ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 『青春に捧げるメロディー』ベイ・シティ・ローラーズ ]
2006-03-08(Wed) 22:02:27
Dedication.jpg


01.レッツ・プリテンド(Let's Pretend)
02.すてきな君(You're A Woman)
03.ロックン・ローラー(Rock'n Roller)
04.二人だけのデート(I Only Want To Be With You)
05.イエスタディズ・ヒーロー(Yesterday's Hero)

06.マイ・リサ(My Lisa)
07.ドント・ウォーリー・ベイビー(Don't Worry Baby)
08.カッコー鳥(Are You Cuckoo?)
09.愛をこめたレター(Write A Letter)
10.青春に捧げるメロディー(Dedication)

11.ロックン・ロール・ラヴ・レター(Rock'N'Roll Love Letter)
12.マネー・ハニー(Money Honey)
13.ラヴ・ミー・ライク・アイ・ラヴ・ユー(Love Me Like I Love You)
14.青春に捧げるメロディー(Dedication)


>イギリス・スコットランドのエジンバラで結成。
1965年アラン&デレク兄弟が中心に結成された“アンバサダー”がバンドの始祖で、68年に現バンド名に変更。

とにかくこの通算4枚目のアルバムが発表された76年に、日本での人気が大爆発!ワタシの姉も、彼らの音楽とそのルックスの虜にされておりました。もちろん、ワタシもモロにその影響を食らってしまいましたが・・・。食べるチョコレートは、もちろん不二家(今はネスレだが)の“キット・カット”!(^^;

ポップなロックにアイドル性がプラスされたバンドの登場に、当時の日本ではまさに無敵のグループと化しておりました。また他にクィーン、キッスといった、これまたスーパー・バンドが存在しており、アメリカン・チャートにまだ興味を持っていなかったワタシも非常に洋楽を楽しめた時代でした。

さて、このCDなのだが、実は(11)から(14)までがLPには収録されていなかった作品で、超ボーナス・トラックの追加となっているのだ!さらに(10)と(14)に同じ作品が収録されていが、(10)はイアン・ミッチェルがリード・ヴォーカルを取るアルバムVer.で、(14)がレスリー・マッコーエンがリード・ヴォーカルのシングルVer.で、これまたファンに対して嬉しい心くばりだ♪

ヒット曲も満載ながらアルバムとしての完成度も高く、30年経った現在でも十二分に楽しめる内容に、もうゴキゲン(死語)だよぉキミィ♪(^^)
洋楽CDレビューAmazonと旅する(洋楽編)TB : 0CM : 0
『恋のゲーム』ベイ・シティ・ローラーズHOME『トゥルー』P.M.ドーン(中古)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/150-b5939cb8



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。