴァン・ヘイレン!) ]
2006-03-25(Sat) 22:07:57
01/04「ロック・ミー・アマデウス」ファルコ
02/01「ジーズ・ドリーム」ハート
03/03「シークレット・ラヴァー」アトランティック・スター
04/05「ロック・イン・ザ・U.S.A.」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
05/10「キッス」プリンス&ザ・レヴォリューション
06/09「ホワット・ユー・ニード」インエクセス
07/07「悲しみのニキータ」エルトン・ジョン
08/02「セーラ」スターシップ
09/13「レッツ・ゴー・オール・ザ・ウェイ」スライ・フォックス
10/11「ディス・クッド・ビー・ザ・ナイト」ラヴァーボーイ

11/15「マニック・マンディ」バングルズ
12/08「王様の一日」トンプソン・ツインズ
13/18「恋におぼれて」ロバート・パーマー
14/14「サンクティファイ・ユアセルフ」シンプル・マインズ
15/06「キリエ」Mr.ミスター
16/19「テンダー・ラヴ」フォースMD's
17/17「ビーツ・ソゥ・ロンリー」チャーリー・」セクストン
18/12「恋は手さぐり」ホイットニー・ヒューストン
19/30「ウエスト・エンド・ガールズ」ペット・ショップ・ボーイズ
20/31「ハーレム・シャッフル」ローリング・ストーンズ

21/24「コーリング・アメリカ」エレクトリック・ライト・オーケストラ
22/23「逃れえぬ闘い」ロバート・テッパー
23/25「アイ・キャント・ウェイト」スティーヴィ・ニックス
24/43「ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラヴ」ヴァン・ヘイレン
25/20「ハウ・トゥ・ビー・ア・ジリオネア」ABC
26/33「アイ・シンク・イッツ・ラヴ」ジャーメイン・ジャクソン
27/16「サイレント・ランニング」マイク&ザ・メカニックス
28/39「恋するティーン・エイジャー」ジャネット・ジャクソン
29/34「君にさよなら」ダイアー・ストレイツ
30/37「ユア・ラヴ」アウトフィールド

31/40「オーヴァージョイド」スティーヴィ・ワンダー
32/35「ライヴ・イズ・ライフ」オーパス
33/28「ナイト・ムーヴス」マリリン・マーティン
34/32「アイム・ノット・ザ・ワン」カーズ
35/22「アナザー・ナイト」アレサ・フランクリン
36/48「アメリカン・ストーム」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド
37/47「テイク・ミー・ホーム」フィル・コリンズ
38/49「バッド・ボーイ」マイアミ・サウンド・マシーン
39/45「フォー・アメリカ」ジャクソン・ブラウン
40/46「サタディ・ラヴ」シェレールwithアレキサンダー・オニール


【ニューエントリーこめんと】

☆「ホワイ・キャント・ディス・ビー・ラヴ」ヴァン・ヘイレン
(Why Can't This Be Love / Van Halen)

>今作から看板ボーカリストのデイヴ・リー・ロスに入れ替わり、
ソロとして活躍していたギタリストのサミー・ヘイガーが新たなボーカリストとして参入!
ヴァン・ヘイレンのサウンドと上手く絡み合うのか心配したのだが、
“夜のヒット・スタジオ”にてこの曲の演奏シーン(後にPVとなっていたのだが、
アレは生ライヴではなかったような)を鑑賞したのだが、全く違和感を感じなかったのが
不思議だ!?
その感覚は全米も同様だったのか、ハードなVHロックが最高位3位を記録。
アルバム「5150」(5150)からの1stシングル。
大ベスト・セラーを記録した前作「1984」(1984)より、ワタシは好きだ♪(^^)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002L99001002/

☆「アメリカン・ストーム」ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブリット・バンド
(American Storm / Bob Seger & The Silver Bullet Band)

>ベテラン・ロッカーも負けじとばかりに、アルバム「ライク・ア・ロック」(Like A Rock)
からの1stシングルをチャートに送り込んで参りました♪
生きの良いスピード感あふれるロック・ナンバーだ!
・・・でも、これって「夜のハリウッド」(Hollywood Night)の焼き直しのような
気がするのですが・・・。(^^;
最高位も13位止まりと、ひょっとしてボブおじさん、
スランプ突入なのでしょうか??

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002U9G001001/

☆「テイク・ミー・ホーム」フィル・コリンズ
(Take Me Home / Phil Collins)

>こちらは好調です♪
アルバム「フィル・コリンズ3」(No Jacket Required)からの4枚目のシングルなれども、
作品のクォリティは高し!
この壮大なバラードのPVには、日本の街並みが映像として使用され
日本のファンにもしっかりとアピール。
最高位7位。
もう、“ジェネシス”に戻る必要はない!?

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F926%2F91926%5F1%5F10%2Easx%3Fobj%3Dv40525

☆「バッド・ボーイ」マイアミ・サウンド・マシーン
(Bad Boy / Miami Sound Machine)

>陽気なラテン系リズムは今作も健在で、前作が少々ニガテだったワタシにとって、
ちょっとは暑苦しさが和らいだ感じを受けましたよ。
(でも、やっぱコレもニガテだった)
最高位8位。
アルバム「プリミティヴ・ラヴ」(Primitive Love)からの2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002650001004/

☆「フォー・アメリカ」ジャクソン・ブラウン
(For America / Jackson Browne)

>歌詞内容もさらに政治色が濃くなり、楽曲的にもイマイチ感が漂い始め、
彼にとってラスト・トップ40曲となってしまった。
最高位30位。
アルバム「ライヴズ・イン・バランス」(Lives In Balance)からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002H3D001001/

☆「サタディ・ラヴ」シェレールwithアレキサンダー・オニール
(Saturday Love / Cherrelle with Alexander O'neal)

>1958年カリフォルニア州ロサンゼルス出身。
マイケル・ヘンダーソンのバック・コーラスを担当した事もあり、
84年にソロ・デビュー。
今回、仲良しのソウル・シンガー、アレキサンダー・オニールとのコラボで
初トップ40ヒットを達成。
アダルトでダンサブルなソウル・ナンバーが、最高位26位をマーク。
ちなみに”ペブルス”(Pebbles)と彼女は、いとこ同士のようだ。
アルバム"High Priority"からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000083ELC001006/
音楽チャート1986年3月チャートTB : 0CM : 4
1986年4月5日付(その存在感を示す大ヒット、ニュー・シューズ)HOME『エレクトリック・ユース』デビー・ギブソン(中古)

COMMENT

いきなりですけど、
VAN HELEN って、とっくに解散してて、
もう今は存在してないんですって。
マイケル・アンソニー(b)が、そう断言してました。
サミー加入後のVAN HELENの、
この名曲のコメントにしては、
少し寂しいですかね・・。
b y たか兄 | 2006.03.26(10:38) | URL | [EDIT] |
>たか兄さん

そうなんですか!

90年代半ば以降、彼らのサウンドは聴いた事がないのですが、ライヴの客入りが悪いという噂は聞いてはいたのですけれどねぇ・・・。

3代目のボーカリストが、やっぱイマイチだったのかなぁ?

結局このバンドは、リード・ボーカリストの問題を上手くクリア出来なかったようですね。

惜しいなぁ・・・!
b y ぶるじん | 2006.03.27(22:02) | URL | [EDIT] |
何か…久々にこっちに遊びに来たなぁ…幸ぃ“殺鼠剤”もなぃし…
>☆「テイク・ミー・ホーム」フィル・コリンズ
(Take Me Home / Phil Collins)
>>こちらは好調です♪
アルバム「フィル・コリンズ3」(No Jacket Required)からの4枚目のシングルなれども、
>作品のクォリティは高し!
ハゲのアップのジャケ…持っとったけど…あの中の曲ってば…
全部シングルカットにしてもえぇ曲ばっかやと思ぅんやけど…どなぃでっかぁ!?
それこそ…針が擦り切れるほどこのLP聴いたっちゃよ…
…実は…ダビングしたテープが擦り切れるほどが正しぃねやけど…
b y chibaggio | 2006.03.28(21:59) | URL | [EDIT] |
>chibaggioたん

“品行方正”なお客様が集う当ブログへようこそ。
お帰りはあちら・・・い、いや、なんでもありません☆

「フィル・コリンズ3」は、たしかに各曲の出来具合が良かったかなぁ。
1stの「夜の囁き」と比較すると、めちゃめちゃポップになったよね♪

彼のソロ・アルバムは、ジャケットが連続してハゲ・・・い、いやフィルのアップだったのも印象深いですなぁ。(^^)
b y ぶるじん | 2006.03.29(21:16) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/158-a0f6d41f



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。