ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 『恋のゲーム』ベイ・シティ・ローラーズ ]
2006-03-10(Fri) 22:21:38
20060310221959.jpg


01.恋のゲーム(It's A Game)
02.夢の中の恋(You Made Me Believe In Magic)
03.ハートで歌おう(Don't Let The Music Die)
04.ラヴ・パワー(Love Power)
05.愛をささやくとき(The Way I Feel Tonight)

06.冷たいあの娘(The Pie)
07.ラヴ・フィーヴァー(Love Fever)
08.スィート・ヴァージニア(Sweet Virginia)
09.孤独の涙(Inside A Broken Dream)
10.ダンス・ダンス・ダンス(Dance.Dance.Dance)

11.炎の反逆(Rebel Rebel)


>77年の夏に発表された、彼らにとって通算5枚目にあたるアルバム。

このアルバムをピークにB.C.R.の人気は急速に冷えていくのだが、
前作よりも骨太というか、やや大人っぽいサウンド作りになった感じを受ける。
しかし、ポップなロックは以前同様しっかりと受け継いでいるので、
気楽に楽しめるのがうれしい♪

日本では(01),(02),(03)が大ヒットし、アメリカでは(02),(05)がヒット。
そう、アーティストの人気が末期状態になるとバラード系の作品が
ヒット曲となるジンクス(?)をしっかりと彼らも踏んでいるのである。

アメリカでは(05)を最後にチャートを去り、日本では次のアルバム
「風のストレンジャー」(Strangers In The Wind)を最後に人気は完全に沈静化。
タータン・チェックの衣装を身に包む者はいなくなってしまった・・・。

バンド名をローラーズに変更後、81年完全に解散した彼らだが、
かけがえのない“思い出”を我々に残してくれた彼らに報いるためには、
後世に彼らの作品を伝えていくことが使命なのかもしれませんね。

最後に湿っぽいお話しになってしまったのだが、彼らとのリアルタイムでの出会いは、
人生のお宝のひとつであろうかな♪(^^)
洋楽CDレビューAmazonと旅する(洋楽編)TB : 0CM : 2
1986年3月15日付(ノリノリのライヴだ!オーパスだ♪)HOME『青春に捧げるメロディー』ベイ・シティ・ローラーズ

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。